検索結果

検索結果:6件(1件〜6件)

検索条件:JR中央・総武線 / 相続

表示順について>>

藤井 雅子 弁護士

取扱分野
相続
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
【初回相談無料】女性弁護士が親身に対応します
遺産分割は親族間のトラブルです。親族である相手方に面と向かって言いにくいこともあるでしょう。 しかし、トラブルが長引けば、これまで築いてきた親族間の関係を壊すことにもなりかねません。 弁護士は、あなたの代理人として迅速な解決を目指し、協議を進めます。身内のことだからとためらわずに、ご相談ください…
千葉シティ法律事務所 〒260-0032 千葉県千葉市中央区登戸1-15-32 キャピタルビジネスセンター5階4号 平日10:00-20:30  |  土曜10:00-20:30
Resized avatar mini magick20170612 27455 18patqa

合田 武徳 弁護士

取扱分野
相続
よつば総合法律事務所千葉事務所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1-14-13 千葉大栄ビル7階 [現在営業中] 平日6:00-22:00  |  土曜6:00-22:00  |  日・祝6:00-22:00
Resized avatar mini magick20180118 30873 1juy0dl

渡邉 優 弁護士

取扱分野
相続
遺産分割に強い、遺留分に強い、不動産の相続に強い、わかりやすい費用体系、千葉市・柏市に事務所ありなどの特徴があります。
県民合同法律会計事務所 〒260-0014 千葉県千葉市中央区本千葉町1-1 日土地千葉中央ビル9階
Resized avatar mini magick20180918 22914 18uqvez

大槻 厚志 弁護士

取扱分野
相続
 相続・遺言・親族間のトラブルなど、様々な事件を手がけて参りました。  まずは、ご予約のうえ、ご相談にいらして下さい。
弁護士法人ベストロイヤーズ法律事務所千葉事務所 〒260-0028 千葉県千葉市中央区新町1-17 JPR千葉ビル12階 平日10:00-18:00  |  土曜10:00-18:00
Resized avatar mini magick20170126 6022 1uaci3

大隅 愛友 弁護士

取扱分野
相続
リフト法律事務所 〒260-0028 千葉県千葉市中央区新町22-1 新町55ビル502 平日9:30-18:00  |  土曜9:30-18:00
Resized avatar mini magick20170119 6933 hftuks

川村 勝之 弁護士

取扱分野
相続

千葉県の世帯平均総資産額

総資産額とは、企業や個人が所有する現金や預金、株式、債券、投資信託、不動産などの合計金額を指します。なかには金額がわかりにくいものもありますが、株式や債権、投資信託や不動産は価値が変化するため時価で計算が行われます。また、外貨預金や外貨投資信託の場合は為替相場を基準に日本円に換算されます。

遺産相続について考え始めた方にとって、ご自身の総資産額は平均よりも多いほうなのかどうか、気になるのではないでしょうか。そんな方は、総務省が公開している調査データ「平成26年全国消費実態調査家計資産に関する結果」を参考にされると良いでしょう。

これによると、家族人数2名以上の世帯における総資産額の全国平均は3,491万円となっています。また、千葉県における2名以上世帯の総資産額平均は全国平均を少し上回る3,512万円で、全国において8番目に総資産額平均が大きいという結果が出ています。
ちなみに、世帯主の年齢が高いほど総資産額が上昇する傾向が全国的にあります。勤労世代の50代までを世帯主とする世帯に限って言えば、総資産額の全国平均は2,500万円となっています。また、単身世帯の場合の総資産額全国平均は2,652万円です。

千葉県でも多いと考えられる相続関係の調停

資産を持つ方は、ご自身の亡くなった後に資産が配偶者や肉親に相続される際の手続きについて、あらかじめ考えておくことが良いと言われています。特に子供が複数いる方など相続人が複数いる場合、相続人同士の話し合いだけではなかなか決着がつかない場合が少なくないようです。
また親などから資産を相続する予定のある方も、相続の手続きやトラブルについて、あらかじめ知っておくと良いと言われています。

相続人が複数存在し、相続の際の遺産分割協議がなかなか進まない、といった例はよく起きています。相続人同士の話し合いで決着がつかない場合は、家庭裁判所で調停を行います。

このとき相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てますが、相続人が複数存在し居住地が異なる場合は、相続人の1人の住所を選択して申し立てることになります。

ご自身の居住地から離れた場所にある家庭裁判所で調停を行う場合は、毎月数日間も行われる調停に何度も出席するのは、大きな負担となるでしょう。そのような場合は、弁護士を代理人に指名して、調停に代理出席してもらうことができます。

調停でも決着がつかない場合は、家庭裁判所の判断によって強制的に遺産分割方法が指定される「審判」となります。審判の場合、相続人にとって必ずしもメリットのある方法になるとは限らないため、なるべく調停までの段階で遺産分割協議を済ませるほうが良いと言われています。

裁判所が公表している「平成26年司法統計年報 3家事編」によると、「遺産の分割に関する処分など」の調停件数は全国で13,101件に及んでいます。それだけ、相続人同士の話し合いだけは決着がつかないケースが多くあるということになります。また、上記の調停件数中2,159件が審判になっています。遺産相続は俗に「争続」とも言われるほど争いを生みやすく、それまで円満な関係であった兄弟や肉親同士が骨肉の争いをするきっかけを作ってしまうことも多いようです。

裁判所公表データにおいて都道府県別の調停件数や審判件数は明らかにされていません。しかし、前項で述べたように千葉県の世帯の総資産額は全国8位と多いほうですので、それに伴う遺産分割調停も多く申し立てされていると推測できるでしょう。千葉県在住の方や千葉県に親兄弟が在住の方にとって、遺産相続問題は避けて通れないテーマと言って良いのではないでしょうか。

千葉県の相続の問題で弁護士に相談を考えている方に

千葉県においても多数発生すると考えられる相続の問題ですが、早めに弁護士に相談しておくことによって、スムーズに解決しやすくなるでしょう。なかには相続問題に強い弁護士も存在するため、そんな弁護士に相談すると順調かつスピーディな解決を得やすいようです。

たとえば、相続人同士の話し合いによって遺産分割の取り決めを行った場合でも、弁護士監修のもとで「遺産分割協議書」を作成しておくと、後からトラブルが起こりにくいと言われています。
また、遺産分割調停を行う場合にも、弁護士にサポートしてもらうことの効果は大きいと言って良いでしょう。弁護士は調停への代理出席だけでなく、申し立て書類を不備なく作成してくれたり、相続人が法的根拠のある主張をできるようなアドバイスをしてくれたりします。その結果として調停員を説得する材料を増やすことができるため、調停を有利に進めやすくなると言われています。

ページ
トップへ