検索結果

検索結果:8件(1件〜8件)

検索条件:JR中央・総武線 / 交通事故

表示順について>>

よつば総合法律事務所千葉事務所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1-14-13 千葉大栄ビル7階 平日6:00-22:00  |  土曜6:00-22:00  |  日・祝6:00-22:00
Resized avatar mini magick20190108 10777 1qybe83

村岡 つばさ 弁護士

取扱分野
交通事故
交通事故で千葉県で年間有数のご相談・解決実績・被害者側に特化・交通事故専属チームで解決・お客様の声100件超HPに掲載・わかりやすい費用体系・千葉市,柏市に事務所あり,などの特徴があります。
よつば総合法律事務所千葉事務所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1-14-13 千葉大栄ビル7階 平日6:00-22:00  |  土曜6:00-22:00  |  日・祝6:00-22:00
Resized avatar mini magick20170412 20323 1k6zv25

前原 彩 弁護士

取扱分野
交通事故
交通事故で千葉県で年間有数のご相談・解決実績・被害者側に特化・交通事故専属チームで解決・お客様の声100件超HPに掲載・わかりやすい費用体系・千葉市,柏市に事務所あり,などの特徴があります。
よつば総合法律事務所千葉事務所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1-14-13 千葉大栄ビル7階 平日6:00-22:00  |  土曜6:00-22:00  |  日・祝6:00-22:00
Resized avatar mini magick20170412 415 18jpbsy

今村 公治 弁護士

取扱分野
交通事故
交通事故で千葉県で年間有数のご相談・解決実績・被害者側に特化・交通事故専属チームで解決・お客様の声100件超HPに掲載・わかりやすい費用体系・千葉市,柏市に事務所あり,などの特徴があります。
よつば総合法律事務所千葉事務所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1-14-13 千葉大栄ビル7階 平日6:00-22:00  |  土曜6:00-22:00  |  日・祝6:00-22:00
Resized avatar mini magick20170412 20330 14x5rup

粟津 正博 弁護士

取扱分野
交通事故
交通事故で千葉県で年間有数のご相談・解決実績・被害者側に特化・交通事故専属チームで解決・お客様の声100件超HPに掲載・わかりやすい費用体系・千葉市,柏市に事務所あり,などの特徴があります。
よつば総合法律事務所千葉事務所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1-14-13 千葉大栄ビル7階 平日6:00-22:00  |  土曜6:00-22:00  |  日・祝6:00-22:00
Resized avatar mini magick20170412 423 1ccafyi

根來 真一郎 弁護士

取扱分野
交通事故
交通事故で千葉県で年間有数のご相談・解決実績・被害者側に特化・交通事故専属チームで解決・お客様の声100件超HPに掲載・わかりやすい費用体系・千葉市,柏市に事務所あり,などの特徴があります。
よつば総合法律事務所千葉事務所 〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1-14-13 千葉大栄ビル7階 平日6:00-22:00  |  土曜6:00-22:00  |  日・祝6:00-22:00
Resized avatar mini magick20180118 7471 1awamcb

松本 達也 弁護士

取扱分野
交通事故
交通事故で千葉県で年間有数のご相談・解決実績・被害者側に特化・交通事故専属チームで解決・お客様の声100件超HPに掲載・わかりやすい費用体系・千葉市,柏市に事務所あり,などの特徴があります。
県民合同法律会計事務所 〒260-0014 千葉県千葉市中央区本千葉町1-1 日土地千葉中央ビル9階
Resized avatar mini magick20180918 22914 18uqvez

大槻 厚志 弁護士

取扱分野
交通事故
交通事故に関し、様々な事件を手がけて参りました。  まずは、ご予約のうえ、ご相談にいらして下さい。
弁護士法人とびら法律事務所 〒260-0028 千葉県千葉市中央区新町3-7 高山ビル7階
Avatar default

村上 真奈 弁護士

取扱分野
交通事故

平成28年の統計から学ぶ!千葉県で発生している交通事故の特徴について

千葉県で平成28年に発生した交通事故は18,022件です。これは千葉県警察が発表している統計資料に基づいています。死者数は185人、負傷者数は22,396人を記録しています。平成27年と比較すると発生件数は628件、負傷者数は866人でそれぞれ平成28年の方が減少しています。死者数は平成27年より5人増加という結果です。平成16年は38,251件の交通事故が発生していましたが、警察官と県民の努力の甲斐あって着実に交通事故の発生を抑えています。

千葉県内では減少傾向にあるものの、全国的に見て死者数の多い都道府県です。平成28年は死者数212人の愛知県に次いでワースト2位、3位の大阪府とは24人の差があります。千葉県が調査した人口統計で約96.4万人が暮らしている、千葉市で交通事故の発生率が高いです。16人以上の死者を出しているのは千葉市だけで、11〜15人の死者を記録しているのは市原市・船橋市・松戸市となっています。

いずれも人口の多い地域で、千葉県や市原市と隣接している八街市や長柄町では交通事故が少ない傾向にあります。全体的に1〜7人の死者を出しているため、常に安全な運転をすることが大切です。発展している地域は交通量が多いので交通事故の発生件数が多くなっていますが、田舎は交通量が少ないからとスピード違反や歩行者に気付かず前方不注意となるケースが多く見られます。それぞれ注意しなければならないことがあるため、油断は禁物です。

千葉県の交通事故の注意点!高齢者事故とシートベルト非着用が多い

千葉県で発生している交通事故の特徴を見ると、気を付けなければならないことが分かります。平成28年に交通事故で亡くなった185人の内、65歳以上の高齢者が99人で全体の53.5%を占めています。50〜64歳で事故に遭っている人も34人と高い数値で、歩行中の死者が非常に多いです。特に夜間横断中の事故が目立つため、千葉県警察は「3(サン)・ライト運動」を実施しています。3・ライト運動は「ライト(前照灯)」「ライト・アップ(目立つ)」「ライト(右)」と3種類のライトを掲げ、県民に注意を呼び掛けるものです。運転手には早めにライトを点灯して右からの横断者に注意するように呼び掛け、歩行者や自転車走行者に対しては反射材やLEDライトの装着を促しています。

また、シートベルト非着用によって全体の36.7%にあたる18人が亡くなっています。交通事故は誰にでも起こり得る可能性があり、いつ交通事故に遭うか予測することは不可能です。日頃からシートベルトを着用することが、結果的に交通事故へ巻き込まれた時に自分の身を守る対策となります。シートベルトによって体が固定されれば車外へ飛び出すことを回避できるかもしれません。交通事故の衝撃で車外へ放り出されると頭部を激しく打つ、他の車に轢かれるなどの危険性があります。運転手だけではなく同乗者も、必ずシートベルトを着用してください。

弁護士特約を使うコツ!千葉県で交通事故に遭った場合は、弁護士に相談して弁護士特約を利用できるか確認しよう

自動車保険に付帯できる「弁護士特約」は、保険会社が限度額300万円程度まで弁護士費用を負担してくれる契約です。交通事故に遭った場合は加害者と示談交渉や損害賠償請求を行うため、法律業務に詳しい弁護士へ相談する必要があります。数十万円程度の弁護士費用を支払うのは被害者にとって非常に負担が大きくなりますが、弁護士特約を利用すれば出費を抑えられるのがメリットです。優れたサービスが高く評価されて、保険会社によっては加入率が7割を超えている所もあります。

弁護士特約にはいくつかの条件が設けられているため、条件に該当する交通事故でのみ利用可能です。利用できるか分からない時は弁護士へ相談した方が良いでしょう。保険会社にとって弁護士特約は負担が増大する契約で、弁護士特約の利用を進めてくれないケースもあります。弁護士は保険会社から報酬を受け取るので、結果的に得られる利益は変わりません。そのため弁護士特約を使いたい時は保険会社よりも、弁護士へ相談するのが得策です。保険会社と交渉するのが難しい場合は弁護士に行って貰えば、比較的トラブルなく弁護士特約を利用できます。

弁護士特約を利用することを伝えると共に、事故報告・委任契約の通知を保険会社に対して行う必要があります。事故発生状況報告書に事故が発生した日時・場所・加害者の情報などを記入して、提出するのが一般的です。弁護士が保険会社へ委任状を送ってくれるケースが多いので、提出を求められた場合は弁護士へ伝えてください。

千葉県で交通事故に強い法律事務所を探す方法!

交通事故に巻き込まれた場合、どの法律事務所を選ぶかによって被害者の受け取れる金額が大きく変動します。なぜなら加害者との交渉で示談金や損害賠償金が決定するからです。示談交渉は裁判所という第三者を設けず、被害者と加害者で直接話し合って金銭によって事件を終結させる方法となります。死亡事故など重大な交通事故が発生した場合は刑事事件として裁判所で審議が行われ、損害賠償金が決まります。裁判所での手続きは弁護士のような専門家の力が必要です。弁護士は被害者に代わって答弁を行うため、信頼できる弁護士を選ぶ必要があります。

ページ
トップへ