仮差押を、付けるための疎明資料にはどのようなものが必要?

User image 1 ガストンさん 2016年11月24日 20時10分

仮差押を、付けるための疎明資料にはどのようなものが必要になるのでしょうか?

<当事者及び当該仮差押財産に関する資料の他、相手方への請求権の存在と、相手方の資力に関する資料が必要です>

民事保全法上、当事者及び差押対象の特定の他、被保全権利の存在及び保全の必要性を疎明する必要があります。

1.当事者の特定については、当事者が法人の場合には、法人の登記簿謄本(代表者事項証明書でも可)が必要です。

2.差押対象の特定については、(1)不動産の場合、不動産登記簿謄本及び固定資産税評価証明書が必要です。
 (2)預金の場合、銀行の登記簿謄本と、対象支店の存在を記載したHPを印刷して添付した方がよいです。
 (3)売掛金その他の債権の場合、厳密に特定しなくても良いですが、第三債務者が法人の場合、法人の登記簿謄本が必要です。

3.被保全権利の存在については、例えば契約書等、請求権発生原因に関する根拠資料の提出が必要です。

4.保全の必要性に関しては、相手方に不払いが生じている場合にはその資料(元々振込払の場合には振込先口座の履歴等)、相手方から支払猶予等を求める文書があれば当該文書、その他相手方の財務状態に関する資料(あれば)等が考えられます。
 また、3の点と併せて、債権者(申立人)による報告書を作成して疎明資料の中に加える必要があります。

2016年11月24日 20時43分

仮差押の対象が不動産なのか、動産なのか、債権なのか、知的財産権なのかによっても異なりますが、不動産の仮差押については、裁判所のホームページで提出書類の解説がなされていますので、ご参照ください。
http://www.courts.go.jp/tokyo-s/saiban/l3/l4/Vcms4_00000355.html

2016年11月28日 18時50分

仮差押を行うためには,被保全権利と保全の必要性の疎明が必要となります。

被保全権利とは,例えば,仮差押をする目的となった,回収できていない貸金債権や,売掛金債権等のことです。したがって,契約書等が疎明資料となり得ます。

保全の必要性を疎明する資料としては,例えば,弁済を請求した内容証明通知書等です。

その他,仮差押申立に至る経緯を記載した陳述書,不動産が対象であれば不動産登記簿,固定資産評価証明書,相手方が会社であれば会社の登記簿謄本等が必要になります。

詳しくは,東京地裁のHPhttp://www.courts.go.jp/tokyo/saiban/minzi_section09/hozen_ziken_mousitate/
の記載例などを参考にされるとイメージがつかめると思います。

2016年12月07日 19時30分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

親が実家に戻るのを反対しています。実家に戻ることは可能ですか。

不動産・建築 2021年03月30日

親と離れて住んでいて、親が実家に戻るのを反対しています。実家の名義は親です。実家に戻ることは可能ですか。可能な場合、根拠となるのはどの法律ですか。

解約してくれないマンション管理会社

不動産・建築 2021年03月22日

教えてください。 現在 投資用のマンションを管理会社にお願いして管理してもらっておりますが、 そろそろ売却しようと考えて 管理会社に解約をお願いしたところ 賃貸借契約?があるので 解約できないと言われてしまいました。 しかし、11年前...

中古物件の契約不適合責任につきまして

不動産・建築 2021年02月10日

中古物件の瑕疵 家の傾きが基準を超えていた場合 新民法の適用につきまして こちらは買主になります。今現在、中古物件の売渡証明書を受領した状況です。 住宅診断(ホームインスペクション)をしたところ、家の傾きが法定の基準値を超えていました...

不動産売却益を贈与した場合

不動産・建築 2021年01月22日

自宅と土地を売却して得た金額のほとんどを親族に贈与しました。家を新築した時に義理の両親に支援してもらったからです。 その後、譲渡取得税を支払わなければならないことに気付きました。ここで2つ質問です。 ①確定申告をする前に贈与したお金を...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する