弟に騙されて、登記を奪われた土地を取り返せる?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 15年ほど前の話になります。私の弟が、「土地の名義人の名前が違うので、私の名前に登録し直す」と言ってきたので、信用して実印を渡しましたら、弟が自分の名義に変えてしまいました。後に確認すると、もともと土地名義に間違いは無く、弟に騙されたことに気が付きました。 登記書には土地売買で譲った事になっていますが、金銭の取引も契約書も書いていません。まだ土地を取り返せるでしょうか。


(不明:男性)

関連Q&A

無償で貸している土地、20年で相手の物に!?

不動産登記 2016年10月31日

私のいとこ夫婦は、父親の遺産相続で得た私の土地に店を建て、うどん屋を経営しています。土地は無償で貸しているのですが、なにもいわずに20年間そのままにしておくと、「所有権の時効取得」が成立し、いとこ夫婦が所有者となってしまうと聞きました...

もう土地はあきらめるから訴訟費用は払いたくない!

不動産登記 2016年02月17日

祖母名義の土地と建物に20年以上住み着いていた男がいます。その人物から弁護士を介して名義変更の請求がきました。 祖母はその男の存在を知っており、放置していました。財産相続した子供(私の母とおじ)は知りませんでした。 祖母が亡くなってか...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     本件土地の所有権は、未だあなたにあると考えられます。


     実際に土地について権利がないのであれば、登記の名義があったとしても、所有権を取得できるわけではありません。

     
    また、悪意の占有者(自己に所有権があるものと信じていない占有者)である弟さんが本件土地を時効取得するためには、20年間、所有の意思をもって、平穏、公然とその土地を占有することが必要であるため、本件土地を15年間占有しているだけでは、時効により取得することはできません(民法162条)。


     そのため、本件土地の所有権は、未だあなたにあると考えられます。

     
    しかし、真実に反する登記をそのままにしておくと、弟さんが第三者に土地を売買して登記を移転したような場合に、様々な問題が生じ、あなたが所有権を失ってしまう可能性もありますので、真実に反する登記は正しておくべきでしょう。


     真実に反する登記を正すには、その登記を抹消するか、または真実の所有者へ移転する登記をする必要があります。

     
    いずれも、不動産登記法の原則通り、登記権利者登記義務者とが協力して、登記を共同申請することになります(不動産登記法60条)。

     
    本件でいえば、あなたと弟さんとが共同で、不動産の管轄の登記所(法務局)に申請する必要があるのです。

     


     
    登記義務者である弟さんが、共同申請に協力してくれないようであれば、裁判を起こし、確定した勝訴判決を得る必要があります。

     
    勝訴判決が確定することで、弟さんの意思表示に代わるものとして、その正本を添付して、あなたが単独で登記申請することができます(不動産登記法63条)。

2014年01月07日

不動産登記に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

身の回りの法律トラブルの解決に積極的に取り組んでおります

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ