神社への賛助金を支払う義務はありますか?

Legalus編集部さん 2014年05月20日

 近隣の神社から、正月・会式・夏祭り等、ことあるごとに賛助金を求められます。
 町会費は町に納めさせていただいておりますが、同地に居を構えて以来、一度も参加したことのない神社の祭りや行事のたびに、当然のごとく集金が行われることに憤りを感じます。
 町会費については、防犯灯の設置や回覧板、美化運動などの利益を受けているわけですから、お支払いして当然と納得しております。しかし、縁もゆかりもない神社の行事に賛助する必要はあるのでしょうか。

(40代:男性)

関連Q&A

自治会から過去に設置したゴミ捨て場の費用を請求された!

自治会・町内会 2016年08月09日

一戸建てを買って引っ越しました。しばらくして、向かいの家のお爺ちゃんが「ゴミ捨て場の設置費用として8000円払ってください」と言ってきました。 お爺ちゃんの説明によると、15年程前に、当時自治会に加入していた20軒で話し合って、カラス...

規約の無い町内会、法的に問題はない!?

自治会・町内会 2014年05月03日

私の住む町内には、小学生が会員の「子供会」と、その保護者が会員の「子供育成会」があります。 かねて子供育成会のあり方に疑問を感じていた私は立候補し、来年度の会長に選任されました。 そこで、現役員との引継ぎのため「規約を見せてはしい」と...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     神社は、氏子(うじこ)に対して賛助金を求め、それによって祭りの費用などの諸経費をまかなってきたという歴史があります。
     氏子とは、氏神様に育てられている子という意味で、神社の祭祀圏を構成する住民のことを指します。氏子と氏神の関係は、古代社会から続いている氏族集団の成員すなわち氏人と守護神(氏の神)に由来しており、現在ではとみに希薄になっているものの、ある地域の信仰上のまとまりを表しているものです。

     このように、氏神たる神社と氏子の関係は、その土地の住民たることによって自然に発生したにすぎません。すなわち、加入義務等を観念できない性格の関係として継続してきたのです。
     したがって、神社は賛助金の支払いを義務付けることはできないし、行事・祭祀に協力を強制することもできません。
     また、神社が当然に村落共同体の精神的支柱となっていた昔とは違い、信仰上の理由から行事・祭祀への参加を望まない人もいます。信仰の自由は憲法上保障されていますから(憲法20条前段)、宗教的行事への参加を強制することはできません(同2項)。神社の祭祀が宗教的行事といえるかについては見解が分かれるところですが、神社側が強制できる根拠はないといえます。

2014年05月20日

自治会・町内会に強い弁護士

依頼者の一番の味方となり、ベストな解決を目指します。まずはお気軽にご相談ください。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ