弁護士コラム

病気欠勤による損害賠償を請求された場合

[投稿日] 2017年11月07日 [最終更新日] 2017年11月07日
前日に風邪を引いてアルバイトを休みたいと連絡を入れたら、店長から病気欠勤による損害賠償を請求すると言われた場合、これに応じなければならないのでしょうか。
アルバイトでも労働契約は成立しており、風邪を引いて欠勤したとしても労働契約に基づく労務の提供をしなかったので、契約違反による損害賠償責任が発生することがあります。
しかし、アルバイトの職務内容が代替性のあるものであり、他のアルバイトに交代することで足りる、また人員が少なかったとしても他のアルバイトがフォローしたということであれば、会社に損害が生じたとは認められません。特に前日に病気欠勤の連絡をしているので、他のアルバイトとの交代が可能であれば、会社に損害が生じたとはいえないでしょう。
これに対し、職務内容が他のアルバイトや正社員が交代できるものではなく、病気欠勤により会社の事業に支障を来し、売上の減少など具体的な損害が生じたということであれば、損害賠償責任が発生することがあります。
ただし、会社が損害の発生と損害額を証明しなければならないので、その証明もないのに、店長から「病気欠勤による損害賠償を請求する」と言われても応じる必要はありません。

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。

労働に強い弁護士

【心理カウンセラー資格取得】あなたの気持ちに寄り添う弁護士です。元営業マンで、聞き上手な弁護士が、最良の解決を...

【初回相談無料】【24時間予約受付】依頼者が諦めない限り絶対に諦めず、必ず守ります。可能な限りいつでも、どこで...

【不当解雇・雇止め・内定取消し又は債務整理の初回相談45分まで無料】労働事件・債務整理・マンションの法律問題に...

【初回法律相談無料】常にご依頼者様の立場で考え、最善の解決に向けて一緒に粘り強く取り組みます。一人で悩まずどん...

【JR関内駅より3分】【みなとみらい線日本大通り駅より5分】迅速かつ透明性のある サービスの提供を致しますので...

【初回法律相談30分無料】しっかりとお話を伺い,適切な解決策をご案内します。

ページ
トップへ