検索結果

検索結果:4件(1件〜4件)

検索条件:京都線 / 交通事故

表示順について>>

有賀 祐一 弁護士

注力分野
交通事故
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
【初回相談無料】大阪市・大阪府内での弁護士への法律相談ならお任せください!
【よくあるご相談内容】 ・保険会社から提示された示談金額が正しいのか判断できない ・まだ通院中なのに、治療費の支払いを打ち切ると言われた ・自分は悪くないのに、過失があるとされてしまった ・自営業を休業した際の補償金額(休業損害)が低すぎる ・交通事故で負った怪我なのに、事故…

浅井 健太 弁護士

取扱分野
交通事故
  • Icon 3分割払いあり
  • Icon 3女性スタッフ在籍
だいち法律事務所 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-11-22 阪神神明ビル601 平日9:30-21:00  |  土曜9:30-20:00  |  日・祝9:30-20:00
Resized avatar mini magick20170620 17720 ajnlbx

藤本 一郎 弁護士

取扱分野
交通事故
交通事故の被害者は、加害者の刑事事件、怪我の治療、後遺障害の認定、損害賠償請求(示談・裁判)など、多くの場面で対応を求められます。しかし被害者は、初めて事故に遭った場合が多く、適切な対処方法が分からなかったり、怪我の治療や生活の維持のため冷静に対処できなくなることもあります。 当事務所では、事故直…
大阪バディ法律事務所 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-5-8 千代田ビル西別館8階F号 平日10:00-21:00
Resized avatar           1

藤井 啓太 弁護士

取扱分野
交通事故

大阪府を徹底分析!発生しやすい交通事故の特徴とは?

大阪府警察の調査によると平成28年に大阪府で起きた人身交通事故は37,920件で、その内161人の死者が出ています。負傷者45,460人、その中で重傷者は2,937人です。平成27年は40,607件の交通事故が発生して死者は196人、負傷者は48,481人でした。交通事故の発生件数・死者・負傷者は減っていますが、重傷者は増えているという結果になっています。

近畿地方と平成27年の交通事故状況を比較すると兵庫県は発生件数28542件、京都府は9,328件です。大阪府は非常に交通事故が多い地域で、近畿地方で最も交通事故が少ない和歌山県では発生件数が3,498件を記録しています。つまり、大阪府では和歌山県の10倍以上交通事故が発生していることになります。

交通事故について詳しく見ていくと、自動車よりも歩行者や二輪車で事故に遭った人が死亡する確率が高いです。自動車は事故に遭った際、シートベルトによって車外に飛び出ない可能性があります。しかし、歩行者や二輪車は自分の身を守るものがないので体に大きな負担を与えてしまいます。歩行者や二輪車は周囲に気を付けながら通行することが大切です。自動車は自分が怪我程度で済むケースも見られますが、加害者となってしまう恐れがあるためルールを守って運転する必要があります。特に高齢者による交通事故が多発しているので、自分の運転能力を見極めて交通事故を未然に防ぎましょう。

大阪府の交通事故の特徴として、昼間と夜間で発生件数がほぼ同じであることが挙げられます。夜間は視界が悪く、「交通事故が発生しやすい」と注意している運転手が比較的多いです。しかし、昼間は視界が良好であることから油断してスピード違反・信号無視といった法令違反を犯している人が増加しています。時間を問わず、交通事故を起こさないように心掛けることが無事故無違反に繋がります。交通量が多い交差点、車同士がすれ違う右折時の発生率が高いので注意が必要です。

大阪府の注意が必要な交通事故!飲酒運転・子供関連事故

先程述べたように法令違反によって交通事故となるケースが多くなっていますが、特に大阪府で問題視されているのは「飲酒運転」です。飲酒運転は死亡事故に繋がることがあるため、注意しましょう。平成29年5月末の時点で飲酒運転による交通事故は89件発生し、その中で7人の死者が出ています。事故にはなっていないものの、飲酒運転取締件数だけを見ると、526件にも及びます。

少量のお酒を飲んだだけでも、自分では気づかないうちに注意力が低下しているものです。酒酔い運転は5年以下の懲役か100万円以下の罰金、酒気帯び運転は3年以下の懲役か50万円以下の罰金が科せられます。人身事故が発生した場合は、さらに重い処分です。お酒を飲んでいることを知っているにも関わらず、車を運転させた場合は同乗者にも罰則があります。自動車でお酒のある飲食店へ行く場合は、「ハンドルキーパー」を決めることが大切です。ハンドルキーパーはお酒を飲まずに帰りの運転をする人を指します。また、運転代行業というサービスが展開されているので、適宜利用しましょう。お酒を取り扱っている店舗側も、近隣の運転代行業者を把握しておくと事故を未然に防ぐことができます。

飲酒運転と同じように問題視されているのは「子供の自転車関連事故」です。大阪府警察「過去3年(平成26~28年)子供の自転車関連事故の内訳」から事故の約7割が、出合い頭に発生していることが分かります。その他には左折時や右折時に発生することが多いです。通学路など子供の通行量が多い道では、いつも以上に周囲へ注意を払って運転した方が良いかもしれません。自転車走行中は友人との話に夢中になり過ぎない、大きく広がって走行しないといった子供達側の対策も心掛けてください。子供と大人の両者が注意することで、交通事故の防止対策と成り得ます。

交通事故の多い大阪府では加入しておくと便利⁉意外と知らない弁護士費用特約への加入率とは?

自動車保険で不随して加入できる「弁護士費用特約」は交通事故に遭った際、さまざまな費用を保険会社が負担してくれる制度を指します。加害者に対して損害賠償請求を行う場合、弁護士を雇う費用が必要です。弁護士に依頼すると多額の費用がかかるため事故に巻き込まれた挙句、費用の返済に困ってしまうと被害者にとって大きな負担となります。被害者の不安を解消し、出費を抑えるために設けられているのが弁護士費用特約です。自動車保険だけではなく、火災保険などでも適用されています。

弁護士費用特約は保険加入時にオプションとして付帯させるかを、加入者本人が決めるケースが多いです。加入率は保険会社によって異なりますが、約7割の人が弁護士費用特約に加入しています。一定の条件を満たせば弁護士費用特約が適用されて、弁護士費用300万円まで負担して貰うことが可能です。加入率は比較的高いものの、実は使用率が低いという事実があります。使用率の低い理由として、そもそも弁護士費用特約を知らない人が多いことが挙げられます。弁護士費用特約を利用すれば300万円程度費用を負担して貰うことができ、少額訴訟ならほとんど費用をかけずに弁護士へ相談できるかもしれません。保険会社に問い合わせれば弁護士費用特約へ加入しているか、または加入できるかを確認できるので是非尋ねてみてください。大阪府は交通事故が非常に多く、万が一のために備えておくと便利です。

大阪府で交通事故の相談をするなら弁護士へ!

大阪府で交通事故に巻き込まれた場合、弁護士へ相談した方が良いでしょう。刑事事件において加害者と被害者の間に立って交渉ができるのは、弁護士だけです。保険会社へ相談することを考える人もいますが、保険会社は費用の負担を軽減するのが主な役割で交渉術はありません。弁護士は依頼者のことを1番に考えて、正しい損害賠償金を請求してくれます。先程説明した弁護士費用特約に加入していれば、費用をかけずに弁護士へ依頼することができます。

弁護士へ依頼する時に重要なポイントは、交通事故に強い法律事務所を探すことです。交通事故を得意分野にしている弁護士に依頼した方が実力があり、満足のいく金額をスピーディーに交渉して貰えます。

ページ
トップへ