弁護士コラム

子会社に転籍したら手当が支給されなくなった

[投稿日] 2018年02月26日 [最終更新日] 2018年02月26日
100%子会社に転籍する際、「労働条件は変更しない」と言われ、転籍同意書に署名押印したのに、転籍したら親会社では出ていた住宅手当や家族手当が説明もなしに支給されなくなった場合、手当の支払いを求めることはできるでしょうか。
転籍同意書に「労働条件は変更しない」と記載されており、子会社でも親会社と同様の労働契約が締結されたのであれば、住宅手当や家族手当の支給も労働条件となっていますので、労働者の同意なく、子会社が一方的に不支給とすることはできません。
親会社の就業規則と同様の労働契約が締結されたのであれば、子会社において新たな就業規則の制定により労働条件を変更する場合、労働者の同意が必要となるのが原則です。子会社が一方的に就業規則を作成したとしても、それが周知されず、内容に合理性がないのであれば、労働者を拘束することはありません。
労働条件と認められるのに従前の手当が支給されないのであれば、労働審判や訴訟を申し立てることができますので、弁護士にご相談ください。
 
つまこい法律事務所 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-16-9 ICOPビル7階 [現在営業中] 平日9:00-18:30
Resized avatar avatar lawyerprofile 25501 1480468117

佐久間 大輔 弁護士

取扱分野
労働 企業法務 不動産・建築

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。