他人の敷地を勝手に掘り起こしていいの?!

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 法律クイズ 第20回「お寺の境内から見つかったお金は誰の物?」についての質問です。

 お寺の敷地を勝手に掘り起こしたりしていいのでしょうか。掘り起こす権利の無い人が埋蔵物の権利を取得するのでしょうか。

 これが個人の庭だったらダメで、お寺ならOKなのでしょうか。他人所有の竹やぶで筍を掘った場合、2本掘れば1本は権利取得できるのでしょうか。

 よく分かりませんのですっきりさせていただけると助かります。

(40代:女性?)

関連Q&A

売主の自殺は債務不履行原因となるのか

不動産売買 2016年11月11日

60代の男性が事業に行き詰まり、離婚問題も重なり、土地・建物の売買契約後、手付金を受け取った後で発作的にその建物の中で自殺してしまいました。心療内科等の通院歴があります。 売買契約の買主である大手ハウスメーカーは、相続人に対して、売主...

マンションの宣伝文句にだまされた!

不動産売買 2016年09月13日

マンションを購入しました。販売会社によれば、「入居前から飛ぶような売れ行き、多くの部屋が販売済」と表記されていました。しかし、実際入ってみると、ほとんど空き部屋であり、購入時に販売済みと表記されていた部屋も、数ヵ月後には「販売中」と表...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     法律クイズ20回は、「埋蔵物発見」という規定(民法241条)についての質問でした。「埋蔵物発見」は、所有権の取得原因として、無主物先占(239条1項)、家畜外動物の取得(195条)、遺失物拾得(240条)とともに規定されているものです。

     所有権は、物を全面的に支配できる権利の形態で、所有者は物を自由に使用し、収益し、処分することができます(206条参照)。土地であれば、家を建てようと(使用)、借地として他人に貸そうと(収益)、売ってしまおうと(処分)、自由にすることが認められます。


     土地所有権の範囲は、その土地の上下に及ぶ(207条)とされていますから、地中にある物の性質によっては、土地に付合(242条)、またはその構成部分になったものとして、所有権が認められる場合もあるでしょう。また、土地所有者の支配の及ぶ範囲にあり、所有者が占有(180条)しているとも考えられます。

     しかし、地中に埋もれているというだけでは、当然にその土地の所有権の対象とはいえません。所有者が埋めた物ではない金塊が発見されたらどうでしょう。

     このように、所有者が誰であるか容易に識別できない物が発見された場合に、土地所有者と発見者で折半させようというのが埋蔵物発見規定の趣旨と考えられます。


     では、埋蔵物を発見するため、他人の土地を自由に掘り返してもよいのでしょうか。常識で考えても、そんなことが認められるわけはありません。そのような行為は他人の所有権を侵害するもので、刑法上も住居侵入(刑法130条前段)、器物損壊(261条)にあたることがあります。

     しかし、海、山、公園や寺社の境内など、誰かの所有する土地ではあるがその性質上自由に立ち入りが認められる場所において、立入った者が偶々埋蔵物を発見した場合や、地上権者、借地人などが土地を均していて埋蔵物を発見した場合などでは、土地を掘り返す行為自体には原則として違法性が認められず、他方、発見された物の帰属が問題となり、埋蔵物発見規定の処理するところとなるのです。

     なお、竹やぶにでた筍は、その土地の構成部分であり土地所有者のものであるか、または地上権などの権限に基づいて竹を植えた者の所有物です。他人が無断で伐採することはできませんし、伐採した者の所有物ともなりえません。

2014年01月07日

不動産売買に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ