介護施設に入った父の土地を売ることは出来る?

Legalus編集部さん 2015年02月18日

 最近、父親の言動がおかしくなり、介護施設に収容してもらいました。そのための費用の捻出には、父親名義の土地を売却して現金化するしかありません。法定相続人は母親と四人の子供ですが、その中に判断が困難な障害者が一人と行方不明の者が一人います。


 当該土地を売却する方法をご教示ください。


(50代:男性)

関連Q&A

売主の自殺は債務不履行原因となるのか

不動産売買 2016年11月11日

60代の男性が事業に行き詰まり、離婚問題も重なり、土地・建物の売買契約後、手付金を受け取った後で発作的にその建物の中で自殺してしまいました。心療内科等の通院歴があります。 売買契約の買主である大手ハウスメーカーは、相続人に対して、売主...

マンションの宣伝文句にだまされた!

不動産売買 2016年09月13日

マンションを購入しました。販売会社によれば、「入居前から飛ぶような売れ行き、多くの部屋が販売済」と表記されていました。しかし、実際入ってみると、ほとんど空き部屋であり、購入時に販売済みと表記されていた部屋も、数ヵ月後には「販売中」と表...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     お母様と4人の子供は、お父様の推定相続人にあたります。推定相続人といえども、相続開始前に、被相続人の財産を処分する権利を持つものではありません。


     お父様名義の土地を売却する方法としては、後見開始等の審判を申し立て、お父様の代理人を選任したうえで、その代理人と協議して土地を売却するという方法が考えられます。


     判断能力が欠けていたり、あるいは、不十分である者のためには、その程度によって、後見・保佐・補助開始の審判を家庭裁判所に申し立てることができます。この申し立ては、本人以外でも4親等内の親族であれば可能です(民法7条11条15条)。補助開始の審判については本人の同意が必要となります。



     後見開始の審判で後見人が選任されると、後見人には本人の代理権が認められます(民法859条)。財産に関するすべての法律行為を本人に代わって行うことができます。保佐人と補助人の場合は、別途、代理権付与の申し立てが必要です。裁判所は、当事者が申し立てた特定の法律行為について、代理権を与えることができるとされています(民法876条の4876条の9)。特定の法律行為とは、本件のように、お父様の土地を売却することがこれにあたります。この申し立てをするには、本人の同意が必要です。



     このように、民法は、本人の判断能力の程度によって、少しずつ異なる制度を用意しています。お父様の状況によって、どの審判を申し立てるか決められるといいでしょう。申し立てには、推定相続人全員の同意は必要ありませんが、ご家族でご相談されることにこしたことはありません。


     本人・申立人・後見人等候補者の戸籍謄本等のほか、本人の診断書が必要となります。その他、成年後見人として登記されていないことの証明書が必要です。また、原則として、本人の精神の状況について鑑定も必要となります。


     なお、被後見人等の住居となっている建物や敷地を代理人が売却する場合は、家庭裁判所の許可が必要とされています(民法859条の3)。本件土地の使用状況、さらには、お父様が現在介護施設に入居されている事情等を説明される必要があります。

2015年02月18日

不動産売買に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ