検索結果

検索結果:0件(0件〜0件)

検索条件:琵琶湖線 / 労働

表示順について>>

独特のスタイルで成長を続ける京都府の企業

かつて京の都として栄えた京都府は、伝統的な産業が今もなお残されています。友禅染めや西陣織といった着物関係の仕事も多く、他府県に比べて呉服問屋が多いのも特徴的です。京都府の伝統産業には昔ながらの修行形態を残す企業も多く、就職しても厳しい雇用形態で技術を学ぶところから始めるスタイルが今もなお続いています。弟子入り直後にはまともな賃金が支払われないことが多いため、若者が伝統産業で働くことを選ばなくなっています。しかし技術者の高齢化が進み、後継者不足に悩まされていることをも事実です。未来に残せる技術を継承するためには、時代にあった方法で若い世代を受け入れるべきであるという考え方が広まり始めています。

京都府では伝統産業だけでなく、製造業も盛んです。特に日本を代表する大きな企業が目立ちます。最新技術を駆使し海外でも活躍する企業は京都府が発祥の地であり、今でも本社は京都府に置かれています。ノーベル賞を受賞したことで話題となった企業もあり、世界に誇れる技術は、いくつも京都府から発信されているのです。そのため、京都府は能力の高い労働者が集まる町としても評判です。企業同士は、それぞれ独自のスタイルを貫いているため、企業同士が争うことなく共存しているのも、京都府の特徴であるとも言えるでしょう。京都府が製造業の分野で強さを見せるのは、本来の伝統工芸の技術が端を発しているからであり、これまで大切に守ってきたものを未来につなげる姿勢の表れであると言えます。

京都府の労働者の不当な解雇に対する訴訟

京都府は、日本の中でも名門といわれている非常に大きな大学のある街であるため、京都府で働く労働者の中には大学に勤務する人も多くみられます。しかし、大学では非正規雇用が非常に多いのが問題です。2005年には大学側が、非正規雇用の雇用期間の上限を5年とするルールを制定しました。これに反発した非正規雇用者からは訴訟が起こされています。2011年3月31日、京都地裁にて、判決が言い渡されました。結果としては残念なことに全てが棄却されています。この結果は実際に大学院を終了した学生であっても、働き口が見つからずに大学の非正規雇用としてしか採用されない問題をさらに深めてしまいました。博士号を取得した学生が学内における非正規の採用や、非常勤講師といった仕事を掛け持ちをする必要に迫られる社会の仕組みがあることが問題であると言えるでしょう。

さらには市立の病院の院内保育所でも、地方独立法人となったことで、保育園事業が民間に委託され、大幅な給料の値下げが行われました。それに伴い、給料が高いという理由からから、これまで保護者や園児から多くの信頼を得ていたベテランの職員も解雇されたのです。雇用が継続された若い保育士も、今後の採用状況を不安に思い、継続して採用されることを辞退しています。京都市における待機児童ゼロを目指す運動の反面、保育士などの労働者の権利は認めらないことから、元職員たちによって訴訟が起こされました。

公務サービスが民営化されることで、労働者の権利はさらに軽視されがちな状況が増え続けているのです。
労働者の立場が守られることなく、企業から不当な扱いを受けていることも実際に多く見られています。労働者の権利を侵害し、不当に賃金を支払われないこともあるのです。こういった問題は法の力を借りて、正しく解決することが必要です。

京都府の労働問題を解決するためには弁護士選びが大切です。

労働者問題は賃金の値下げや解雇という問題だけではありません。企業の中で差別を受けることや、上司という立場を利用したパワハラ、性的差別であるセクハラといった精神的なストレスを与えられることもあります。精神的なストレスから通院が必要となることや、働けなくなる状態も生み出されます。また、長時間勤務が続くことで病気になることや、過労死につながることも考えられるでしょう。雇い主と正しく向き合うためには、労働者としての権利を知ることが非常に重要です。労働者の権利は正規雇用者だけに与えられるものではありません。派遣や非正規の雇用、パートやアルバイトである場合にも、労働者としての権利は主張できるのです。

労働者の権利を正しく主張し、スムーズな解決を目指すには、労働問題を得意とする弁護士を選ぶ必要があります。弁護士にはそれぞれ得意分野があり、労働問題が得意でない弁護士もいるのです。そういった弁護士に任せてしまうことで、裁判が有利に進められないことや、余分に費用が掛かることも考えられます。安心して任せられる弁護士選びが、裁判に勝つためには非常に重要なのです。京都府では労働問題を得意とした弁護士が何人もいますので、相談してみるのがいいでしょう。自分の相談したい事例と似通った事例を解決した経験のある弁護士であれば、スムーズな問題の解決が期待できます。

日本全国に対応している弁護士よりも地元に密着している弁護士であるほうがいいでしょう。京都府独特のビジネススタイルにも詳しく、より力になってくれます。

ページ
トップへ