土地賃借人が借地上の建物の所有権を放棄した場合・・・

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時04分

 私と弟の二人で共有している貸地があります。借地上の建物に住んでる人が亡くなり、その家を相続された方はその家の所有権を放棄することを希望されているため、合意確認書を作成するつもりです。旧借地法での賃借人の権利も放棄という風に解釈できるのでしょうか?建物の取り壊し費用は私たちが負担するのですが、所有権移転登記のとき登記費用以外に税金などかかってくるのでしょうか?



(60代:女性)

匿名弁護士

 相談文から、相談者としては、借地人の相続人から建物を引き取ったうえで、建物を取り壊すという考えかと思われます。
 そうすると、たとえ無償で譲り受けたとしても家屋の資産価値がゼロということはないので、贈与税及び登記費用がかかります。特に登記費用に関しては、借地人の相続人から相談者へ所有権が移った際の所有権移転と、家屋を取り壊した際の滅失登記の2回分を支払う事になります。

 しかし、これでは費用がかかりすぎてしまうので、以下のように処理される事をお勧めします。
 まず、今回の場合借地人の相続人は土地賃貸借契約の解約に異存はないと思われます。そして、土地賃借人は、賃貸借契約が終了した場合には原則として建物を取り壊した上で賃貸人に土地を返す必要があります。
 したがって、相談者はまずは土地賃借人の相続人と土地賃貸借契約の解約をした上で、建物所有権放棄の合意書を交わされるのがよいでしょう。当該確認書には、「賃借人は原状回復義務の履行として建物を取り壊し、建物滅登記手続を行う」、「賃貸人は取り壊し費用及び建物滅失登記手続費用相当分を賃借人に支払う」という内容を盛り込んで下さい。そうする事によって、借地人から相談者への所有権移転登記を省略する事が出来ます(実際には、取り壊しや登記手続の手配等を相談者がしてあげるということでも問題はありません)。



 なお、税金(固定資産税)に関してですが、固定資産税は賦課期日の毎年1月1日に資産を所有するものに課される税ですので、一度も相談者に所有権が移った事の無い建物について相談者が税金を負担する事はありません。

2014年01月07日 04時04分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

祖母名義の土地と建物に20年以上住み着いていた男がいます。 その人物から弁護士を介して名義変更の請求がきました。

不動産登記 2017年11月22日

祖母名義の土地と建物に20年以上住み着いていた男がいます。 その人物から弁護士を介して名義変更の請求がきました。 祖母はその男の存在を知っており、放置していました。 財産相続した子供(私の母とおじ)は知りませんでした。 祖母が亡くなっ...

義弟と共同で土地・建物を購入し二分の一ずつの所有権を持っています。しかし突然義弟がでていってしまいました。

不動産登記 2017年10月10日

義弟と共同で土地・建物を購入し二分の一ずつの所有権を持っています。 現在、住宅ローンの返済中ですが、義弟が突如、妹と離婚をすると言い出し、権利書を持って家を出てしまいました。家を出てからローンの返済もせず、権利書も返還されないまま3か...

親族との共有の土地の内、自分の持分だけでも売る方法は無いでしょうか?

不動産登記 2017年09月04日

親族との共有の土地に家を立てて住んできました。持分は30%です。地代は払ってませんでしたが、固定資産税は払っていました。 今回家を取り壊し、土地を売りたいと思ってますが、親族の同意が得られません。自分の持分だけでも売る方法は無いでしょ...

夫名義の固定資産税の支払い

不動産登記 2017年08月31日

夫名義の持ち家の固定資産税は、妻にも払う義務がありますか?夫は、結婚以来、妻に収入があるからという理由で、生活費は一銭も支払わないため、仕事先での妻は、食費、交通費などすべて支払っています。新婚旅行もないので、新婚旅行を含め、計6回の...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産登記に強い弁護士

【初回法律相談無料】利益を最大に、危険を最小にする解決策をご案内します。

【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・男女問題実績多数、訴...

【初回相談無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合わせく...

【初回相談無料あり】わかりやすい説明と迅速・こまめな連絡を徹底!弁護士費用の事前明示など、常に依頼者目線でお話...

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

ページ
トップへ