弁護士コラム

自己破産の際の注意点

[投稿日] 2020年05月06日 [最終更新日] 2020年05月06日

借金が返済不能で自己破産をしなければならないときに注意することがいくつかあります。

まず債権者を確定しておくこと。

債権者に漏れがあるとせっかく破産したのにあとで請求されるという危険性が残ります。

次に弁護士や司法書士に破産を代理依頼したのちは誰からも借金してはならず、また誰にも借金を返済してはなりません。

このことを忘れて知人の借金を返済してしまう方が多いので注意が特に必要です。

さらに事業をしていたり、借金の原因や遊興費やギャンブルなどである場合、弁護士費用とは別に裁判所に別途管財費用20万円以上を納付する必要がある場合があります。

破産申し立てまでの間にお金を準備しておきましょう。

細かい注意点はまだいろいろありますが、まずは上記の点に注意してください。

前田貴彦法律事務所 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 Aスリー1階 [現在営業中] 平日9:00-24:00  |  土曜10:00-24:00  |  日・祝10:00-24:00
Resized avatar mini magick20171125 28057 gvtyko

前田 貴彦 弁護士

取扱分野
借金・債務整理 民事・その他 裁判・法的手続

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。