台風でブロック塀が倒れてきて車が下敷きに、ブロック塀は建築基準法に違反してますがオーナーは一円も支払わない。泣き寝入りしかないのでしょうか?

User image 1 lu_f1e4e70aさん 2018年10月24日 15時53分

台風24号で現在居住する賃貸マンショの駐車場に面するブロック塀が倒れてきた。
ブロック塀は根元からへし折れ私の車のボンネットにのしかかってきていました。
倒れてきたブロック塀自体は建築基準法に適して居らず、幅1200ミリ、高さ1800ミリ、厚み120ミリで片側にはネットフェンスが取り付けられておりその反対側にはスリットが入っており構造的に強度を担保する様な作りには成って居らず、ブロック塀の中に入っていた鉄筋は9ミリが一本入っているだけでした。
最初、建物のオーナーの方から10万やるから車両保険でなおして、と言われました。
しかし私の中ではなぜ私が車両保険を使わなければいけないのか?そもそもまずこの度はすいませんでしたの一言もないのかと少し憤慨し被害状況を確認してから損害を請求すると突っぱねました。
車の修理の見積もり取り、代車費用、車の遺失する価値、迷惑料など込みで130万程の請求書を窓口となって下さっている管理会社に送付しました。
しかし程なくして管理会社の方からオーナーは一円も払えないと言う旨を伝えて来ました。
こう言った場合風災だと割り切り自分で直すしかないのでしょうか?
土地工作物責任などで損害賠償請求は出来ないのでしょうか?
何かよいお知恵を頂けないでしょうか?

仮にブロック塀の構造に違法建築がある場合には、土地の工作物責任が認められる可能性があります(阪神淡路大震災による建物の倒壊事案につき同様の裁判例あり)。
この場合、ブロック塀の瑕疵の存在を立証する必要があり、最終的に訴訟に移行した場合には裁判官が工作物の瑕疵を認めるか否か、事実認定にもよります。

また、仮に当該工作物の瑕疵ないし相手方に過失ありとしたとしても、自然災害の寄与度による限定がなされる可能性があります。
過去の裁判例では、3分の1に限定した例があるようです。ただ、昭和55年の裁判例であるとともに、台風の勢力等も異なるようですので(最大風速30メートル程度)、今年の台風24号についても同様の基準によるとは限りません。

関連判例や対応策につきましては、私のコラム「自然災害により生じた損害の賠償請求等の可否について(1)~(4)」(9月5日付け、6日付、15日付)に記載しておりますので、こちらもご参照いただけましたら幸いです。

2018年10月24日 20時34分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

不動産売却益を贈与した場合

不動産・建築 2021年01月22日

自宅と土地を売却して得た金額のほとんどを親族に贈与しました。家を新築した時に義理の両親に支援してもらったからです。 その後、譲渡取得税を支払わなければならないことに気付きました。ここで2つ質問です。 ①確定申告をする前に贈与したお金を...

管理委託契約を解約したい。解約予告期間を待たないとダメですか?

不動産・建築 2021年01月18日

宅建業者と管理委託契約を結び、アパート管理をしてもらっている大家です。 最近、管理会社のやり方が目に余り、管理契約の解約を考えています。 目に余る行為とは、 ・賃貸借契約の更新に際し、事前相談なく勝手に私(大家)の印鑑を作り、覚書に捺...

自宅売却の利益について

不動産・建築 2021年01月15日

不動産の売買について質問です。 自宅を売却して住宅ローンの繰り上げ返済を引いて900万残りました。私の名義の口座に振り込まれました。登記簿には持ち分、私7/9、妻2/9で明記してあります。 自宅を購入する際、私の両親から600万、妻の...

荷物破棄について

不動産・建築 2020年08月31日

引越しをして前の住んでいたマンションに荷物が届いてしまい、管理会社に確認したら現入居者が破棄したと言われました。 この場合荷物の料金の請求は出来ますか?

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する