共有名義のアパートを売却できる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時06分

 親から相続を受けた共同名義の土地とアパートがあります。もうひとりの名義人に関係なく、自分の権利を売る事はできるのでしょうか



(40代:女性)

匿名弁護士

     自分の持分のみであれば、売却することは可能です。



     他人との共有財産でも、自分の持分の限りでは、他の共有者の意思と無関係に、自由に処分できます。共有物の全部を売却するには、共有者全員の合意が必要ですが(民法251条)、自分の持分のみであれば、人に売るのも抵当権を設定するのも自由です。

     とはいえ、他の共有者の存在があり、目的物を完全に支配できるわけではない以上、時価では売れないかもしれません。

     そのため、まずはもう一人の共有者との話し合いで、共有状態を解消する方法を探ってみるのが得策でしょう。民法でも、各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができると定められています(256条1項)。

     共有物を分割する方法として、(1)物理的に持分に応じて分割する方法(現物分割)、(2)共有者のうちの一人の単独所有とし、その者が他の共有者に対して持分の時価相当額を支払う方法(代償分割)、(3)共有物全部を第三者に売却し、売却代金を持分に応じて配分する方法(換価分割)、が考えられます。

     共有者の間で分割協議がまとまらないときは、その分割を裁判所に請求することができます(民法258条)。共有財産がある所在地又は相手方の住所地の地方裁判所に、共有物分割請求訴訟を提起することになります。



     ご相談の場合、土地とアパートが共有とのことです。アパートが共有の土地上に建っているのであれば、上記(1)の現物分割の方法をとることは困難です。そこで、もう一人の名義人の方と話し合い、(2)代償分割や、(3)換価分割の道を探りましょう。

     話し合いがまとまらないようであれば、裁判所に分割を請求するか、自分の持分だけを第三者に売却しましょう。

2014年01月07日 04時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中古住宅購入後にシロアリ駆除の事実が判明した場合、購入金額の割戻しは請求できるのか?

不動産売買 2017年06月29日

3ヶ月ほど前に中古住宅を購入しました。不動産会社の事前の説明ではシロアリが被害はなく、予防のために製薬会社に管理を任せていたとのことでした。しかし、先日製薬会社が点検に来たときに以前にシロアリ駆除の事実があったことが判明しました。点検...

2017年6月6日相談内容の契約書に記載された解除に関する条項です。

不動産売買 2017年06月13日

「建築確認申請前の解約と手付金全額返金を希望しています 」 ・建築確認申請は未提出 ・間取りと予算内に納まるか?の打ち合わせを行ってきただけ。 ・メーカー(K◯住宅)の提示額が担当者が代わった途端3,800万から4,200万にUP(間...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産売買に強い弁護士

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ページ
トップへ