仮差押や抵当、根抵当が設定された土地を購入することのデメリットとは?

User image 1 ガストンさん 2016年11月17日 12時42分

仮差押や抵当、根抵当が設定された土地を購入することのデメリットには、どのようなものがありますか?

土地に仮差押登記や抵当の登記が既にされている場合、当該土地を購入した後、仮差押が本登記されて実行されり、抵当が実行されると所有権を失うことになります。

したがって、実務的には仮差押債権者や抵当権利者と交渉し、これらの登記を外す処理をしてから不動産を購入するのが通常です。

2016年11月17日 13時09分
補足質問
User image 1

ガストン - 2016年11月19日 17時46分

つまり、そのような土地を購入することにはなにもメリットはないということですか?
補足回答
Resized avatar

梅澤 康二 弁護士 - 2016年11月19日 18時20分

特別に必要であるとか、債権者と担保を抹消する合意が締結できる等の事情がない限りメリットはないと思います。
補足質問
User image 1

ガストン - 2016年11月24日 08時08分

同じ人が一つの土地に抵当と仮差押をつけるということは考えられますか?
補足回答
Resized avatar

梅澤 康二 弁護士 - 2016年11月24日 09時48分

抵当権の設定は抵当権設定契約により行われるものであり、仮差押は裁判所の民事保全手続により行われるものであって、両者は別ものです。
これらの行為は択一的なものではなく並列的に行うことできますので、同一人が、同一の土地に抵当権を設定しつつ、民事保全手続を実施することはありうると考えます。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

賃貸マンションの雨漏りが酷すぎて生活できない。

不動産・建築 2018年07月03日

こんばんは。 私、旦那、子供2人(5歳、4歳) 今年の3/7に今住んでいるマンションの1階へ引越しして来ました。 その時は不動産の人は何もここが劣化しているとか、そう言った瑕疵は言ってこなかったのですが、住んで2週間後にまずゴキブリが...

工作物保存の瑕疵による怪我に該当するか?

不動産・建築 2018年06月15日

宿泊先(1階はお土産や)の玄関前に設置されている、のぼりの土台につまづき、怪我(骨折)をしました。 夜間のため暗いこともあり、のぼりが立っていない(土台にさされていない)状態の土台だけが、玄関前にそのまま置かれてある状況でした。 おそ...

土地名義人と建物の名義人が別の上、その建物が共有名義で共有者が元夫婦、名義人それぞれが不仲の場合の不動産をどうすればよいか。

不動産・建築 2018年06月12日

実父名義の土地に共有名義の建物(私、元妻の共有名義)が建っており、両親と妹、私達家族が暮らしてきました。しかし数年前に私が妻と離婚し、私が離婚したことで両親と不仲になり現在建物には両親と妹のみ住んでおります。元妻は自分に持ち分があると...

家の権利書を勝手にとられた場合の法律は何があるか

不動産・建築 2018年06月08日

祖父が脳梗塞で倒れ、祖母は認知症で二人をどうするか親族間で話し合っていたのですが息子の方が家を自分のものにするといって話を聞かず家の権利書を持っていってしまいました。二人の面倒はみると言っていたのですが、今までそんなことをしたことがな...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ