弁護士コラム

婚約破棄の損害賠償請求

[投稿日] 2017年12月15日 [最終更新日] 2018年01月20日
Resized avatar mini magick20171002 9810 1kkpzoz

齋藤 健博 弁護士 銀座さいとう法律事務所

【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・離婚男女問題実績多数。他の法律事務所でお断りされた方のご相談も承りますので、ご相談ください。

婚約を破棄した場合には、損害賠償義務を負うのでしょうか。

結論から言うと、慰謝料の支払い義務を負います。しかし、かならず負うのではないのです。

そもそも論でいうと、自由恋愛が発展して、婚姻届を提出することによって婚姻関係は成立しますね。これは、要式行為と呼ばれるものです。婚姻届を提出しなければ、結婚が成立しないということです。

 

なぜ?慰謝料が発生するのか

結論から言うと、婚姻届を提出して、結婚が法的に成立することに対する期待を裏切る行為、

これに対して損害賠償義務が発生するのです。法律的には、婚姻予約の債務不履行、もしくは、不法行為にもと付く損害賠償義務を負うことになるのです。

難しいことを言いましたが要は、裏切り行為をしていないなら、真摯に恋愛関係があった上での婚約の破棄であれば、問題はないと言うことなのですね。

 

請求された場合、請求したい場合

もうお分かりでしょう。裏切られた、と主張できれば、請求できる。逆に、裏切ったわけではなくて正当な事由があったのですと反論できれば、請求されなくて済むわけです。結納も交わして、両家の挨拶、婚姻届を記載したところまできていれば、期待は高まります。ラインでの約束をしていればなおさらでしょう。

しかし、真摯に話し合いをして経た後なら、ことなります。

 

 

齋藤 健博 弁護士

注力分野
離婚・男女 犯罪・刑事事件 借金・債務整理 企業法務 消費者問題
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
【弁護士携帯070-2627-6876。LINE:bengoshisaito】示談・不倫・離婚男女問題実績多数。他の法律事務所でお断りされた方のご相談も承りますので、ご相談ください。

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。