購入した土地にガラスや釘が混入していた!

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年04月18日 03時21分

 家を建てるために土地を購入しましたが、住み始めてから土地に問題が発覚。土にガラスや、釘、鉄の破片などが多く混入していました。土地が売られているときは草が生えていたため気づきませんでしたが、家を建てて住み始めてわかりました。近所の人に聞くと、以前の地主が高く売れる粘土質の土だったため、土を売り、代わりにガラスや、釘、鉄の破片などが多く混入したきたない砂を入れたことを知りました。購入するときは不動産屋からは何も聞かされていませんし、近所で売られている土地よりも高く購入しています。知っていたら購入しなかったですし、買ったとしてももっと安く値切っていたと思います。子供も小さいため危なく、本当に悔しい思いをしています。前の地主又は不動産屋にきれいな土に入れ替えていただくか、それ相当のお金で返していただきたいのですが可能でしょうか?



(20代:女性)

匿名弁護士

 土の状態にもよりますが、売主や不動産屋に対して損害賠償を請求できるでしょう。不動産屋に対しては、宅建業法違反の責任を問うこともできます。



 売買の目的物に隠れた欠陥があった場合、買主は、売主に対して、契約の解除や損害賠償を請求できます(瑕疵担保責任民法570条566条1項)。

 この請求は、売買の目的物に「隠れたる」「瑕疵(欠陥のこと)」がある場合に認められます。「隠れたる」とは取引上要求される一般的な注意義務では発見できないことをいい、「瑕疵」とは目的物が通常有する性質や性能を有していないことをいいます。

 ご相談の場合、土地を買ったときは草が生えており、土にガラスなどが混入していたことが分からなかったとのことです。このような場合は、取引上要求される一般的な注意を払っても発見できなかったといえるので、「隠れたる」といえるでしょう。

 また、土にガラス片などが混入している程度にもよりますが、おそらく土地が通常有する性質・性能を欠くといえ、「瑕疵」といえるでしょう。

 そのため、あなたは、土からガラス片などを取り除くために要した費用などを、買主に対して損害賠償として請求できます。この請求は、買主であるあなたが、その瑕疵を知ってから1年以内に請求しなければなりませんので、注意してください。



 なお、売主がどこから砂を持ち込んだかにもよりますが、売主や、土地に砂を入れた業者に対して、廃棄物処理法違反の刑事責任を問うことも可能でしょう。

 ガラス片や釘、鉄などが混入した土は「産業廃棄物」にあたるので(廃棄物処理法2条4項1号、政令2条)、法律に基づいた適正な処理がなされなければならないと定められており、それらを不法投棄することなどは禁止されているからです(16条)。



 不動産屋に対しても、不動産屋が、土にガラス片などが混入していることを知りながらあえて買主であるあなたにこれを告げなかったり、不動産屋の過失により知らなかったような場合であれば、損害賠償を請求することができます(民法709条)。



 また、不動産屋が、土にガラス片などが混入していることを知りながらあえて買主であるあなたにこれを告げなかったり、不実の事項を告げたりした場合は、宅建業法違反47条1号)として、2年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処されることがあります(79条の2)。そのため、あなたは警察や検察に対して不動産屋を刑事告訴することもできます。

2015年04月18日 03時21分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

隣地にマンションが建つことを知らされないで土地を購入しましたが、不動産屋から損害賠償はとれませんか?

不動産売買 2017年10月19日

マンションの真北の土地を購入し住んでいます。 日当たりはどうかと、日に何回か足を運び、確認して購入した土地です。 その時は春であったため、問題なくあたっていました。 しかし、冬は午前10時から夕方まで日影になります。住んでから、こんな...

兄弟間の家の権利売買に関して注意点があれば教えてください

不動産売買 2017年08月23日

現在、母親と兄が一緒の家に住んでいます。 母が土地のすべての権利と、家の60%の権利を持っています。 残りの家40%の権利のみ兄に権利がありますが、このたび親との同居ができなくなり、その変わりに弟の自分が母と同居しようと考えています。...

大家さんが売却をするようです。その場合私が今賃貸中の家を買い取る場合どのような費用・手続きが要りますか?

不動産売買 2017年08月07日

今賃貸中の家を買い取る場合(家主さんOKの場合) 始めに払った礼金・敷金はどうなりますか? 実は、大家さんは既に売却の予定で 既に、不動産屋さんで販売価格が決まっています。 不動産屋さんは、どなたかが購入されても居住権があるので 賃貸...

高齢の親に土地取得費用を貸す際の注意点について

不動産売買 2017年07月29日

父が亡くなったとき、父母が住んでいた家の土地が借りていたのを知りました。昔からの契約で、契約書もなく、地主さんに決まった額を払っていたようです。家は母のものですが 、土地を買い取るだけの遺産はないので、娘の私が三分の二ほど出してあげた...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

不動産売買に強い弁護士

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

【初回法律相談無料】解決が困難な問題を、共に考え、答えを見つけ出します。一人で悩まずどんなことでもご相談ください。

【初回相談無料】【土日・夜間相談可】【出張相談可】あなたの不安や悩み、まずはお話だけでもお聞かせください。

【京成本線堀切菖蒲園駅徒歩1分(葛飾区)】【 夜間・土曜祝の無料電話相談も可能 】【初回相談料無料/分割払い可...

依頼者の不安を和らげ、「最後に笑っていただけること」をゴールに、戦略を練り、全力で業務にあたっています!

退職トラブルについては当職へご相談ください。お話を真摯に伺い、最良の選択肢を提案します。

ページ
トップへ