マンションの管理費滞納で管理組合から訴えられてしまいました。

User image 1 リナイさん 2017年02月17日 03時26分

マンションの管理費滞納で管理組合から訴えられてしまいました。。
仕事の都合で2年半ほど海外に赴任していたのですが、その間に所有マンションの管理費、修繕積立金、駐車場代の滞納が発生し管理組合から訴えられてしまいました。マンション管理会社からの口座引き落しの手続きをしていたのですが、私の赴任直後、管理会社が変わり口座も変更になって引き落しができず、結果的に滞納となってしまいまいた。
帰国後はこのマンションに居住するつもりでしたので今後のためにもお支払いはきっちりとしておきたいのですが、問題は請求されている内訳です。
管理費 約200,000円
修繕積立金 約180,000円
駐車場代金 約500,000円
延滞金 約 150,000円
弁護士費用 約380,000円 
駐輪場、バイク置場使用量 約100,000円
など 大まかにこんな感じです。
管理費、積立金のお支払いは同然の義務なので納得しているのですが、出国前に管理人に解約を申し出ていたバイク置場の使用料金や同じく解約を申し出ていた駐車場代(2台契約の1台分)などは納得できるものではありません。(マンションの管理規約ししたがって書面で解約手続きを行わなかったために、解約扱いにならないそうです。もちろんその間、駐車・駐輪はしておりません)
引き落し口座の変更も先方の都合ですし、留守宅のポストには支払いの請求書や督促状が何通も入っているのですが、変更前の管理会社に伝えていた留守中の連絡先(妻の実家)には一切何の連絡や請求もとどいていません。
お互いに言い分はあるのでしょうが、こちらとしてはどの程度までの支払い義務が発生するのでしょうか?
特に弁護士費用38万円は不当な請求だと思えるのですが?

1.駐輪場やバイク置場使用料については、書面で解約手続きを行なっていなかったとしても、実際には使用していないのであれば、マンション側に損害が発生していると言えるのかという問題があります。正式に解約しないと他の居住者に利用させることができないと解したとしても、マンション側にも過失相殺により賠償金減額を求めることは可能でしょう。

2.それ以外の損害についても、ご指摘の事情に照らせば、過失相殺による減額の主張は可能と思われます。

3.弁護士費用については、実際に弁護士に支払った金額にかかわらず、他の損害額元本の1割が基準とされます。
 本件では、過失相殺の点を捨象したとしても、せいぜい延滞金を除く合計額約98万円の1割である約9万8000円が上限ではないかと思います。

4.訴訟を起こされたとのことですので、裁判所に答弁書を提出する必要があります。
 弁護士に依頼いただいた方が良いと思いますが、ご自身で訴訟を行う場合には、上記の点を答弁書で主張した方が良いでしょう。
 簡易裁判所の訴訟であれば、「司法委員」といって、裁判官を補助する専門家が間に入り、和解の仲介を行って頂ける場合が多いです。

2017年02月17日 15時11分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親が実家に戻るのを反対しています。実家に戻ることは可能ですか。

不動産・建築 2021年03月30日

親と離れて住んでいて、親が実家に戻るのを反対しています。実家の名義は親です。実家に戻ることは可能ですか。可能な場合、根拠となるのはどの法律ですか。

解約してくれないマンション管理会社

不動産・建築 2021年03月22日

教えてください。 現在 投資用のマンションを管理会社にお願いして管理してもらっておりますが、 そろそろ売却しようと考えて 管理会社に解約をお願いしたところ 賃貸借契約?があるので 解約できないと言われてしまいました。 しかし、11年前...

中古物件の契約不適合責任につきまして

不動産・建築 2021年02月10日

中古物件の瑕疵 家の傾きが基準を超えていた場合 新民法の適用につきまして こちらは買主になります。今現在、中古物件の売渡証明書を受領した状況です。 住宅診断(ホームインスペクション)をしたところ、家の傾きが法定の基準値を超えていました...

不動産売却益を贈与した場合

不動産・建築 2021年01月22日

自宅と土地を売却して得た金額のほとんどを親族に贈与しました。家を新築した時に義理の両親に支援してもらったからです。 その後、譲渡取得税を支払わなければならないことに気付きました。ここで2つ質問です。 ①確定申告をする前に贈与したお金を...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する