不動産競売の際の固定資産税は誰が負担?

Legalus編集部さん 2014年01月30日

 平成19年12月10日に競売で不動産が落札されました。

 
平成20年度の固定資産税は、新所有者に課せられますが、平成19年12月10日から20年3月31日までの分は、旧所有者が支払わないといけないのでしょうか。

 
任意売却の時は、日割り計算で新所有者が負担する場合もあるのでしょうが、競売の時はどうなのでしょうか。

 
よろしくお願いします。

関連Q&A

家の売却について

不動産売買 2017年01月21日

家の売却について教えてください。 4年前に、父親から1200万の借金と「住宅取得のための贈与税控除」(名称が違っているかもしれませんが・・)による1500万で私名義でマンションを買いました。 実印は私が、権利書は父親が保管しています。...

売主の不動産瑕疵担保責任

不動産売買 2017年01月11日

売主が売却した建物があるのですが、引渡し後、瑕疵担保責任該当事項が出てきたのですが、それに対して売主が対応してくれません。 売主は、別の場所に引っ越してしまい、話し合いもしてくれません。 今後、どのように対応すればいいのでしょうか? ...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     
    平成19年度分の固定資産税は、平成19年12月10日から平成20年3月31日迄の分も含め全て、旧所有者が支払う必要があります。

     
    なぜならば、固定資産税は不動産の登記簿に所有者として登記されている人が支払う必要がありますが(台帳課税主義地方税法343条)、その賦課期日は当該年度の初日の属する年の1月1日であると定められていますので(同法359条)、平成19年度分の固定資産税の法律上の納税義務は、平成19年1月1日の所有者名義人である旧所有者のみが負うべきだからです。

     
    また、任意売却の場合は、固定資産税の負担について日割り計算にすることを前提に売却価格を決めることもできますが、競売手続きにおいては、当事者間で固定資産税の負担について話し合う機会はありませんし、現在の不動産競売の実務においては、固定資産税等相当額を新所有者に負担させないことを当然の前提として、不動産の評価及び最低売却価格の決定がされています。

     
    よって、旧所有者は既に支払った平成19年度分の固定資産税の内、競落後である平成19年12月10日から平成20年3月31日迄の分について新所有者に返還を求めることはできませんし、まだ支払っていないとしても新所有者に負担を求めることはできません。

2014年01月30日

不動産売買に強い弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ