検索結果

検索結果:3件(1件〜3件)

検索条件:JR東海道本線(東京~熱海) / 交通事故

表示順について>>

山本 友也 弁護士

注力分野
交通事故
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
「親身な相談」と「適切な解決」を心がけ、全力で皆様のお悩みを解決できるよう努めております。問題解決に向けて丁寧・親身に対応させて頂きます。個人から企業まで様々なご相談を承っております。
交通事故の被害者になった場合、多くの場合相手方の損害保険会社の担当者と示談交渉をすることになります。しかし、保険会社は、被害者の方がご自身で請求される場合と、弁護士を付けられた場合で、異なる基準を用いて対応し、弁護士を付けないと低い金額の提示をしてくるのが実情です。保険会社の提示に、少しでも疑問を感…

種村 求 弁護士

注力分野
交通事故
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
【初回相談0円】地元は勿論,遠方からでもアクセスしやすい川崎駅前に事務所を構えております。ご相談に応じ複数の弁護士が強みを活かし,安心・信頼・丁寧なリーガルサービスを提供いたします。
<交通事故の解決実績多数あります,問題解決に向けて複数の弁護士が一丸となって解決を目指します> 交通事故は人生の大事件です。だからこそ,保険会社のいいなりになるのではなく,しっかりとした保障を勝ち取る必要があります。弁護士に依頼して頂き,適切な賠償金を獲得した実績が多数あります。交通事故の被害…
弁護士法人エースパートナー法律事務所 〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町5-3 ホンマビル7階 平日9:00-18:00
Resized avatar mini magick20180328 12451 cie3ne

阿野 順一 弁護士

取扱分野
交通事故


数字から見る神奈川県で起こっている交通事故の特徴について

「都道府県別交通事故死者数ワースト順位」で平成28年は10位に入っているほど、神奈川県は交通事故の多い都道府県です。神奈川県警察「交通事故発生状況(平成28年)」によれば交通事故が27091件発生し、平成27年よりも1222件減少しています。死者数も38人減少して140件に止まり、負傷者数は1468人減って32305人です。死者数の推移を見ると平成19年は237人、平成20年は189人、平成21年は176人というように年によって死者数が変動しやすい地域と言えるでしょう。過去10年の死者数平均は191人です。平成28年は平均を大きく下回る結果となりました。

死者数10人以上の地域は横須賀市だけです。横浜市と川崎市はいくつかの区に分かれ、市の合計では死者数が多くなっていますが区単独なら死者数10人を超えていません。横須賀市は市単独で発生件数1284件、死者数10人、負傷者数1528人を出しています。非常に発展した土地でありながら、人口減少という大きな問題を抱えています。人口減少によって高齢化が急速に進んでいるのが現状です。高齢者による交通事故が多発しているため、人口減少は交通事故の増加にも繋がっていると考えることができます。神奈川県全体で高齢者の死者は54人で、38.6%を占めています。

全国的にも高齢者による交通事故が増えて社会問題となっているので、「臨時認知機能検査・臨時高齢者講習」が新設されました。これは通常3年に1度の講習を受ければ免許更新ができますが、高齢者は一定の違反を犯した場合は3年を待たずに臨時認知機能検査を受けるという制度です。事故を未然に防ぐことができ、検査で運転機能に問題があると判断されれば免許証の自主返納が推奨されています。高齢者が自主返納しても交通手段に困らないように、さまざまな対策が実施されているので1度検討してみると良いかもしれません。

また、12月に交通事故の発生件数が多いという調査結果もあります。12月はクリスマス・大晦日といったイベントが豊富で、新年を迎えるための準備を行う忙しい時期です。イベントで気分が舞い上がると、思わぬ事故を引き起こすのでくれぐれも注意してください。交差点や単路での事故が多く、特に車両同士の追突事故が相次いでいます。忙しい時期でも運転中は気を引き締め、しっかりとブレーキを踏むことが大切です。

事故の種類別で特徴を探る!神奈川県ではどのような事故が起こっているのか?

二輪車・自転車・歩行者によって、巻き込まれやすい交通事故の内容が異なります。特に神奈川県では二輪車事故が多く、全死者数の36.4%を二輪車事故が占めています。平成28年には7492件の二輪車事故が発生し、51人が亡くなっているという結果です。20~22時・0~2時の夜間帯に死者数が多い傾向にあるため、反射材を身に付けるなど工夫して車に自分の存在を知らせる必要があります。

自転車は5888件の事故が発生していますが、死者数は16人と比較的少ないです。二輪車の方が車と近距離で接する機会が多く、自転車は安全な運転をしていれば車との事故に巻き込まれにくい特徴があります。しかし、出合い頭の事故は多発しているので油断は禁物です。8~10時の通勤・通学時間帯に発生する確率が高くなっています。急いでいる時間帯であっても、周囲を確認してから右折・左折することが重要です。
歩行者の交通事故は平成28年に4717件、死者39人が出ています。二輪車や自転車と比べると違反をしていないにも関わらず、交通事故に巻き込まれるケースが多く見られます。車から歩行者が見えづらくなる18~20時に死者が最も多いです。信号が青になった時でも左右を確認してから渡るなど、細心の注意を払った方が良いでしょう。横断歩道以外で横断する、信号無視といったルール違反によって交通事故に遭っている人もいます。特に子供や高齢者が歩行中の事故に遭って亡くなるケースが多いので、注意してください。

神奈川県では「飲酒運転」や「若年運転者」によって発生する交通事故が多いことも特徴の1つです。飲酒運転は135件発生し、死者7人と負傷者182人を記録しています。新年会や送別会の多い1月と3月に発生件数が最も高く、飲み会から帰宅する22~4時に交通事故が発生しやすいです。正面衝突・追突など車両相互の交通事故も多くなっていますが、車両単独が全体の4割以上を占めています。車両単独で死亡事故になっているケースもあるため、飲酒したら車を運転しないことが非常に重要です。自分が危険な状態になるだけではなく、交通事故によって他人を巻き込んで加害者になる恐れもあります。

神奈川県では原付以上の運転者が起こした平成28年死亡事故の内、15.6%が25歳未満の若年運転者でした。その中でも免許取得から1年未満の初心運転者による死亡事故が目立ち、42.1%を占めています。正面衝突や車両単独事故が多く、最高速度違反・信号無視などの違反を犯していることが大きな原因として挙げられます。運転に慣れている人でも交通事故を起こすことがあるため、運転の経験が浅い若年運転者や初心運転者は他の人以上に注意が必要です。

神奈川県で交通事故に巻き込まれたら『弁護士特約』を使ってください

交通事故に巻き込まれた時はほとんどの人が弁護士を雇いますが、弁護士に支払う報酬を用意しなければなりません。着手金や成功報酬は事務所によって金額が異なりますが、最低でも数万円程度はかかるでしょう。少額の慰謝料であれば弁護士に支払う報酬の方が高くなるケースもあります。交通事故に遭った上に受け取った慰謝料を全て弁護士に支払ってしまうのは非常に損です。

被害者に不利益な状況を解決するために「弁護士特約」が設けられています。弁護士特約を利用すれば交通事故で弁護士を雇った際の弁護士費用を、自動車保険会社に支払って貰えます。限度額が300万円に設定されているため、一部の例外を除いて被害者は無料で弁護士へ相談することが可能です。慰謝料を自分の手元に残すことができ、得られる利益が多くなります。

被害者に過失がある、または少額の物損事故でも利用できるためメリットが非常に豊富です。加入率が7割を超えている保険会社はあるものの、弁護士特約について知らない人が多くなっています。そのため全体的な加入率は約3割です。弁護士特約を利用する際の手続きは弁護士と保険会社が行ってくれるので、被害者の負担はほとんどないと言っても過言ではありません。ただし、保険料は多少高くなる点に注意してください。多くの保険会社で自動車保険に加入する時、弁護士特約を付けるかが問われます。自動的に付帯するものではないので、保険会社に問い合わせて確認するのが得策です。

早く・簡単に弁護士事務所を見つける!神奈川県で信頼できる弁護士事務所の探し方

弁護士事務所を探す際、多くの人がインターネットを利用するでしょう。信頼できる弁護士事務所を探す際、チェックするのは主に2つのポイントです。

「着手金2万円」「相談料無料」というように、分かりやすい料金体制が1つ目のポイントとなります。「着手金2万円~」と確定されていない料金は、依頼した時に高額な費用を請求される恐れがあります。事務所へ問い合わせて事前見積もりを行えば、依頼する前に料金を把握することが可能です。

2つ目は事務所がどの分野を専門に取り扱っているかという、得意分野です。法律業務には交通事故・刑事事件・離婚訴訟など、数多くの分野が存在します。得意分野が非常に多い所より、交通事故を専門に取り扱っている事務所の方が信頼性は高いです。交通事故に関する豊富な知識を持っているため、さまざまなケースを想定して対応してくれます。

この2つのポイントをチェックしながら自分に合った、信頼性の高い事務所を探してください。


ページ
トップへ