仮差押を、付けるための疎明資料にはどのようなものが必要?

User image 1 ガストンさん 2016年11月24日 20時10分

仮差押を、付けるための疎明資料にはどのようなものが必要になるのでしょうか?

<当事者及び当該仮差押財産に関する資料の他、相手方への請求権の存在と、相手方の資力に関する資料が必要です>

民事保全法上、当事者及び差押対象の特定の他、被保全権利の存在及び保全の必要性を疎明する必要があります。

1.当事者の特定については、当事者が法人の場合には、法人の登記簿謄本(代表者事項証明書でも可)が必要です。

2.差押対象の特定については、(1)不動産の場合、不動産登記簿謄本及び固定資産税評価証明書が必要です。
 (2)預金の場合、銀行の登記簿謄本と、対象支店の存在を記載したHPを印刷して添付した方がよいです。
 (3)売掛金その他の債権の場合、厳密に特定しなくても良いですが、第三債務者が法人の場合、法人の登記簿謄本が必要です。

3.被保全権利の存在については、例えば契約書等、請求権発生原因に関する根拠資料の提出が必要です。

4.保全の必要性に関しては、相手方に不払いが生じている場合にはその資料(元々振込払の場合には振込先口座の履歴等)、相手方から支払猶予等を求める文書があれば当該文書、その他相手方の財務状態に関する資料(あれば)等が考えられます。
 また、3の点と併せて、債権者(申立人)による報告書を作成して疎明資料の中に加える必要があります。

2016年11月24日 20時43分

仮差押の対象が不動産なのか、動産なのか、債権なのか、知的財産権なのかによっても異なりますが、不動産の仮差押については、裁判所のホームページで提出書類の解説がなされていますので、ご参照ください。
http://www.courts.go.jp/tokyo-s/saiban/l3/l4/Vcms4_00000355.html

2016年11月28日 18時50分

仮差押を行うためには,被保全権利と保全の必要性の疎明が必要となります。

被保全権利とは,例えば,仮差押をする目的となった,回収できていない貸金債権や,売掛金債権等のことです。したがって,契約書等が疎明資料となり得ます。

保全の必要性を疎明する資料としては,例えば,弁済を請求した内容証明通知書等です。

その他,仮差押申立に至る経緯を記載した陳述書,不動産が対象であれば不動産登記簿,固定資産評価証明書,相手方が会社であれば会社の登記簿謄本等が必要になります。

詳しくは,東京地裁のHPhttp://www.courts.go.jp/tokyo/saiban/minzi_section09/hozen_ziken_mousitate/
の記載例などを参考にされるとイメージがつかめると思います。

2016年12月07日 19時30分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

相手の勝手な判断にて同居解消を言われ、費用について平行線になっております。

不動産・建築 2021年10月20日

カテゴリーが違いましたら申し訳ございません。 友人だった相手とシェア、同居をしております。一年満たない期間で解消を言われ、当方の入居契約に伴う費用を折半という約束で、転居を承諾しました。 紙にも、約束する旨は記載してもらっています。 ...

賃貸契約オーナーチェンジ時の更新料、保証料について

不動産・建築 2021年09月17日

入居中の賃貸アパートでオーナーチェンジがあり、付随して、 ①更新料の支払い(10000円/年) ②保証会社への保証料支払い(賃料0.5ヶ月分) を求められています。 旧オーナーとの契約では、更新料の設定や記載はなく、また、保証について...

退去精算書に問題がある。訂正を求めても管理会社は返事をくれない、、どうしたら?

不動産・建築 2021年08月27日

賃貸の退去精算について質問させて下さい。 私は大家です。 先日、退去される部屋について、管理会社に立会いを依頼しました。 その後、管理会社から解約精算書がきたのですが、その内容に納得できません。 室内側ドアに、今までになかった傷が複数...

家と土地の名義がある実家を出る際「実家にある物を全て処分しろ」と言われた。法的にそうしないといけないでしょうか?

不動産・建築 2021年07月19日

現在実家に母と私たち夫婦の3人で暮らしています。(私は女性です) 母と折り合いが悪く、夫婦で実家を出る事になったのですが、母に肩入れする弟から「家を出るなら家に置いてある私物を処分していけ」と言われました。 私は、その実家の家1/4、...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する