マンションの共有部分は誰のもの?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時11分

 仕事で遅くなる日が多いため、宅配スーパー(前日にインターネットで注文するとその次の日に配達してくれるサービス)を利用しています。宅配スーパーは、買物の時間が省けて、有職主婦にとってはとても便利です。
 宅配スーパーで注文した商品は、自宅前の廊下(マンションでの共有部分)に置いてもらうことになります。
 ところがこの度、管理組合の理事が改選され、新理事から「マンションの共有部分である廊下には何も置かないように」との注意がありました。これでは宅配スーパーを使用できなくなってしまいます。
 マンションの共有部分には、何も置いてはいけないのでしょうか? マンションを購入したときの売買契約書には、「共用部分の持分割合」が定められてしました。宅配スーパーが配達した商品ボックスくらいは置かせてもらってもいいのではないかと思うのですが、どうでしょうか。

(30代後半:女性)

匿名弁護士

 マンションの共有部分とは、マンションの箱の部分である、壁・床・天井などマンションを支える構造部分や、エレベーター、廊下などをさします。
 共有部分は、法律(区分所有法)では「共有に属する」(区分所有法11条)と表現されていますが、これは持分に応じた観念的な所有権のことであって、通常個人がある物について所有権を有する場合のように「ここからここまでを自由にしてよい」という意味ではありません。
 共有部分は、居住者(区分所有者)全員が「その用方」に従って利用することが許されています(区分所有法13条)。そして、用方は共有部分の性質上決定されますが、その管理に関する事項は、大規模な修繕等を除き、集会の決議で決する(区分所有法18条)とされています。
 本件商品ボックスの件は、廊下という共有部分についての管理に関する問題です。したがって、管理組合が開く集会の決議において決せられるべき事項であり、新任の理事が個人的に決定することはできません。

 あなたのマンションの管理組合規約でどのように規定されているかにもよりますが、共有部分であっても、他人の住居前に放置したり、廊下を通行する障害にならない限り、自宅前の廊下に一時的に私物を置くことまでが禁止されているとは解釈できないと思われます。商品が配達されてから帰宅するまでの短時間、商品ボックスを自宅前に置くことは許容されると考えます。
 ただし、「共有部分の持分割合」とは、前述のように共有部分全体の上に観念的に認められた所有権なので、たとえばあなたの専有部分の面積がお隣より広くても、お隣よりも共有部分を広く使用できるというものではありません。

2014年01月07日 04時11分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

隣地にマンションが建つことを知らされないで土地を購入しましたが、不動産屋から損害賠償はとれませんか?

不動産売買 2017年10月19日

マンションの真北の土地を購入し住んでいます。 日当たりはどうかと、日に何回か足を運び、確認して購入した土地です。 その時は春であったため、問題なくあたっていました。 しかし、冬は午前10時から夕方まで日影になります。住んでから、こんな...

兄弟間の家の権利売買に関して注意点があれば教えてください

不動産売買 2017年08月23日

現在、母親と兄が一緒の家に住んでいます。 母が土地のすべての権利と、家の60%の権利を持っています。 残りの家40%の権利のみ兄に権利がありますが、このたび親との同居ができなくなり、その変わりに弟の自分が母と同居しようと考えています。...

大家さんが売却をするようです。その場合私が今賃貸中の家を買い取る場合どのような費用・手続きが要りますか?

不動産売買 2017年08月07日

今賃貸中の家を買い取る場合(家主さんOKの場合) 始めに払った礼金・敷金はどうなりますか? 実は、大家さんは既に売却の予定で 既に、不動産屋さんで販売価格が決まっています。 不動産屋さんは、どなたかが購入されても居住権があるので 賃貸...

高齢の親に土地取得費用を貸す際の注意点について

不動産売買 2017年07月29日

父が亡くなったとき、父母が住んでいた家の土地が借りていたのを知りました。昔からの契約で、契約書もなく、地主さんに決まった額を払っていたようです。家は母のものですが 、土地を買い取るだけの遺産はないので、娘の私が三分の二ほど出してあげた...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不動産売買に強い弁護士

【初回法律相談30分無料】【完全個室相談】【泉佐野駅徒歩1分】しっかりとお話を伺い、ご依頼者様にとって最適な解...

お一人で悩まず、まずはご相談ください。

【初回法律相談料無料】まずはお気軽にご相談ください。じっくりお話しをお聞きし、最適な解決案をご案内いたします。

【初回相談無料】【土日祝日夜間対応可】お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【初回法律相談無料】一人で悩まずご相談ください。全力で向き合い解決に導きます。

【初回相談30分無料】ご依頼者様に寄り添い、最善の解決を目指して全力を尽くします。

ページ
トップへ