弁護士コラム

下腿骨骨折では,どのような後遺障害が考えられますか。

[投稿日] 2018年07月11日 [最終更新日] 2018年07月11日
Resized avatar mini magick20180601 14817 ignl90

岡田 正樹 弁護士 むさしの森法律事務所

【初回相談無料】弁護士歴30年以上で、交通事故に関する書籍出版経験のある実績豊富な弁護士が、交通事故に悩むご相談者様の話をしっかりとお伺いして、最適な結果を目指します。

1 下腿骨骨折とは,どのようなものをいいますか。
下腿骨とは脛骨☆1と腓骨☆2を言います。 

脛骨☆1=下腿部分を構成する2本の骨で内側(足の親指側)にあるもので体重のほとんどを支えます。太い方の骨です。
腓骨☆2=脛骨に対して外側(足の小指側)にあるもので様々な筋肉の付着部になっています。細い方の骨です。 

脛骨の下端は内果(うちくるぶし),腓骨の下端は外果(そとくるぶし)を形作っています。

下腿は,そのまま外力にさらされる部位であるために直達外力による場合が多い上,被覆組織が薄いことから開放骨折になりやすいと言えます。
直達外力を受けると,脛・腓骨の高位部での横骨折や斜骨折を起こし,間接的な外力を受けると,捻転骨折を起こします。


2 治療の難しさ
下腿の上1/3・中1/3骨折の骨癒合は比較的良好であるが,下1/3は血流が悪く骨癒合が難しく,偽関節になりやすいとされています。 
偽関節とは,一般的に骨折などによって骨片間の癒合過程が止まって,異常可動性を示す場合です。 

また,最も治療に難渋するのは脛骨骨幹部における広範な粉砕骨折で,開放骨折はもちろんのこと,閉鎖性の場合であったとしても,骨髄炎を生じやすいとされています。
さらに,遷延治療や偽関節が生じやすくなってしまって観血的手術が繰り返される可能性があります。


3 後遺障害(後遺症)等級
①膝あるいは足関節の可動域制限を残すことがあり得ます。

強直(☆4)あるいは完全弛緩性麻痺(☆5)かそれに近いもの
=1関節の用廃(☆6)
→8級7号 

可動域2分の1以下に制限
=1関節の著しい機能障害(☆7)
→10級11号 

可動域4分の3以下
=1関節の機能障害(☆8)
→12級7号 

☆4 強直=関節が全く可動しないか。またはこれに近い状態,つまり健側の可動域の10%程度以下(角度5°単位で切り上げて計算)に制限されたもの
☆5 完全弛緩性麻痺に近いもの=他動では可動するが,自動では健側の可動域の10%程度以下(角度5°単位で切り上げて計算)に制限されたもの
☆6 関節の用廃=主要運動8のすべてが強直したもの
☆7 著しい機能障害あるいは機能障害は,主要運動のいずれか一方が制限されていれば良い。
☆8 主要運動は膝関節も足関節も屈曲・伸展です。 

②長管骨(脛骨・腓骨は長管骨)の変形治癒・短縮下腿骨の骨癒合不全のために変形治癒あるいは短縮の後遺障害が残ることがあります。 

長管骨に変形を残すもの→12級8号
短縮が5㎝以上→8級5号
短縮が3㎝以上→10級8号
短縮が1㎝以上→13級8号

③偽関節
ア「偽関節を残し,著しい運動障害を残すもの」→7級9号
要件としては,「著しい運動障害を残すもの」とは常に硬性補装具を必要とするものを言います。
その上で
(1)大腿骨の骨幹部等に癒合不全を残すもので常に硬性補装具を必要としないもの
(2)脛骨及び腓骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもので常に硬性補装具を必要としないもの 
(3)脛骨の骨幹部等に癒合不全を残すもので常に硬性補装具を必要としないもの 

イ「偽関節を残すもの」→8級8号アの癒合不全がありますが,常に硬性補装具を必要とはしないものをいいます 

④下腿切断慢性骨髄炎を発症して,それが治癒せずにやむをえずに下腿切断となることがあります。
1下肢を足関節以上で失ったもの→5級5号 

⑤下肢醜状痕下腿前面は筋肉等の皮下軟部組織が乏しいために皮膚や皮下組織が壊死してしまい欠損する可能性があります。

その被覆ができたとしても下肢に醜状痕を残すことが多いとされています。
手のひら大以上の醜状痕→14級5号

岡田 正樹 弁護士

注力分野
交通事故
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 5着手金無料あり
  • Icon 3分割払いあり
【初回相談無料】弁護士歴30年以上で、交通事故に関する書籍出版経験のある実績豊富な弁護士が、交通事故に悩むご相談者様の話をしっかりとお伺いして、最適な結果を目指します。

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

ページ
トップへ