弟に騙されて、登記を奪われた土地を取り返せる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2014年01月07日 04時07分

 15年ほど前の話になります。私の弟が、「土地の名義人の名前が違うので、私の名前に登録し直す」と言ってきたので、信用して実印を渡しましたら、弟が自分の名義に変えてしまいました。後に確認すると、もともと土地名義に間違いは無く、弟に騙されたことに気が付きました。 登記書には土地売買で譲った事になっていますが、金銭の取引も契約書も書いていません。まだ土地を取り返せるでしょうか。


(不明:男性)

匿名弁護士

     本件土地の所有権は、未だあなたにあると考えられます。


     実際に土地について権利がないのであれば、登記の名義があったとしても、所有権を取得できるわけではありません。

     
    また、悪意の占有者(自己に所有権があるものと信じていない占有者)である弟さんが本件土地を時効取得するためには、20年間、所有の意思をもって、平穏、公然とその土地を占有することが必要であるため、本件土地を15年間占有しているだけでは、時効により取得することはできません(民法162条)。


     そのため、本件土地の所有権は、未だあなたにあると考えられます。

     
    しかし、真実に反する登記をそのままにしておくと、弟さんが第三者に土地を売買して登記を移転したような場合に、様々な問題が生じ、あなたが所有権を失ってしまう可能性もありますので、真実に反する登記は正しておくべきでしょう。


     真実に反する登記を正すには、その登記を抹消するか、または真実の所有者へ移転する登記をする必要があります。

     
    いずれも、不動産登記法の原則通り、登記権利者登記義務者とが協力して、登記を共同申請することになります(不動産登記法60条)。

     
    本件でいえば、あなたと弟さんとが共同で、不動産の管轄の登記所(法務局)に申請する必要があるのです。

     


     
    登記義務者である弟さんが、共同申請に協力してくれないようであれば、裁判を起こし、確定した勝訴判決を得る必要があります。

     
    勝訴判決が確定することで、弟さんの意思表示に代わるものとして、その正本を添付して、あなたが単独で登記申請することができます(不動産登記法63条)。

2014年01月07日 04時07分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

借地権について、権利があるのか?

不動産登記 2017年07月03日

父が契約しました。 当時一年で2万円。 契約期間20年。 10年前に父死亡。 契約は20年で更新手続きされずそのまま。 金額も変わらず。 父死亡後も 申し入れても 契約更新なし。 金額の値上げもなし。 契約した相手が高齢で入院している...

叔父に祖母の名義である実家の土地を返してくれと言われて困っています

不動産登記 2017年06月09日

私の実家の土地の名義は祖母です。(祖父は他界) その土地の上に建っている家の名義は私の父(祖母の長男)でした。(今は母) さらに祖母名義の小さな家も建っています。 父が亡くなってから、母と祖母は仲が悪くなり 15年ほど前から祖母は叔父...

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

投稿する

不動産登記に強い弁護士

クライアントファーストをモットーに、常にご依頼者様の視点に立った誠実な事件対応を心がけております。

全てはお客様のために。迅速、丁寧、正確なサービスを追求します。初回相談30分無料

《初回相談無料》お客さまの身近なパートナーとして、徹底サポートいたします。

些細なことでもまずはご相談ください。じっくりお話を伺います。

企業法務から個人案件まで、いつでもどこでもあなたのパートナーでありたい

ページ
トップへ