検索結果

検索結果:0件(0件〜0件)

検索条件:千葉駅 / 労働

表示順について>>

千葉県で活発な産業とは?

千葉県は大都市として発展している一方で、自然豊かな環境が広がっています。「平成28年経済センサス活動調査(速報)」によると、千葉県には約19.8万社の事業所(平成28年6月1日時点)が存在します。特に豊かな自然を生かして「農林漁業」が、大都市の中では非常に多いです。個人経営の事業所を除いて1005社の事業所があり、季節に合った野菜や魚を全国各地へ出荷しています。農業が非常に盛んで、平成27年の農業産出額において全国第4位を獲得しているほどです。全国第1位の日本なし・落花生といった食品も少なくありません。

野菜は産出額が約1750億円で、豚・鶏卵などの畜産業も活発です。漁業はスズキ類が生産量全国第1位を記録し、東京湾と太平洋海域から数多くの魚介類を水揚げしています。農林漁業は収穫量や漁獲量によって収益が決まるため、不安定な一面もありますが現代社会において問題になっている複雑な人間関係に悩むことが少ないです。早朝や深夜に働くことも多く、一般企業の社員とは異なる勤務体制が特徴となります。不規則な生活によってストレスを抱えることが多いので注意が必要です。

京葉工業地域である千葉県は石油化学や鉄鋼を含む、「鉱業」が臨海エリアを中心に展開されています。「製造業」も比較的多く鉱業は62社、製造業は約11,000社となっています。その他に映画館・カラオケボックス・遊園地などが分類される「娯楽業」が豊富です。千葉県には「東京ディズニーランド」もあります。

平成28年に公表された「ワーク・ライフ・バランス取組状況調査(平成27年度版)」の有効回答数1063件の調査結果を見ると、女性に比べて男性の方が正社員として雇用されていることが多いようです。男性は73.1%が正社員ですが、女性は半分の約35%に止まっています。

逆にパート・アルバイトとの割合は女性が58.7%で16.5%の男性より3倍以上多い結果であることが分かります。医療・福祉・金融業では女性を正社員で雇う企業が多く、サービス業や小売業はパートとアルバイトの雇用率が高いです。最近は女性の社会進出が著しいため、企業の多くが女性の働きやすい環境作りに取り組んでいます。

千葉県の「ハラスメント」事情

「ハラスメント」は相手にストレスを与えるような嫌がらせをする行為を指し、実は30種類以上存在します。企業の複雑な人間関係の構築によって生まれた、新たな労働問題の一種です。

最も知名度が高いのは、わいせつな言動や行為で相手を不快にさせる、「セクシャルハラスメント」でしょう。圧倒的に女性被害者が多く、男性の何気ない言葉が女性には大きな負担となることがあります。セクシャルハラスメントを企業に相談したにも関わらず、対策をとって貰えないことは「セカンドハラスメント」と言います。女性は2度被害を受けることになるため、相談された時は調査や対策を実施することが大切です。

男女共に被害者と成り得る「パワーハラスメント」も急激に増加しています。上下関係を利用したハラスメントで、自分よりも立場が上の上司から嫌がらせを受けることを意味します。ミスをした時に叱ることは重要ですが、限度を超えた場合はパワーハラスメントに該当するかもしれません。例えば何度も同じミスを繰り返す社員に対して注意するのは問題ありませんが、ミスをするからと手元にある道具で相手を殴ったらパワーハラスメントの可能性が出てきます。

上司ではなく同僚や部下に嫌がらせを受けている場合は「モラルハラスメント」に分類されます。その他に酒を無理矢理飲ませる「アルコールハラスメント」、リストラ候補の社員に嫌がらせをする「リストラハラスメント」など種類は豊富です。

千葉県ではセクシャルハラスメントやパワーハラスメントに対する相談が、医療・製造業・サービス業で特に多く寄せられています。先程と同じワーク・ライフ・バランスに関する資料に基づくとセクシャルハラスメントの相談があると回答した企業は7.8%、パワーハラスメントは18.2%です。妊娠・結婚をする社員に対して嫌がらせをする「マタニティーハラスメント」も数件ですが、相談事例があります。

千葉県はハラスメントを未然に防ぐための取り組みを実施し、発生した時に相談できる窓口を設けています。ハラスメントに関する研修や講習を行っている企業も多く、働きやすい環境作りにこだわっていると言えるでしょう。

千葉県においてハラスメントや労働問題に困っている人は弁護士へ相談しよう

セクシャルハラスメントやパワーハラスメントの被害に遭った場合、「企業との環境を悪化させたくない」という理由から泣き寝入りする被害者も多いです。しかし、ハラスメントは一種の人格侵害にあたり、正しい手続きをすれば慰謝料を請求できる可能性があります。被害者と加害者だけで交渉を行うとハラスメントの被害者は不利な立場になることが多いので、弁護士へ相談するのが一般的です。

ハラスメントの案件を取り扱っている事務所には、女性の弁護士も数多く在籍しています。特にセクシャルハラスメントは女性被害者が多く、男性に相談することは抵抗感を感じる人が多く見られます。女性同士で話しやすい環境を整えてくれるので、安心して利用できるでしょう。法律事務所は秘密厳守を徹底しているため、要望があれば家族や他の社員へばれないように交渉を行ってくれます。スピーディーに解決することは、早くストレスを除去することにも繋がります。

種類や嫌がらせの度合いによって異なりますが、パワーハラスメントの慰謝料は50〜100万円が相場です。精神疾患を患った、過労死に追い込んだなど被害者に多大なるストレスを与えた場合は高額な慰謝料を請求できることもあります。実際にハラスメントを受けている証拠が必要となるので、写真・音声データなど詳しい内容が分かるものは厳重に保管しておいてください。どのようなハラスメントを受けたかノートに記しておくと、他の人から改ざんされない証拠を作ることができます。基本的に証拠集めや交渉は弁護士が行ってくれるので、被害者は加害者と直接交渉せずに済みます。

ページ
トップへ