検索結果

検索結果:3件(1件〜3件)

検索条件:JR中央・総武線 / 離婚・男女

表示順について>>

藤井 雅子 弁護士

注力分野
離婚・男女
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
【初回相談無料】女性弁護士が親身に対応します
離婚はする・しないの問題だけではなく、財産分与に伴うローン付きの自宅不動産、保険契約、自動車等の財産問題の処理や、年金分割を含む経済的問題を解決する必要があります。 親権、監護権、面会交流・養育費をどうするかなど…離婚から派生する問題は非常に多いです。 あなたが、お子さんが、離婚によって損をしな…
千葉シティ法律事務所 〒260-0032 千葉県千葉市中央区登戸1-15-32 キャピタルビジネスセンター5階4号 平日10:00-20:30  |  土曜10:00-20:30
Resized avatar mini magick20170612 27455 18patqa

合田 武徳 弁護士

取扱分野
離婚・男女
リフト法律事務所 〒260-0028 千葉県千葉市中央区新町22-1 新町55ビル502 平日9:30-18:00  |  土曜9:30-18:00
Resized avatar mini magick20170119 6933 hftuks

川村 勝之 弁護士

取扱分野
離婚・男女

千葉県における離婚の現状

千葉県においても、夫婦間の離婚率は依然高い割合をキープしています。例えば、千葉県が出している平成26年のデータでは、年間10642件の離婚が発生しているという結果が出ています。

千葉県全体の人口に対して、平成26年は1.74の割合で離婚が発生しており、相当数の方が最終的に離婚という結論を下しているのが現状です。

この千葉県のデータによると、平成26年は約50分に1回、離婚が行われている勘定になります。全国的な傾向を見た場合、離婚率が圧倒的に高いのはやはり都市部です。東京への通勤者が多い千葉県も、このような全国的な傾向の例に漏れず、全国6位という高い離婚率となっています。共働きの世帯が多く、離婚によって生じる経済的な影響が比較的少ないことが、こういった傾向の一因と考えられます。

家族の形態が大きく変化する離婚は、家庭に多大な影響をもたらすのが問題です。特に子どものいる世帯では、様々な問題が生じてくるでしょう。最近は、こういった離婚問題について相談が出来る弁護士事務所が千葉にも増えています。その方の抱えている状況に応じて、適切なサポートを提供するのが昨今の弁護士です。親権や養育費、慰謝料についての相談も可能です。

千葉県でも増えている調停離婚

日本の離婚状況をみると、当事者間の話し合いによって行われる協議離婚が非常に多いです。この協議離婚は、数ある離婚の方法の中でも一番平和的な解決法となります。お互いに合意という状態に至れば、すぐに離婚が成立するのが協議離婚です。

条件の交渉などは、弁護士を通じて行うことも出来ますので、ほとんどの方はこの方法を選択しています。

話し合いが難航した場合や双方の主張が大きく食い違った時などには、調停離婚という方法が1つの選択肢です。調停離婚は千葉県でも10.4%(離婚・慰謝料あんしん相談所)の割合で行われており、協議離婚に次いで多いスタイルとなっています。

調停離婚は、家庭裁判所の介入を得て手続きが進められるのが協議離婚との大きな違いです。調停委員が当事者の間に入り、条件の交渉などを行っていくため、協議離婚よりは少し大きな作業となります。調停離婚の場合は、法的な妥当性を加味して協議が進められることになり、親権や慰謝料などの問題を抱えている方にとっては、比較的スムーズに事を進められる離婚のスタイルです。取り決めたルールに関しては法的な拘束力が発生することから、弁護士などの専門家のフォローが必要になってくるスタイルでもあります。

千葉県の調停離婚とシングルマザーの割合

子どもが1人いる夫婦の間で行われた調停離婚の割合は、千葉県の場合は36%(離婚弁護士相談広場)を占めます。実際、調停離婚は、子どもを抱えているシングルマザーにとっては有利に交渉を進めやすい方法の1つです。この方法を選択すれば、今後の生活に必要な補償を得やすく、弱い立場に陥りがちな女性でもしかるべき方法で法的なサポートを得ることが出来ます。

不利な離婚の条件に泣き寝入りをしたくない時には、こういった調停離婚という方法も考える価値があります。子どもが小さい場合は、長期的な生活費や養育費などが必要です。調停離婚を選択することで、以後も継続的に夫側から経済的なフォローを受けることが可能になります。当事者間では中々出来ない交渉でも、調停委員やサポート役の弁護士が間に入るとすんなりとまとまる場合がありますので、多少時間がかかっても最終的に得られるメリットは軽視出来ないレベルです。

シングルマザーが増えている千葉県では、賢く離婚を進める方法としても調停離婚というスタイルが注目されています。弁護士に相談をすると、調停離婚や審判離婚といった協議離婚以外の方法も教えてもらうことが出来ますので、選択肢は広がります。

千葉県の離婚問題で頼れるのが弁護士です

離婚を理想的なペースで進めるに当たって、力になってもらえるのが弁護士を始めとする法律のプロです。

千葉には、離婚問題に強い弁護士もかなり見られます。離婚には様々なケースがあります。不倫や浮気、借金問題などが絡んでくると、交渉も一筋縄ではいかないことが予想されます。複雑なケースでもベストな解決方法を提示出来る点は、法律に精通しているプロならではです。

近ごろでは、離婚問題でサポートを得たい場合に、法律事務所を利用するという方も全国的に増えてきました。納得のいく慰謝料や養育費を確保するためには、法的な知識も必要になってきます。厚生労働省の調査では、離婚をしたシングルマザーの約4割は相手と接触したくない、または、交渉上の問題で父親の経済的な理由を得ていないという結果が出ています。

素人とは異なる視点で状況を眺められるのが、弁護士などの法律家です。家庭の一大事である離婚は、選択を誤るとその後のデメリットが増大しますので、法律家のサポートを得ながら手堅く交渉を進めていくのがおすすめです。

ページ
トップへ