駅前の再開発で立退くと、補償金はいくら?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時06分

 商売をしています。7年目になりますが、駅前再開発の計画になっています。もし立ち退きになった場合、どれくらいの補償がされるのでしょうか



(40代:男性)

匿名弁護士

     事業の種類ごと、権利者ごとで異なりますが、営業補償もなされるでしょう。



     再開発事業には、都市再開発法による法定再開発事業や、制度要綱による任意の再開発事業など、さまざまな種類があります。

     代表的なものは法定再開発事業であり、権利変換方式がとられる第一種市街地再開発事業と、用地買収方式がとられる第二種市街地再開発事業の2種類があります(法2条1号)。

     これらの事業がなされる場合の補償は、土地などの財産権に対する補償(法91条)と、それ以外の通常生ずる損失に対する補償(法97条)の二つに分けられます。ただ、再開発事業の内容は、地区の特性によって様々なので、具体的な補償基準や補償内容は、事業の種類ごと、権利者ごとに異なります。

     ご参考までに、駅前再開発によって立退きを余儀なくされ、他の地域に転出する場合の具体的な補償項目およびその内容は、以下の通りです。ご相談の場合は商売をなさっているとのことですが、営業補償も2(5)のようになされることが多いでしょう。



    1、土地に対する補償



     地区外に転出する場合には、自分の土地に代えて補償金が支払われます(移転補償)。なお、残留する場合には(権利変換)、時価による等価交換で再開発ビル床へ資産を置き換えることになります。



    2、再開発に伴って通常生じる損失に対する補償





    1. 移転先で従前の建物と同種同程度の建物を建築する費用の補償

    2. 塀や樹木などの工作物などを移転する費用の補償

    3. 家財道具、店頭商品などの動産を移転するために必要な補償(引越し費用)

    4. 借家人の場合、移転先で従来と同程度の借家を借り入れるのに要する費用の補償

    5. 店舗や工場など、商売をしている場合の営業補償


      1. 通常休業を必要とする期間中の収益の減少分

      2. 通常休業期間中でも支出を要すると認められる固定的な経費(公租公課など)

      3. 通常休業期間中に従業員に対して支払う休業手当の相当額

      4. 営業再開後、一時的に得意先が減ると認められる場合の通常生ずる損失額



    6. 移転の対象である建物を第三者に賃貸している場合は、家賃減収分の補償

    7. 立退きに際して通常必要となる移転雑費補償

2014年01月07日 04時06分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

中古住宅購入後にシロアリ駆除の事実が判明した場合、購入金額の割戻しは請求できるのか?

不動産売買 2017年06月29日

3ヶ月ほど前に中古住宅を購入しました。不動産会社の事前の説明ではシロアリが被害はなく、予防のために製薬会社に管理を任せていたとのことでした。しかし、先日製薬会社が点検に来たときに以前にシロアリ駆除の事実があったことが判明しました。点検...

2017年6月6日相談内容の契約書に記載された解除に関する条項です。

不動産売買 2017年06月13日

「建築確認申請前の解約と手付金全額返金を希望しています 」 ・建築確認申請は未提出 ・間取りと予算内に納まるか?の打ち合わせを行ってきただけ。 ・メーカー(K◯住宅)の提示額が担当者が代わった途端3,800万から4,200万にUP(間...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産売買に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

ページ
トップへ