検索結果

検索結果:5件(1件〜5件)

検索条件:JR東海道本線(東京~熱海) / 相続

表示順について>>

種村 求 弁護士

注力分野
相続
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
【初回相談0円】地元は勿論,遠方からでもアクセスしやすい川崎駅前に事務所を構えております。ご相談に応じ複数の弁護士が強みを活かし,安心・信頼・丁寧なリーガルサービスを提供いたします。
<ご相談者様の問題解決に複数の弁護士が業務対応をいたします> 相続問題については「争続」問題ともいわれ,身近な方が亡くなったときにその財産をめぐった争いが繰り広げられることはしばしば。争いになった場合の解決策だけでなく,未然の防止策を提案・実行いたします。当事務所では経験豊富な弁護士が争いにな…

山本 友也 弁護士

注力分野
相続
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
「親身な相談」と「適切な解決」を心がけ、全力で皆様のお悩みを解決できるよう努めております。問題解決に向けて丁寧・親身に対応させて頂きます。個人から企業まで様々なご相談を承っております。
遺言書作成・遺産分割協議・相続放棄・遺留分減殺請求など、相続案件を重点的に取り扱っています。相続は親族間の問題ですから、円満に解決したいものです。しかし相続法には「遺留分」、「特別受益」、「寄与分」といった耳慣れない制度も多く、複雑なものとなっています。そこで親族間で無用な紛争を避け、より良い解決を…

土屋 健志 弁護士

取扱分野
相続
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
<初回相談無料><当日/休日/夜間相談可能> 神奈川県弁護士会所属12人の弁護士が、それぞれの特徴を活かし、ご相談者様の問題解決のため、具体的な解決を親身かつ全力でサポート致します。
「もめない遺産相続のために、生前から対処しておくことが大切です。感情的になり、複雑化する問題だからこそ、迅速に解決していきましょう。」 あなたの財産は、あなたが亡くなった後も希望に沿って使ってもらうことが可能です。 そのためには、法律で定められた方法で「遺言」を作成する必要があります。もめない…
京浜協立法律事務所 〒210-0006 神奈川県川崎市川崎区砂子2-8-1-801
Avatar default

惠崎 和則 弁護士

取扱分野
相続
川崎ふたば法律事務所 〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町3-1 NMF川崎東口ビル11階
Avatar default

田所 美佳 弁護士

取扱分野
相続

神奈川県の平均家計資産額は全国でもトップクラス!

関東地方にある神奈川県は、人口約907万人の都市です。都道府県別GDP(県内総生産)は29兆7570億円にも上り、全国でもトップクラスです。2016年の厚生労働省が発表した賃金構造基本統計調査をもとに神奈川県の年収を算出した結果、神奈川県民の平均年収は544万2800円で全国2位にランキングされています。

全国の1世帯当たりの家計資産の平均は3491万円で、平成21年の調査と比較すると-2.7%の97万円の減少が報告されています。種類別の家計資産では、金融資産や耐久消費財等資産が増加し、宅地資産や住宅資産が減少の傾向にあります。具体的な数値は、宅地資産が1832万円で、家計資産に占める割合は最も多い52.5%を示しています。2番目に多いのが金融資産(貯蓄-負債)の1039 万円で29.8%を占めます。住宅資産産が492万円で14.1%、耐久消費財等資産が128万円で3.7%の比率になっています。ただ、家計資産額が平均を下回っている世帯は6割以上を占めるなど、平均よりも家計資産額が低い世帯が多い結果になっています。

年代別では、家計資産額が高くなるに従って世帯主の年齢が高い世帯が多くなることが統計で示されており、結婚から子育てを経て定年退職に至るまで、住宅の購入や退職金などで家計資産が増えていくことが分かります。全国の都道府県の中で家計資産額が最も多いのは東京都で、神奈川県は東京都に次いで全国2位になっています。平均額は4518万円で全国の平均額を100%とした場合、神奈川県は129.4%と大きく平均額を上回っています。

神奈川県の相続関係の調停件数の推移

2014年の神奈川県の遺産分割調停事件の件数は829件です。東京の1738件・大阪の893件に次いで多い数字であり、神奈川県は全国でも相続問題が起こりやすいエリアであると言えます。2010年の家事事件総数は、神奈川県全体で5万2065件に上っています。神奈川県の自治体が行っている法律相談では、2010年度だけでも3万4473件に及んでいます。その他に弁護士会法律相談センターでの相談は1万6788件、法テラスでの相談は1万2,721件で、自治体が行っている法律相談の方が約5000件ほど多く相談が寄せられていることが分かります。

法律相談の内容で相続関係のものは6780件あり、全体の20.13%を占めています。さらに調査では、2006年度から2010年度までの5年間で、相続関係の相談は18.26%から20.13%へと増えており、今後も増えていくことが予想されています。このように自治体が行っている法律相談は、相続関係の問題に親族に関する相談を加えると、家事事件の相談の約半数を占めることになります。自治体が行う法律相談は、市民にとって最も身近で相談に行きやすい場所であるとともに、家事事件のトラブル解決への期待がますます高まっています。

相続の問題で神奈川県の弁護士に依頼するには?

人が死亡すると、故人が所有していた財産が誰のものになるかという相続問題が発生します。遺言書などがあればそれに従えば良いのですが、多くの場合遺言書がなくて争いになるケースが少なくありません。相続争いは残された財産が多いほど起こりやすいと思われがちですが、裁判所の司法統計によれば、調停が成立するなどして解決した遺産分割事件のうち5千万円を超えるものは全体の20%で、遺産が5千万円以下のケースが80%を占めているという結果が出ています。さらに、遺産が1千万円以下のものが全体の約1/3を占めるなど、基礎控除内の相続争いが非常に多いです。

相続が発生した時に遺言書がない場合は、遺産の行き先について相続権を持つ人たちが話し合う必要があります。相続人同士の話し合いを遺産分割協議と言い、銀行の預金や不動産などの遺産を誰がどのくらいもらうかを決めていきます。ただお金などは分割しやすいですが、土地や建物などは分けにくいことから遺産相続でも特に相談が多くなっています。

まずは弁護士にメールや電話で問い合わせて、今抱えている問題をどのように解決するべきなのか、依頼するとしたらどれくらいの報酬が発生するのか等を相談してみるとよいでしょう。

ページ
トップへ