弟に騙されて、登記を奪われた土地を取り返せる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時07分

 15年ほど前の話になります。私の弟が、「土地の名義人の名前が違うので、私の名前に登録し直す」と言ってきたので、信用して実印を渡しましたら、弟が自分の名義に変えてしまいました。後に確認すると、もともと土地名義に間違いは無く、弟に騙されたことに気が付きました。 登記書には土地売買で譲った事になっていますが、金銭の取引も契約書も書いていません。まだ土地を取り返せるでしょうか。


(不明:男性)

匿名弁護士

 本件土地の所有権は、未だあなたにあると考えられます。


 実際に土地について権利がないのであれば、登記の名義があったとしても、所有権を取得できるわけではありません。

 
また、悪意の占有者(自己に所有権があるものと信じていない占有者)である弟さんが本件土地を時効取得するためには、20年間、所有の意思をもって、平穏、公然とその土地を占有することが必要であるため、本件土地を15年間占有しているだけでは、時効により取得することはできません(民法162条)。


 そのため、本件土地の所有権は、未だあなたにあると考えられます。

 
しかし、真実に反する登記をそのままにしておくと、弟さんが第三者に土地を売買して登記を移転したような場合に、様々な問題が生じ、あなたが所有権を失ってしまう可能性もありますので、真実に反する登記は正しておくべきでしょう。


 真実に反する登記を正すには、その登記を抹消するか、または真実の所有者へ移転する登記をする必要があります。

 
いずれも、不動産登記法の原則通り、登記権利者登記義務者とが協力して、登記を共同申請することになります(不動産登記法60条)。

 
本件でいえば、あなたと弟さんとが共同で、不動産の管轄の登記所(法務局)に申請する必要があるのです。

 


 
登記義務者である弟さんが、共同申請に協力してくれないようであれば、裁判を起こし、確定した勝訴判決を得る必要があります。

 
勝訴判決が確定することで、弟さんの意思表示に代わるものとして、その正本を添付して、あなたが単独で登記申請することができます(不動産登記法63条)。

2014年01月07日 04時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

損害賠償請求の手順

不動産登記 2018年07月25日

不法行為による損害賠償 ・建物及び土地を所有。 ・固定資産税を払っている居宅(15坪)が消滅。 ・土地3,000坪も不法占拠されているのでは? ・内容証明で居宅撤去の有無の確認をした方が宜しいか?

祖母の共有持分不動産を孫が贈与を受けるには、他の持分者にはどのような名目の同意書が必要ですか。

不動産登記 2018年06月09日

祖母から生前贈与で土地建物を譲り受ける予定ですが、祖母には遠方に住む2人の兄弟がいます。全員まだ存命です。譲り受ける予定の土地建物は、この祖母兄弟3名の共有持分になっています。この場合祖母の兄弟2名に持分放棄同意書をもらえばいいのです...

この場合、抵当権の抹消を請求することができるのでしょうか?

不動産登記 2018年01月18日

A の遺産である土地を共同で相続したBとCは、すぐに共同相続したことにつき登記をおこなった。 その後遺産分割協議をおこなって、この土地については B が単独で所有することとしたため、登記をBの単独所有に書き換えようとしたところ、Cが自...

亡くなった親の名義の建物に住み続けることは可能か

不動産登記 2017年11月29日

ある夫婦が住んでいる建物があります。 相続登記をしておらず、その建物の名義は亡くなった親のままです。 固定資産税は、その夫婦が払っています。 その建物は、その夫婦のものと言えるのでしょうか? どのような法的根拠で、その夫婦は、その建物...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ