弁護士コラム

偽関節とは何ですか。後遺障害はどうなりますか。

[投稿日] 2018年10月31日 [最終更新日] 2018年10月31日
Resized avatar mini magick20180601 14817 ignl90

岡田 正樹 弁護士 むさしの森法律事務所

【初回相談無料】弁護士歴30年以上で、書籍出版経験のある実績豊富な弁護士が、交通事故をはじめとした様々な法律問題に悩むご相談者様の話をしっかりとお伺いして、最適な結果を目指します。

外傷による骨癒合が完成していないことで,類似のものとして遅延性治癒骨折がありますが,後遺障害(後遺症)の対象は,偽関節です。

偽関節は後遺障害(後遺症)としての用語でもあり,偽関節だけで8級,加えて,著しい運動障害を残すと7級となります。

1 偽関節とは何ですか。
(1)偽関節とはなにですか
遷延性治癒骨折に対して,偽関節とは,いつまでも骨癒合が起こらず,骨折部の治癒機転が停止しているもので,可動域が異常となったものをいいます。

(2)遷延性治癒骨折とは何ですか
遷延性治癒骨折とは,骨癒合に必要な普通の日数を過ぎても,骨折部の仮骨形成が進まないことを言います。
適切な処置をすれば骨癒合する可能性がありますが偽関節となる危険性をはらんでいます。

(3)遷延性治癒骨折と偽関節両者の違いはありますか
この点は受傷後の期間とレントゲン写真像によって明らかにされます。

(4)癒合不全との関係はどうなりますか。
癒合不全とは,本来の解剖学的な癒合(骨片のくっつき)とは異なる癒合をしてしまったものを言います。

「偽関節を残すもの」も広い意味では癒合不全です。
後遺障害としては,癒合不全については「長管骨の変形」(12級8号)と,変形傷害とだけ評価されます。
しかし,癒合不全の生じた部位・箇所と,硬性補装具を用いる必要性の程度によって「偽関節」として機能障害と評価されるのです。


2 上肢の偽関節による後遺障害等級はどうなっていますか。
後遺障害等級は,
「偽関節を残すもの」→8級8号「偽関節を残し,著しい運動障害を残すもの」→7級9号 
なお,
「長管骨に変形を残すもの」→12級8号
となっております。

3 上肢の偽関節による後遺障害の各投球の内容はどのようなものですか。
①「偽関節を残すもの」(8級8号)とは,次のいずれかに該当するものです。
(1)上腕骨の骨幹端部又は骨幹部(以下「骨幹部等」と言います。)に癒合(ゆごう)不全を残すもの
(2)橈骨および尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの
(3)橈骨または尺骨のいずれか一方の骨幹部等に癒合不全を残すもので,時々硬性補装具を必要とするもの

②「偽関節を残し,著しい運動障害を残すもの」(7級9号)とは,次のいずれかに該当し,常に硬性補装具を必要とするものを言います。
(1)上腕骨の骨幹端部又は骨幹部(以下「骨幹部等」と言います。)に癒合(ゆごう)不全を残すもの
(2)橈骨および尺骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの

③「長管骨に変形を残すもの」(12級8号)には,次のようなものがあります。
(ア)次のいずれかに該当し,外部から想見できる(見て分かる)もの※
①上腕骨に変形を残すもの
②橈骨及び尺骨の両方に変形を残すもの(但し,いずれか一方のみの変形でも,その程度が著しいものはこれに該当)
※「外部から想見できる」とは,15度以上屈曲して不正癒合したものを言うとされています。
(イ)上腕骨,橈骨又は尺骨の骨端部に癒合不全を残すもの
(ウ)橈骨及び尺骨の骨幹部に癒合不全を残すもので,硬性補装具を必要としないもの
(エ)上腕骨,橈骨又は尺骨の骨端部のほとんどを欠損したもの
※「外部から想見できる」とは,15度以上屈曲して不正癒合したものを言うとされています。
☆「橈骨及び尺骨の骨幹部に癒合不全を残すもので,硬性補装具を必要としないもの」は,偽関節とはならず,変形傷害としてのみ扱われます。
同じく,橈骨又は尺骨の骨端部のほとんどを欠損したもの,あるいは,癒合不全を残すものも同様です。

④ことば
橈骨=前腕を構成する二つの長管骨の内で親指側にあるものです。
尺骨=橈骨に対して小指側にあるものです。


3 下肢の偽関節等の変形障害による後遺障害等級はどうなっていますか。
後遺障害等級は,
「偽関節を残すもの」→8級9号
「偽関節を残し,著しい運動障害を残すもの」→7級10号
なお,
「長管骨に変形を残すもの」→12級8号
となっております。

①「偽関節を残すもの」(8級9号)とは,次のいずれかに該当するものです。
(1)大腿骨の骨幹端部又は骨幹部(以下「骨幹部等」と言います。)に癒合不全を残すもので常に硬性補装具を必要としないもの
(2)脛骨及び腓骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもので常に硬性補装具を必要としないもの
(3)脛骨の骨幹部等に癒合不全を残すもので常に硬性補装具を必要としないもの

②「偽関節を残し,著しい運動障害を残すもの」(7級10号)とは,次のいずれかに該当し,常に硬性補装具を必要とするものを言います。
(1)大腿骨の骨幹端部又は骨幹部(以下「骨幹部等」と言います。)に癒合不全を残すもの
(2)脛骨および腓骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの
(3)脛骨の骨幹部等に癒合不全を残すもの

③「長管骨に変形を残すもの」(12級8号)には,次のようなものがあります。
(ア)次のいずれかに該当し,外部から想見できる(見て分かる)もの※
①大腿骨に変形を残すもの
②脛骨に変形を残すもの(但し,腓骨のみの変形でも,その程度が著しいものはこれに該当) 
※「外部から想見できる」とは,15度以上屈曲して不正癒合したものを言うとされています。
(イ)大腿骨又は脛骨の骨端部に癒合不全を残すもの
(ウ)大腿骨又は脛骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

☆腓骨のみの変形では,「その程度が著しいもの」が,「長管骨に変形を残すもの」に該当します。
また,大腿骨又は脛骨の骨端部に癒合不全,あるいは,ほとんどを欠損したものでは「偽関節」での該当はせず,変形障害のみと言うことになります。

④ことば
脛骨=下腿部分を構成する2本の骨で内側(足の親指側)にあるもの
腓骨=脛骨に対して外側(足の小指側)にあるもの

岡田 正樹 弁護士

注力分野
交通事故
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 5着手金無料あり
【初回相談無料】弁護士歴30年以上で、書籍出版経験のある実績豊富な弁護士が、交通事故をはじめとした様々な法律問題に悩むご相談者様の話をしっかりとお伺いして、最適な結果を目指します。

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

ページ
トップへ