弁護士コラム

休暇の不正取得は懲戒になるか?

[投稿日] 2018年02月26日 [最終更新日] 2018年02月26日
介護休暇を多めに取っていたことが発覚し、会社から懲戒をするとか、正社員から契約社員に変更するとか言われたら、従わなければならないのでしょうか。
老親の介護で就業が困難なわけでもないのに、介護休暇を取得していたのでしたら、不正取得に当たり、職場秩序を乱したといえ、しかも有給の休暇でしたら会社に損害を与えたことになるので、懲戒処分の対象となります。
不正取得を繰り返して、現実に職場秩序が乱れたのでしたら、懲戒処分もやむを得ないですが、そこまではいかず、まじめに勤務しており、過去に懲戒処分を受けたことがないのであれば、今後繰り返したら懲戒処分にするとの警告をした上で今回に限り厳重注意にとどめることが考えられます。
会社が懲戒手続に入るときは、弁明の機会を与えることを求めた方がいいでしょう。
また、正社員から契約社員に変更することは、労働契約の変更になりますから、労働者の同意がない限りできませんので、会社の意向に応じる必要はありません。
 
つまこい法律事務所 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-16-9 ICOPビル7階 [現在営業中] 平日9:00-18:30
Resized avatar avatar lawyerprofile 25501 1480468117

佐久間 大輔 弁護士

取扱分野
労働 企業法務 不動産・建築

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。