弁護士コラム

交通事故による難聴が後遺障害(後遺症)として認定されるためにはどうしたらよいですか。

[投稿日] 2018年10月11日 [最終更新日] 2018年10月11日
Resized avatar mini magick20180601 14817 ignl90

岡田 正樹 弁護士 むさしの森法律事務所

【初回相談無料】弁護士歴30年以上で、書籍出版経験のある実績豊富な弁護士が、交通事故をはじめとした様々な法律問題に悩むご相談者様の話をしっかりとお伺いして、最適な結果を目指します。


難聴は,聴力障害として,後遺障害としては,両耳の場合には程度に応じて4級,6級,7級,9級,10級,11級の,一耳の場合には程度に応じて9級,10級,11級の後遺障害に該当する可能性があります。
難聴は,自覚症状だけでは不十分であり,認定に必要な検査結果が出なければなりません。

1 難聴とは
外耳より入った音刺激が大脳側頭葉聴野に到達する経路の内,どの部位に病変があっても難聴という症状として出現します。
難聴とは文字通り,入ってくる音が聞き取りにくいことを意味していますが,聴力レベルが一定以下になった場合が後遺障害の対象となる「難聴」です。


2  耳の構造
耳は,外耳・中耳・内耳の3つの部分に分けることができます。
外界の音は外耳より進入し,中耳にある鼓膜を振動させます。
鼓膜の振動は,中耳から内耳の蝸牛に伝わります。
蝸牛はリンパ液により満たされており,鼓膜の振動はリンパ液により液体の振動に変換されます。
そしてその振動を感覚細胞が電気信号に変換されて蝸牛神経に伝わり,そこから電気信号は大脳へと伝わり大脳側頭葉聴野(大脳皮質の中で聴覚を司る部位)で音を認知・識別します。


3  難聴の分類
①伝音性難聴  conductive deafness
外耳,中耳の障害による難聴で空気振動が十分に伝達できない状態になっていることによる難聴です。小さいな音が聞こえにくいだけで,言葉の明瞭さには余り影響は与えません。

②感音性難聴  perceptive deafness
内耳,聴神経,脳の障害による難聴であり,音が聞こえにくいだけでなく,音が歪んだり響いたり,言葉がはっきりと聞こえない状態です。
原因箇所により末梢神経性難聴・脳幹性難聴・皮質性難聴に分類されます。

③混合性難聴  mixed deafness
伝音性難聴と感音性難聴の両方の原因を持つ難聴を言います。


4 聴覚の検査方法
ア オージオメーターによる純音聴力検査 Pure Tone Audiometry
オージオメーターは,各種の純音を電気的に発振し,それぞれの音を強めたり弱めたりすることができます。その聞こえ方を分析して検査するものです。
これには,a)骨導聴力検査 b)気導聴力検査があります。
なお,純音聴力検査は,3回の検査の平均をとることになっていますので,必ず3回検査を受けないといけません。また,聞こえる音がどの位のdB(デシベル)であるかにより示されます。

a)骨導聴力検査は,振動板を耳後部(乳突部)あるいは額に当て,頭蓋骨を通って直接内耳に達する経路で聞こえを測定する方法です。これにより外耳から脳中枢までの聴覚系における難聴の程度を調べるものです。
b)気導聴力検査は,レシーバーから出た音が,中耳を通って内耳に入る経路の空気中を伝わってきた音がどの程度聞こえるかの検査です。

純音聴力検査では,伝音性難聴は,骨導聴力が正常で,気導聴力が低下します。
純音聴力検査では,感音性難聴は,骨導聴力,気導聴力ともに低下します。
純音聴力検査では,混合性難聴は,骨導聴力,気導聴力ともに低下しますが,気導聴力がより低下します。

イ 語音聴力検査 Speech Audiometry
純音聴力検査は,聴覚機能の一面のみを示すにすぎません。言葉や音楽を聞くためには,個々の周波数を分析して,強さを分析するだけではなく,時間的経過と共にその成分の総合的変化を受け取っているのです。そこで,聴覚の総合的能力の検査のために語音の検査があります。


難聴は,事故との因果関係,特に事故による頭部打撲があったかどうかをめぐる問題が生じることがあります。事故後に聞こえが悪くなったから認められるだろうと思っているととんでもないことがあります。

岡田 正樹 弁護士

注力分野
交通事故
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 5着手金無料あり
【初回相談無料】弁護士歴30年以上で、書籍出版経験のある実績豊富な弁護士が、交通事故をはじめとした様々な法律問題に悩むご相談者様の話をしっかりとお伺いして、最適な結果を目指します。

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

ページ
トップへ