弁護士コラム

コロナショックでもマンションやマイホームを守る方法

[投稿日] 2020年04月23日 [最終更新日] 2020年04月23日
Resized avatar mini magick20171125 28057 gvtyko

前田 貴彦 弁護士 前田貴彦法律事務所

借金問題(破産、民事再生、任意整理)中心の法律事務所です。日中・ 夜間・土曜祝の無料電話相談も可能なので、相談したいと思った時すぐに相談できる法律事務所です。【初回相談料無料/分割払い可】

サラリーマンの方で勤め先がコロナの影響を受けて給与やボーナスが減らされた方は多いと思います。

またテレワークで残業代が減ったりして住宅ローンの支払いが困難になって消費者金融から借入をしてしまったという方もこれから増えると思います。

住宅ローンの支払いが滞納すれば当然銀行からマイホームが差押を受け、任意売却や競売ということになります。

この場合、借金を清算する方法としては自己破産がありますが、自己破産ではマイホームを失うことになります。

マイホームを守るためには金融機関等と任意の話合いを行い、支払い条件を変更して1月の支払額を減額してもらう必要があります。

それでも借金額が多すぎて全ての金融機関に返済ができない場合には法的な手続きとしては民事再生が考えられます。

これは住宅ローンとそれ以外の多額の借り入れがある場合に使われる方法です。

具体的には住宅ローンの返済はそのまま継続し、それ以外の消費者金融等の返済額を法的に減額してもらう制度です。

住宅ローンなら支払えるという方は一度弁護士に相談されることをお勧めします。

前田 貴彦 弁護士

注力分野
借金・債務整理 民事・その他 裁判・法的手続 親子・家庭 相続
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
借金問題(破産、民事再生、任意整理)中心の法律事務所です。日中・ 夜間・土曜祝の無料電話相談も可能なので、相談したいと思った時すぐに相談できる法律事務所です。【初回相談料無料/分割払い可】

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。