Resized avatar mini magick20180429 32178 1rrxd6d
現在営業中
9:00〜17:00

伊東 結子 弁護士

いとう ゆうこ

つきのみや法律事務所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-1-16 浦和大熊ビル3階
注力分野
離婚・男女
取扱分野
親子・家庭 相続 借金・債務整理 労働
養育費はどうやって決めるの?・その5
前回のブログでは,養育費の金額を決める際の重要な資料である「算定表」の見方について,夫婦のいずれか(もしくは両方)が年金生活者の場合を取り上げて具体的な説明をしました。 今回のブログでは,夫婦のいずれか(もしくは両方)が無職(無収入)の場合について,算定表の見方(「年収」の考え方)を詳しく説明します。 ※算定表で養育費を計算するにあたって必要になるデー...
養育費はどうやって決めるの?・その4
前回のブログでは,養育費の金額を決める際の重要な資料である「算定表」の見方について,夫婦のいずれか(もしくは両方)が自営業者の場合を取り上げて具体的な説明をしました。 今回のブログでは,夫婦のいずれか(もしくは両方)が年金生活者の場合について,算定表の見方を詳しく説明します。 これまでのブログにも記載しましたが,算定表で養育費を計算するにあたっては,次...
養育費はどうやって決めるの?・その3
前回のブログでは,養育費の金額を決める際の重要な資料である「算定表」の見方について,夫婦の収入が「給料」である場合(会社員・アルバイトなど)を取り上げて具体的な説明をしました。 今回のブログでは,夫婦のいずれか(もしくは両方)が自営業者の場合について,算定表の見方を詳しく説明します。</p><p>これまでのブログにも記載しました...
養育費はどうやって決めるの?・その2
前回のブログでは,養育費の金額を決める際の重要な資料である「算定表」について,基本的な説明をしました。 今回は,夫婦の収入が「給料」である場合(会社員・アルバイトなど)について,算定表の見方を具体的に説明します。 前回のブログにも記載しましたが,算定表で養育費を計算するにあたっては,次のデータが必要です。 (1)子どもの人数,年齢 (2)夫婦それぞれの...
養育費はどうやって決めるの?・その1
離婚後の生活を考えるにあたって,避けて通れないのが「お金の問題」です。 食費,衣類,日用品,学費.....。子育てには本当にお金がかかりますよね。「養育費」は,離婚後の生活を支える重要な要素です。今回のブログでは,養育費の決め方について説明をしたいと思います。 養育費は,離婚をした後に,子どもと離れて暮らす親が,子どもに対して支払う扶養料です。離婚をし...
親権ってどうやって争うの? ~親権争い編・その3~
今回のコラムのテーマも「親権の争い方(手続の流れ)について」です。 今回は,前回のコラムでは書ききれなかった「家庭裁判所調査官による調査」の具体的な内容をご説明します。 前回のコラムでもご説明したとおり,親権が激しく争われるケースにおける手続は,裁判官による調査命令 → 調査官による調査 → 調査報告書の作成 → 裁判官が調査報告書を参考にして親権を決...
親権ってどうやって争うの? ~親権争い編・その2~
今回は,親権の争い方(手続の流れ)についてご説明します。 前回のコラムで,親権を争うことをお考えの場合にお伺いしたい事情として,以下の事柄を挙げました。 *お子さんが生まれてからこれまでの育児の分担状況 *両親などの親族から育児の手助けを受けているか(今後受けることができるか) *ご夫婦・お子さんの健康状態 *ご夫婦の収入の状況 そして,中でも重要なの...
離婚の相談,何が必要? ~親権争い編・その1~
「離婚した場合,私は親権を取れますか?」というご質問は,離婚に関するご相談の中で本当によくあるご質問の一つです。 今回は,離婚時の親権争いについてのご質問に正確にお答えするために,ご相談時にお伺いしたい事柄(ご相談時にメモをご準備いただくことが望ましい事柄)を挙げてみようと思います。 まずは,離婚のご相談に共通の事柄として, ・結婚した日(同居開始日,...
離婚の相談,何が必要? ~浪費・借金編~
前回の「離婚の相談,何が必要? ~DV(暴力・暴言)編~」に続き,今回は,「離婚を決意したきっかけは,夫(妻)の浪費や借金」というケースで,ご相談時にお持ちいただくことが望ましいもの(お伺いしたい事情)を挙げてみます。 前回と同じく,まずは,離婚のご相談に共通の事柄として, ・結婚した日(同居開始日,入籍日) ・お子さんの有無,人数,年齢 ・現在の生活...
離婚の相談,何が必要? ~不倫問題編~
離婚に関するご相談のご予約をいただく時に,「何か持っていった方がいいものはありますか?」というご質問がよくあります。 私は,女性弁護士ということもあり,離婚のご相談を多く受けています。離婚のご相談では,どのようなタイプの離婚か,離婚にあたっての課題は何かといった観点から,ご相談時にお持ちいただくことが望ましい資料が異なりますので,私のブログで,何回かに...
ページ
トップへ