心当たりがないのに訴えられたら・・・

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月13日 22時44分

 去年、妻の前夫が亡くなりマンションの固定資産税の支払い請求がきました。そこで相続放棄したのですが、先日裁判所より所有権移転登記抹消登記請求の訴状が送られてきました。
 すでに放棄をしているのにどうして訴えられるのか分かりません。答弁書を出し、期日に出頭しなさいとの事ですが、納得がいきません。どう対応したらいいのでしょうか?

(40代:男性)

匿名弁護士

     裁判所から送られてきた訴状には注意書きが添えられていて、答弁書の提出期限と、その提出を怠り期日(口頭弁論期日)に出頭しないと欠席判決がなされることが記されています。
     答弁書とは、訴状の送達を受けた被告(訴えられた人)が訴えに応じて最初に提出する準備書面(簡単にいえば、主張や証拠などについて記した書面)をいいます。この答弁書を提出せず、期日にも出頭しないと、どうなるのでしょうか?

     民事訴訟制度は国家が公的サービスの一環として運営しているものですから、その利用は国民の自由に委ねられています。しかし(だから、とも言えますが)、一旦訴えが提起されたときには、裁判所は必ず審理を行い、何らかの判断を下さなければなりません(裁判拒絶の禁止)。
     その際には当事者の訴訟遂行上の意思が尊重され(処分権主義)、裁判所は当事者が主張した事実のみを判決の基礎とすることができ、当事者が主張していない事実は、たとえ証拠調べの結果裁判所が存在を確信したとしても、事実として認定してはならないことになっているのです(弁論主義)。

     つまり、あなたにとっては理由のない訴えであっても、原告が正当なものとして訴えてきている以上、裁判所は判決を出さなければなりません。ところが、あなたが何ら主張、反論しなければ、裁判所は、あなたには原告の主張に反論すべき意思や事実がないものとして扱うしかありません。その結果、あなたはいわば「戦わずして負け」たと同じことになってしまうのです。「身に覚えがないのに時間と手数をかけて応戦しなければならないのは理不尽だ」と思われるかもしれません。しかし、あなたが訴える側に立ったときのことを想像すれば、応訴しない者が負けるのは当然と思われることでしょう。

     ですから、答弁書だけはぜひ提出しておかなければなりません。第1回の口頭弁論期日までに提出すれば、訴訟上不利な取り扱いは受けません。答弁書の準備が期限までにできなかった場合は、第1回の口頭弁論期日に必ず出頭し、事情を説明しておくことが必要です。
     答弁書の作成、期日の出頭などは自分でもできないことはないですが、思わぬ不利益を受けないためにも、しかるべき弁護士に委任されることをお勧めします。

2014年01月13日 22時44分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

借地権について、権利があるのか?

不動産登記 2017年07月03日

父が契約しました。 当時一年で2万円。 契約期間20年。 10年前に父死亡。 契約は20年で更新手続きされずそのまま。 金額も変わらず。 父死亡後も 申し入れても 契約更新なし。 金額の値上げもなし。 契約した相手が高齢で入院している...

叔父に祖母の名義である実家の土地を返してくれと言われて困っています

不動産登記 2017年06月09日

私の実家の土地の名義は祖母です。(祖父は他界) その土地の上に建っている家の名義は私の父(祖母の長男)でした。(今は母) さらに祖母名義の小さな家も建っています。 父が亡くなってから、母と祖母は仲が悪くなり 15年ほど前から祖母は叔父...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産登記に強い弁護士

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

ページ
トップへ