解約には6ヶ月前に通知が必要な賃貸物件について

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 会社で賃借している事務所を、更新前に解除したいと考えております。賃貸契約書には解除の場合は、6ヶ月前までに通知することになっていますが、この契約内容どおりに従わないといけないのでしょうか。3ヶ月前とか1ヶ月前は、契約違反になって賃料を3ヶ月や5ヶ月払わなければならないのでしょうか。



(50代:男性)

関連Q&A

売主の自殺は債務不履行原因となるのか

不動産売買 2016年11月11日

60代の男性が事業に行き詰まり、離婚問題も重なり、土地・建物の売買契約後、手付金を受け取った後で発作的にその建物の中で自殺してしまいました。心療内科等の通院歴があります。 売買契約の買主である大手ハウスメーカーは、相続人に対して、売主...

マンションの宣伝文句にだまされた!

不動産売買 2016年09月13日

マンションを購入しました。販売会社によれば、「入居前から飛ぶような売れ行き、多くの部屋が販売済」と表記されていました。しかし、実際入ってみると、ほとんど空き部屋であり、購入時に販売済みと表記されていた部屋も、数ヵ月後には「販売中」と表...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     基本的には、契約どおり、残りの3ヶ月分又は5ヶ月分の賃料を支払う必要があると考えられます。


     賃貸借契約において、賃借人からの解除の場合にも6ヶ月前までの通知が必要であるとする条項は、有効であると考えられます。

     
    民法上は、建物の賃貸借であれば賃借人は3ヶ月前までに解約の申し入れをすれば解除をすることができるのですが(617条)、これは任意規定ですので、ご相談のような特約も認められるのです。


     よって、あなたが賃貸借契約を解除する場合には、賃貸人に対して6ヶ月前に通知することが必要ですから、その契約内容どおりに残りの賃料も支払う必要があるといえます。

     
    賃貸借契約は、売買契約などと異なり継続的な信頼関係を作るものであるため、契約の解除などにあたって特殊な扱いがなされているのです。


     もっとも、賃借している事務所をすぐにでも出て行かなければならないようなやむを得ない事情があるなら、賃貸人にその事情を説明して、当事者同士の話し合いとして賃料の値引きなどを交渉してみるのも良いでしょう。

     
    敷金などの清算もあるので、話し合い次第では、良い結果となるかもしれません。

2014年01月07日

不動産売買に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ