検索結果

電話で相談・問い合わせ(無料)が可能

検索結果:12件(1件〜12件)

検索条件:東京都中央区 / 労働

表示順について>>

  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
人生で初めての事態に直面し、精神的に不安定になる方も不安やご心配が和らぐようじっくりお話を伺うため、ご相談時間に制限は設けておりません。また、英語はネイティブレベルなので、英語相談も可能です。
<労務案件が7割を占め、企業側・労働者側両方からご依頼があるため、労務案件の解決に精通しております。また、英語はネイティブレベルで同時通訳も可能です。> ■重点取扱分野 ●労働者側の労働案件 解雇・雇い止め・派遣切り、内定取り消し、残業代その他賃金不払い、セクハラ、パワハラ、労災、…

渡邉 祐介 弁護士

注力分野
労働
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
【ご相談者様の「心」を一番大切にします】 ご相談者様のために何が出来るかを徹底的に考え、丁寧に対話を重ねながら、最良の解決を目指します。
<使用者側・労働者側どちらのご相談にも対応可能です!> 労働問題では、「労働者側のみ」「使用者側のみ」というようなイデオロギー的な立場に基づいて活動される弁護士も多いですが、「守るべきは社会的弱者で大企業は悪」というものでもなく、かならずしも、どちらが正しいというものではありません。目の前のお…

高下 謹壱 弁護士

取扱分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
【初回相談30分無料】【土日祝日・早朝夜間相談可能】企業法務から個人案件、男女問題まで、心優しきサムライとして、相談者を護り、共に闘う弁護士です。
<顧問企業150社以上。労働法分野の第一人者の事務所で7年の経験があり、「人事、労務問題、労働組合」に関係する解決実績豊富です。使用者、労働者側、双方に対応です> 日本の人事、労働法分野の第一人者と称される高井伸夫弁護士の下で7年間、修練し、労働問題、企業法務に注力した法律事務所として、銀座に…

成田 翼 弁護士

取扱分野
労働
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 3女性スタッフ在籍
【来所相談無料】【全国対応可能】常に視野を広く持ち、ご相談者様が本当に抱えている問題を最良の形で解決できるよう尽力致します。
<過払い金、借金減額については、一人で悩まず、ご相談ください> 借金問題の最適な解決方法は、その方の借入金額や資産状況などによって異なります。また、ご家族や勤務先などに影響が出てしまいやすい問題でもあるため適切で迅速な対応が求められます。私は最良の解決を目指すため、まずはご相談者様との対話を徹…

清水 卓 弁護士

取扱分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
【銀座駅徒歩5分】依頼者の方々が直面している1つ1つの事件について、皆様の声に真執に耳を傾け、ご相談者・ご依頼者の方々の意向を踏まえた迅速・妥当・丁寧な事件解決を心掛けております。
<従業員トラブル・問題社員対応・訴訟・労務審判など。経営者様や法務部・総務部の担当者様向けにご支援させて頂きます> 依頼者と信頼関係をしっかりと構築し、悩みや痛みに真摯に耳を傾ける事を心がけております。いくつもの労働事案の解決を手掛けてきた当事務所の弁護士が、<迅速>かつ<丁寧>に、ベストな解…
青山第一法律事務所 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-1-3 安和宝町ビル504 平日9:00-20:00  |  土曜9:00-20:00
Resized avatar mini magick20190805 22974 1yay782

青山 知史 弁護士

取扱分野
労働
会社側で労働事件を扱うことが多いことから、 個人の方の労働事件のご相談やご依頼もよく受けております。 解雇や残業代、懲戒処分、労災などの交渉や訴訟、 労働審判をよく扱っております。 紙面にて、経営者向けのコラムなども執筆しております。
日本橋法律会計事務所 〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町7-14 岡島ビル8階 平日9:00-18:00
Resized avatar mini magick20180425 26223 19nxd32

水上 卓 弁護士

取扱分野
労働
日本橋法律特許事務所 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル [現在営業中] 平日8:00-24:00  |  土曜8:00-24:00  |  日・祝8:00-24:00
Resized avatar mini magick20191202 32498 9wmes

中山 泰章 弁護士

取扱分野
労働
■重点取扱案件 未払賃金(残業手当を含む。)請求/解雇無効/懲戒処分無効/解雇予告手当請求/雇止め/合意退職/直接雇用確認請求/就業規則の不利益変更/出向・配転命令無効/パワハラ・セクハラ/メンタルヘルス/労働組合対応 ■よくいただくご相談 ・退社した社員から不当解雇だと主張されている。 …
日本橋浜町法律事務所 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2-20-6 花岡ビル10階 平日9:00-19:00
Resized avatar mini magick20200410 4842 sof1n6

奥村 剛 弁護士

取扱分野
労働
銀座OHK法律事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5階 [現在営業中] 平日0:00-24:00  |  土曜0:00-24:00  |  日・祝0:00-24:00
Resized avatar mini magick20190331 31230 6yp0d9

來住 崇右 弁護士

取扱分野
労働
メールでの無料相談・お見積りもOKです。 お気軽にご連絡ください。 事務所ホームページ(https://www.bengoshi-kishi.jp)もぜひご覧ください。
矢作・市村法律事務所 〒104-0045 東京都中央区築地2-4-3 東銀座富岡ビル3階
Avatar default

矢作 和彦 弁護士

取扱分野
労働
越川総合法律事務所 〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町8-2 BIZMARKS日本橋茅場町4F [現在営業中] 平日7:00-22:00  |  土曜7:00-22:00  |  日・祝7:00-22:00
Resized avatar default

越川 要 弁護士

取扱分野
労働

人口が少ない街?中央区はファッション・水産業・金融の中心地です

中央区は平成29年1月1日時点で人口が約15万人と、東京都23区の中では千代田区に次いで2番目に少ない結果です。一時期は大幅に人口が減少していましたが、マンション開発が進んで近年は増加しつつあります。区民の9割以上はマンション暮らしで、15階以上に住んでいる人は約10%です。高層階暮らしの割合は23区内でトップに位置しています。人口が少ないのでスーパーが数えられるほどしかありません。そのため小売業が比較的少ないものの、銀座では衣服を取り扱う店舗が多く見られます。また、水産業で有名な築地市場には卸売業者がいるので、「平成26年経済センサス基礎調査」では卸売業・小売業の事業所が11271社を記録しています。スーパーが少ない地域ですが、アパレル店や水産業の卸売業者によって事業所数はそれほど少なくなっていません。銀座にはおしゃれなカフェ、築地市場には海鮮料理を提供する店舗が多いので宿泊業・飲食サービス業も5720社で多い傾向にあります。

アパレル店の勤務体制は店舗によって大きく異なりますが、時間外労働は比較的少ないです。店舗閉店後は売上集計・片付けなど簡単な作業が多いため、速やかに帰ることができます。しかし、人材不足が懸念されている業種なので休日が少ない企業もあるようです。

平成29年4月1日の時点で築地市場の卸売業者は10社、仲卸業者は645社となっています。早朝から仕事を始めて午前中に業務が終わる人もいるため、アパレル店や後に説明する文化施設の従業員とは全く違う生活サイクルと言えるでしょう。会社のように複雑な人間関係がなく、労働問題に巻き込まれにくいです。しかし、漁獲量によって利益が変動するので不安定な職種という一面もあります。

歌舞伎座をはじめとする文化施設が多いことも中央区の特徴です。劇場・映画館などの文化施設で働く従業員は夜遅くまで勤務することが多くなっています。映画館は深夜に上映を開始することもあるほどです。公演や上映終了後はお客様の誘導・片付けといった業務があるため、帰宅時間が日をまたぐこともあるでしょう。過酷な勤務となりやすいので注意してください。

兜町には東京証券取引所があり、中央区は金融の中心地としても活躍しています。金融業や保険業は1312社です。就業時間が決まっているので同じ生活サイクルで過ごすことができ、仕事とプライベートのメリハリをつけやすいメリットがあります。窓口を閉めてから報告書や会議資料を作成する必要があり、時間外労働が意外に多いです。金銭を取り扱う専門知識が求められますが、休日は一般社員よりも取りやすい環境が整っています。ブラック企業でなければ、ある程度時間に余裕をもって仕事と家庭を両立できるでしょう。

このように中央区にはファッション・水産業・金融業など、さまざまな業種が存在する地域です。業種によって生活サイクルが全く違うため、特徴の異なる労働者が混在しています。

中央区で注意が必要な労働問題

中央区で労働問題に気を付けた方が良いのはアパレル店と金融業です。アパレル店は圧倒的に女性店員が多いため、人間関係に悩む人が続出しています。小さな店舗であれば人間関係を原因に退職する人も多いです。人間関係の悪化だけに止まらず、いじめ・暴行といった危険度の高いものへ移行した時は注意しましょう。企業によっては従業員が人間関係や勤務状況について相談できる場を設けているので、必要なら活用すると良いかもしれません。悩みを打ち明けるだけでも、ストレス軽減の効果が期待できます。

金融業は実力主義の世界なので営業職に就いた場合、ノルマを達成していなければ上司や先輩から激しく叱責されることがあります。職場内でのコミュニケーションが少ない職種で、ストレスを1人で抱え込みやすいです。精神病を患うと通常業務にミスが増えて今まで以上に上司から怒られるという、負のサイクルに陥ってしまいます。睡眠時間が少ないのに眠れない、常に体調が悪いなど精神病の症状が出た時は自分で気付くことが大切です。異変を感じた時は誰かに相談する、可能であれば休暇を貰うといった対策を実施してください。改善されないまま悪い状態が続くと、自分でも気づかないうちに重篤な症状まで進行する恐れがあります。重篤な症状になれば自分で対処することが難しくなるので、早めに行動することが大切です。

中央区の労働問題なら弁護士にお任せ!

職場内のいじめ・過労死・パワーハラスメントといった労働問題に巻き込まれた従業員は、弁護士に相談すれば企業とスムーズに交渉を進めることができます。企業の勤務体制や上司の行動に問題がある場合、従業員だけで交渉を進めるのは難しいでしょう。なぜなら企業や上司の方が立場は上なので、被害者である従業員の主張を認めて貰えない可能性があるからです。主張すること自体、精神的に難しいと考える人もいます。弁護士なら第三者の目線から従業員の主張を代弁してくれるので、精神的ストレスなく交渉を行うことが可能です。

まずは弁護士との契約内容を決め、相手方との示談交渉に移ります。相手方は通常の労働問題なら企業の社長、セクシャルハラスメントのように個人間の特殊な問題であれば加害者本人と交渉するのが一般的です。弁護士は慰謝料の他に未払いの残業代などを請求してくれるケースもあるため、示談金を増やせるかもしれません。集めた証拠を提示して相手が労働問題を認め、示談金に応じれば交渉成立です。示談交渉に必要な証拠集めは弁護士が行ってくれるので、依頼者の負担はほとんどありません。逆に自分で証拠を集めることになれば、膨大な時間を要します。依頼者の負担を軽減してスムーズに交渉を行ってくれるのが、弁護士へ依頼するメリットです。