検索結果

電話で相談・問い合わせ(無料)が可能

検索結果:9件(1件〜9件)

検索条件:東京都港区 / 犯罪・刑事事件

表示順について>>

稲益 寛明 弁護士

注力分野
犯罪・刑事事件
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
◆初回相談無料/来所・オンライン30分(電話10分)◆応用情報技術者・認定心理士・AFP等保有◆赤坂見附駅~徒歩2分◆複合領域からクライアントのニーズに応じた最善の解決を図ることを心掛けております。
在宅・逮捕・勾留・起訴後いずれの段階でも迅速に対応します。まずはご相談ください。

野中 大輝 弁護士

注力分野
犯罪・刑事事件
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
一つの事案に対し弁護士複数体制をとり、あなたのお悩みに対し最善の解決を目指します。
《処分が出た後のアフターフォローまで誠実に対応いたします。》 刑事事件は初動の対応が重要となります。接見に関しても皆様からのご依頼があれば即日対応いたします。可能な限り皆様のご要望に応じますので、家族がいきなり逮捕されてしまった等、お困り方はすぐにご相談ください。 また、弊所では3名の弁…

鮫川 誠司 弁護士

注力分野
犯罪・刑事事件
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 1当日相談可
「町の法律家」として弁護士登録以前から司法書士として、多くの簡易・少額の訴訟事件に積極的に携わり、事件の大小関係なく熱意をもって業務に取り組み、全力で解決を目指します。
<海難審判のご相談は1級小型船舶操縦士の免許を保有した海事補佐人(弁護士)にご相談ください> 私は、弁護士の中でも数少ない海事補佐人登録をしています。海難審判において、刑事裁判における弁護人の役割を果たすのが、海事補佐人です。海難審判は技術的な側面が多く、手続において、自分の立場を正しく適切に…

藤原 奈美 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
  • Icon 3分割払いあり
  • Icon 3女性スタッフ在籍
【土日相談可能】【駅近徒歩1分】 初めてのご依頼でも話しやすい雰囲気でご相談いただけるように、相談者様のお気持ちに寄り添った対応を心がけております。
【土日対応可能】刑事事件は初動の迅速さが大切ですので、お早めにご相談ください。 ■弁護士からのメッセージ  家族が逮捕された際は、パニックになってしまうこともあると思います。刑事事件は迅速な対応が大切です。弁護士に相談いただくことで事態を整理して、今後の対策をお伝えしますので、お早めにご相談…
法律事務所シュヴァリエ 〒108-0073 東京都港区三田2-7-15 ジークレフ三田1階 平日10:00-17:00
Resized avatar mini magick20170327 6780 2ldmv9

磯野 清華 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
麻布龍土町法律事務所 〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 Tri-Seven Roppongi8階 [現在営業中] 平日8:30-20:00  |  土曜8:30-20:00  |  日・祝9:00-19:00
Resized avatar mini magick20190430 10736 16w8ryi

安田 剛 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
★当事務所では、現在コロナウイルス対策の一環として、お電話やテレビ会議によるご相談・ご依頼もお受付しています。お気軽にお問い合わせください。 <豊富な実績及びフットワークの軽さを武器に、依頼者様の権利を守るため尽力いたしますので、まずはご相談ください> 過去、500件以上の刑事事件の弁護…
みせばや総合法律事務所 〒105-0004 東京都港区新橋5-25-1 3階-7 [現在営業中] 平日9:00-18:00
Avatar default

岸本 学 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
痴漢など性犯罪の被害者に寄り添う弁護士です。
赤坂山王法律事務所 〒107-0052 東京都港区赤坂2-13-19 多聞堂ビル6階
Avatar default

牛田 喬允 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件
橘法律事務所 〒107-0061 東京都港区北青山3-6-7 青山パラシオタワー11階 [現在営業中] 平日0:00-23:30  |  土曜0:00-23:30  |  日・祝0:00-23:30
Resized avatar default

橘 真理夫 弁護士

取扱分野
犯罪・刑事事件

非侵入窃盗に要注意?港区の犯罪の特徴

警視庁が公開している「平成28年市区町丁別、罪種及び手口別認知件数」という資料を参考にすると、港区では「非侵入窃盗」が相次いでいます。全犯罪の認知件数が4428件、非侵入窃盗は2463件で全体の約56%を占めています。非侵入窃盗は空き巣・出店荒らしといった建物に侵入して金品を盗むのではなく、自転車盗難・すり・万引きなど侵入せずに他人のものを奪う犯罪です。自転車盗難は630件、すりは173件、万引きは301件発生しています。オートバイ盗難や自動車盗難など、リスクの高い犯罪は少ない傾向にあります。

「置き引き」と「占有離脱物横領」が多い点にも注意が必要です。置き引きは置いている他人の荷物を奪って逃走する犯罪で、荷物が被害者の占有下にない場合は占有離脱物横領となります。例えばベンチに座っている被害者が自分の隣に鞄を置き、それを持ち逃げされたら置き引きが当てはまります。被害者が鞄をベンチや電車内に忘れて別の場所へ行き、鞄を見つけた犯人が持って行った場合は占有離脱物横領です。簡単に言えば所有者が側にいるか、いないかによって犯罪の種類が異なります。ただし、事件の内容によって置き引きと占有離脱物横領は意見が分かれる部分なので例外もあります。置き引きは窃盗となるため、占有離脱物横領よりも罪が重いです。港区では置き引きが189件、占有離脱物横領が168件起こっています。鞄は自分の膝の上に置く、鞄を置く際は持ち手をしっかり握るといった対策が効果的です。

認知件数325件の「詐欺」は、さまざまな手口によってお金を騙し取られている人が続出しています。従来から問題視されている「オレオレ詐欺」は現在も発生件数が多く、被害に遭いやすい高齢者は注意してください。特に孤独な高齢者がターゲットにされやすい特徴があります。家族が一緒に暮らしている場合は詐欺とばれる危険性があるため、犯人は警戒するものです。逆に家族と疎遠になっている高齢者はオレオレ詐欺の犯人を、孫や子供と勘違いしやすくなります。詐欺のような電話は「疑う・切る・かけ直す」ことが大切です。家族や公的機関の職員と名乗っても詐欺を疑い、あなたの知っている家族の正しい連絡先へ1度電話をかけてみましょう。そうすれば詐欺の電話であるかが、すぐに分かります。詐欺の電話はできるだけ早く切った方が良いです。何度もかかってくる場合は「息子(娘)に代わります」と犯人にとって不利な状況になることを伝えれば、犯人の方から電話を切ることがあります。

港区は4つのエリアがあります!エリアごとに異なる犯罪の特徴とは?

港区には数多くの観光スポットがあり、非常に活気のある地域です。主にファッションエリア・高級住宅街・オフィス街・観光地の4つのエリアに分類できます。青山・表参道・六本木は若い世代を中心に人気の高い「ファッションエリア」です。渋谷や原宿よりは高級な店舗が並んでいるため、強盗やひったくりが多く見られます。店舗だけではなく、路上でひったくりに遭うケースも多いので注意が必要です。特に高級な商品を取り扱っている店舗や、高級ブランドの衣服を身に着けている女性がターゲットにされる傾向にあります。なぜなら女性はひったくりの被害に遭っても、犯人が男性であれば追いつくのが難しいからです。普段ブランド品を着用している女性は車道と反対側で鞄を持つなどの対策を実施した方が良いでしょう。

麻布・広尾は「高級住宅街」として有名で裕福な家庭が多いので、自転車盗難やすりが相次いでいます。高級な自転車を狙った犯行が目立っているため、気を付けてください。高級住宅は優れたセキュリティを搭載している所が多く、意外に空き巣被害は少ないです。平成28年は港区全体でも空き巣は32件しか発生していません。しかし、麻布周辺で数件空き巣の発生が確認されているので油断は禁物です。

汐留・新橋・浜松町を含む「オフィス街」は非侵入窃盗が多くなっています。酔っぱらっている人は鞄を盗まれても気づかないことがあるため、ターゲットにされることがあります。オフィス街にはサラリーマンをターゲットにした飲食店が多く、酔っぱらっている時にひったくりやすりの被害に遭いやすい環境です。港区新橋2丁目では118件の非侵入窃盗が発生しているという結果も出ています。

テレビ局や公園があり、「観光地」として活用されている台場も港区のエリアです。比較的犯罪が少ない傾向にありますが、置き引きや万引きが多発しています。気分が舞い上がっている観光客を狙ったケースも多いため、防犯対策を心掛けながら観光することが大切です。

置き引きと占有離脱物横領の違いとは?港区で犯罪に巻き込まれたら弁護士へ相談!

もし犯罪に巻き込まれてしまったら、早急に弁護士へ相談するのが賢明です。弁護士にはしっかりと事実を伝え、事件が適切に解決するように進めていきましょう。