他人の土地を経由して引いていた水道管を、所有者変更に伴い撤去すると言われています

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時08分

 現在、大通りに面した料亭だった土地を経由して、水道を引いています。


ところが1年前料亭が破産し、土地は不動産会社の所有となりました。

不動産会社としては、私水道管を撤去すると言ってきています。

もともとは料亭に一番近いAさん宅が料亭と契約して水道を引き、我が家はAさん宅と契約して引かせてもらいました。


しかし契約したのは50年程前でAさんも既に亡くなって今は孫夫婦がそこに住んでいます。我が家も契約したのは祖父母で契約書すらありません。


既に50年使ってきたにもかかわらず、地主が変わり私水道管を撤去すると言われたら従う他はないのでしょうか?


(40代:女性)

匿名弁護士

     Aさんが元料亭所有の土地経由で水道を引くための権利としては、(1)賃借権によるもの(民法第601条)、(2)地役権によるもの(同法第280条)、の2種類が考えられます。


     地役権とは、特定の土地(本件ではAの土地)の便宜を図るために他の土地(本件では元料亭の土地)を利用する権利の事です。
     Aさんと元料亭との契約が、(1)賃貸借契約である場合でも、(2)地役権である場合でも、契約当事者以外の不動産会社に対して、Aさんが水道を引かせて貰う権利を主張するためには、賃借権の登記(同法第605条不動産登記法第3条8号)あるいは地役権の登記(民法第177条不動産登記法第3条4号)が必要となります。

    これらの登記は、不動産会社による、元料亭の土地の所有権移転登記より先になされていなければなりません。

    ですから、これらの登記がなされているかどうかを、法務局で確認してみてください。Aさんがこれらの登記をしていれば、Aさんの孫夫婦はその権利を不動産会社に主張できますので、不動産会社は私水道管を撤去することはできません。



    又、約50年間に亘り利用し続けていたとの事から、(1)賃借権や(2)地役権の時効取得も思い浮かびますが、結論から申し上げますと、あなたのケースでは時効取得は成立しません。

    (1)賃借権を時効取得する(民法第163条)ためには、「賃借の意思」に基づく土地の継続的な用益という外形的事実が必要となります(最判昭和43年10月8日)。(2)地役権は、「継続且つ表現のもの」に限り時効取得できるとされています(同法第283条)。

    この点、地下に管を通す水道管は、地上からはその存在を認識する事ができません。その水道管を継続的に利用したとしても、その利用は外形的事実を伴わず、「不表現」といえます。


    ですから、(1)賃借権も、(2)地役権も時効取得することはできないのです。

2014年01月07日 04時08分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中古住宅購入後にシロアリ駆除の事実が判明した場合、購入金額の割戻しは請求できるのか?

不動産売買 2017年06月29日

3ヶ月ほど前に中古住宅を購入しました。不動産会社の事前の説明ではシロアリが被害はなく、予防のために製薬会社に管理を任せていたとのことでした。しかし、先日製薬会社が点検に来たときに以前にシロアリ駆除の事実があったことが判明しました。点検...

2017年6月6日相談内容の契約書に記載された解除に関する条項です。

不動産売買 2017年06月13日

「建築確認申請前の解約と手付金全額返金を希望しています 」 ・建築確認申請は未提出 ・間取りと予算内に納まるか?の打ち合わせを行ってきただけ。 ・メーカー(K◯住宅)の提示額が担当者が代わった途端3,800万から4,200万にUP(間...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産売買に強い弁護士

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ページ
トップへ