検索結果

電話で相談・問い合わせ(無料)が可能

検索結果:17件(1件〜17件)

検索条件:東京都港区 / 労働

表示順について>>

藤原 奈美 弁護士

注力分野
労働
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
  • Icon 3分割払いあり
  • Icon 3女性スタッフ在籍
【土日相談可能】【駅近徒歩1分】 初めてのご依頼でも話しやすい雰囲気でご相談いただけるように、相談者様のお気持ちに寄り添った対応を心がけております。
【土日対応可能】急な解雇通告、残業代が支払われないなど、お悩みを抱えていらっしゃいませんか?弁護士にご相談いただくことで早期解決につながります。 ■弁護士からのメッセージ  労働者側・使用者側、どちらのご相談にも対応いたします。お悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。  最近…

昼間 由真 弁護士

注力分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 1当日相談可
【弁護士直通】【初回来所相談無料】ご相談者様の話をじっくりと伺い、少しでも可能性があれば、最良の解決ができるよう全力で対応をいたします。
<初回来所相談無料/弁護士直通/じっくりとお話をお伺いし、最良の成果が出せるよう尽力致します> ■重点取扱案件 派遣 / 就職・採用 / 有給休暇 / パワハラ / 給料・ボーナス / 退職・解雇・雇止め / 産休・育休 / 労災 / セクハラ / 残業・休日出勤 / 就業規則・労働協約…

鮫川 誠司 弁護士

注力分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 1当日相談可
「町の法律家」として弁護士登録以前から司法書士として、多くの簡易・少額の訴訟事件に積極的に携わり、事件の大小関係なく熱意をもって業務に取り組み、全力で解決を目指します。
<鋭い視点と本質を見抜く的確なアドバイスで労働問題解決を目指します> ご相談者様の利益を第一に考え、業務対応を致します。最良の解決とご相談者様負担のバランスを考えて、交渉・労働審判・裁判と適切な方法で対応をしていきます。未払いの残業代請求や、各種ハラスメント、不当解雇、業務が原因で心身のバラン…

岩森 恒平 弁護士

注力分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
【相談無料】【着手金無料プラン(完全成功報酬制)あり】【秘密厳守】【新橋駅3分】【土日対応・全国対応可】丁寧にお話を伺い、解決に向けて誠心誠意ご対応いたします。まずはお気軽に無料相談をご利用ください。
<労働問題【相談料無料】【全国対応】【土日可】★残業代請求、退職代行★ならお任せください!経験ある弁護士が力になります> ◆注力分野 残業代請求、退職代行に関するご相談は何度でも無料で承ります。 ◆弁護士について 労働問題は労働者である個人、企業である法人、どちらからもご相談…

山田 大護 弁護士

注力分野
労働
  • Icon 7チャット相談可能
  • Icon 8案件対応可能
【虎ノ門駅徒歩1分】金融・証券の事業会社勤務経験がございます。特に金融法務に関して是非ご相談ください。
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
【相談にいらした全ての依頼者の皆様を救うことが信条です】
【初回相談料無料】 不当解雇・雇い止め・残業代請求など各種労働問題についてお悩みの方は当事務所へご相談ください。 特に使用者側の労務問題対応した数多くの経験を駆使し、事業者様の労務問題のリスク最小限にすることにつとめます。 また当事務所には、多業種の企業の労働事件に精通しておりますため…

高石 哲 弁護士

注力分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
あなたの味方として「相談してよかった」と安心して帰っていただくために最適な解決を目指し、全力で業務対応いたします。
<労働問題は、様々な企業との顧問契約先を持つ弁護士にお任せください> 企業にとって、労働問題は悩みの種です。残業代請求、ハラスメント、従業員の解雇・退職など労災事案が発生したときに、適切な対処ができなければ、会社へのダメージは甚大です。このように問題が顕在化した時は、弁護士へ依頼をすることで最…

小林 聖詞 弁護士

注力分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
【土日対応可能】メンタルカウンセラーの資格を持った弁護士が、依頼者の心に寄り添い、メンタル面のケアとともに問題解決に努めます。
【土日対応可能・初回相談無料】<<労働審判の経験豊富>>労働者側・中小企業の労働トラブル解決に強みがあります。些細なお悩みも、お早めにご相談ください。 ■重点取扱案件 退職・解雇・雇止め / 残業代請求 / セクハラ・パワハラなどの問題 / 未払賃料請求 /中小企業の労働問題対応など …

稲益 寛明 弁護士

注力分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
◆初回相談無料/来所・オンライン30分(電話10分)◆応用情報技術者・認定心理士・AFP等保有◆赤坂見附駅~徒歩2分◆複合領域からクライアントのニーズに応じた最善の解決を図ることを心掛けております。
とりわけ心理的負担の大きい不当解雇やハラスメント等の問題に注力しています。まずはお気軽にご相談ください。

林 奈緒子 弁護士

取扱分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
【平日夜間・休日相談対応】ご相談者様のお悩みに対して、親身かつ丁寧にお話を伺い最善の解決策を提示いたします。初回の来所相談は30分無料(1時間のうち)。まずはご相談ください。
<ご相談者様の守秘義務を厳守し、会社とのやり取りは弁護士が全て行いますので安心してご相談ください> 会社に属している方は、会社に対して声を挙げることが難しい場合も多いです。こんな時にこそ弁護士にご相談ください。弁護士が介在することで会社側とのやり取りは弁護士が全て引き受けますので、ご相談者様が…
持田法律事務所 〒105-0003 東京都港区西新橋3-19-12 メディコ西新橋ビル5階 平日10:00-18:00
Resized avatar mini magick20200720 11147 10e7ypw

持田 秀樹 弁護士

取扱分野
労働
<労働者・使用者の両方に対応、解雇や未払い賃料、残業代請求など、個別労働紛争についてスムーズで適切な解決を目指します> ■重点取扱案件 解雇、雇止め / 未払賃料請求 / 残業代請求 / 配置転換 / 労働災害 など 労働法制の改正の影響などもあって、労働問題に関する相談は増加する…
日比谷通り後藤法律会計事務所 〒105-0004 東京都港区新橋4-31-3 第3名和ビル8階802
Resized avatar mini magick20200709 11147 1tz8i4i

後藤 登 弁護士

取扱分野
労働
<労働問題は、いずれにその主たる原因があるにしても、使用者、労働者双方にとって、 何もメリットはありません。とりわけ、労働者にとって、労働は生活の経済的基盤であり、日々の生活の安定、安心に大きく関わります。初めから辞めさせるつもりで労働者を雇う使用者はいません。初めからトラブルを起こすつもりで就業…
外井法律事務所 〒105-0003 東京都港区西新橋1-20-3 虎ノ門法曹ビル606 平日10:00-24:00  |  土曜10:00-24:00  |  日・祝10:00-24:00
Resized avatar mini magick20190718 4052 1tvmomq

鹿野 智之 弁護士

取扱分野
労働
【豊富な経験を活かしたビジネス法務】 ◆ 企業における法務経験  事業会社において長年法務を専任しておりました。社内の経営的な視点で様々な労働問題に接してきた経験から、法律論に傾倒することなく、組織の円滑性を重視した、より広い視野での円満な着地点をご提案いたします。 ◆ 労働事件に…
弁護士法人若井綜合法律事務所新橋オフィス 〒105-0003 東京都港区西新橋1-18-11 ル・グラシエルBLDG.16-7階 [現在営業中] 平日7:00-20:00  |  土曜7:00-20:00  |  日・祝7:00-20:00
Resized avatar mini magick20191003 24670 1xvqxrn

澤田 剛司 弁護士

取扱分野
労働
労働問題は、立場上、声をあげることが難しい場合が多くありますが、泣き寝入りせずご相談ください。近年の法整備によって、弁護士に相談することで解決する事例が増えてきています。あなたの正当な主張を全力でサポートいたします。 ◆サポート体制 素早いレスポンスと徹底した依頼者目線で密に連絡を取りながら…
弁護士法人QUEST法律事務所 〒105-0004 東京都港区新橋3-2-3 千代川ビル4階 [現在営業中] 平日0:00-24:00  |  土曜0:00-24:00  |  日・祝0:00-24:00
Resized avatar mini magick20180207 24769 q4m3df

住川 佳祐 弁護士

取扱分野
労働
<あなたは、こんな悩みを持っていませんか?> ・管理職、営業職だから残業代が出ないと言われている ・みなし残業代制で残業代は払っていると言われている ・他の法律事務所に断られてしまった ・証拠が何もない ・労働基準監督署にも動いてもらえなかった ・忙しくて手続きや準備をする時間がない …
水津正臣法律事務所 〒107-0052 東京都港区赤坂3-6-4 コパカバーナビルディング2階 [現在営業中] 平日9:00-21:00  |  土曜9:00-18:00
Avatar default

岩田 真由美 弁護士

取扱分野
労働
草開法律事務所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門実業会館5階 [現在営業中] 平日9:00-18:00  |  土曜9:00-18:00  |  日・祝9:00-18:00
Avatar default

草開 文緒 弁護士

取扱分野
労働

港区はどんな街?企業や労働者の特徴

港区にはテレビ局をはじめとする東京都の観光スポットが集中しています。常に多くの観光客が訪れていますが、オフィス街や最先端のファッションエリアとしても活躍しています。エリアによってさまざまな表情を見せるのが、港区の特徴です。港区が公開している「平成26年経済センサス基礎調査」によると39375社の事業所があり、従業者数は100万人を超えています。

5つのエリアに分けた時、最も多くの事業所があるのは「芝地区」です。芝地区はオフィス街として非常に有名で、数多くの企業がオフィスを構えています。そのため事業所数16711社、従業者数約44.1万人で事業所数及び従業者数共に全体の4割以上を占めています。芝地区に次いで事業所が多いのは「赤坂地区」です。赤坂地区はファッションショップの多いエリアで、小売業が目立っています。テレビ局もあるので情報通信業が多い地域でもあります。ファッション関連の企業は従業員が少ない傾向にありますが、事業所数が非常に多いです。一方のテレビ局といった映像関連の企業は従業員が多いものの、事業所数は少なくなっています。赤坂地区はファッションと映像関連の両者がオフィスを構えているので、事業所数と従業者数のどちらも高い数値を示しています。

「麻布地区」は住宅街であると同時に、外国大使館の多いエリアです。港区には各国の大使館が集中しているため、外国人を見かけることが多いでしょう。外資系企業も急激に増加し、麻布地区は住宅街でありながら事業所数が比較的多いです。「高輪地区」「芝浦港南地区」は高級住宅街として開発が進んでいるので、事業所数は3500前後に止まっています。芝浦港南地区は大企業が集まるオフィス街という一面もあり、従業者数は高輪地区の3倍以上です。

港区で多い小売業は給料が少ない傾向にあり、情報通信業は平均よりも高額な給与が実現しています。所定外労働時間は東京都の統計で情報通信業が平成28年に18.5時間を記録している一方で小売業は8.1時間と、その違いは一目瞭然でしょう。外資系企業は実力主義の世界なので知識や技術があれば女性でも役職に就いていることが多く、港区は女性が活躍しやすい場所です。休日に対しても寛容な考え方の企業が多いため、過酷な勤務を強要されにくい環境が整っています。しかし、福利厚生が手薄いといったデメリットも存在します。過酷な勤務ではないが給料が安い小売業、時間外労働が多いものの給料が高額な情報通信業、出世すれば高額な給料だが福利厚生の手薄い外資系企業というようにジャンルの異なる企業が集まっているので、人によって給与や労働時間に大きな差がある地域です。

港区で起こりやすい労働問題とは?

先程述べたように港区にはさまざまな企業があるため、多種多様な労働問題が起こっています。衣服を取り扱う小売業は女性従業員が多いので、職場内の人間関係に悩む人が多く見られます。男性よりも女性の方が人間関係は複雑になる傾向があるのです。特にファッションショップは小さな企業が多く、人間関係は仕事に大きな影響を与えます。最悪の場合、人間関係によって退職することもあります。人間関係が上手くいかない程度であれば改善の余地はありますが、いじめ問題に発展している場合は東京都が都内に設置している「労働相談情報センター」に相談するのが得策です。同じ企業の人に相談できない時に重宝します。労働問題解決に向けて具体的な対策の提案や、重大な問題と判断されれば労働相談情報センターが直に動いてくれるケースもあります。根本的な解決が望めるので、1人で悩まず早めに相談した方が良いでしょう。

情報通信業は従来から過酷な勤務状況が問題視されています。港区に集中しているテレビ局は残業が日常茶飯事で、特にディレクターやアシスタント時代は過酷な勤務が強いられます。プロデューサーや役職に就けば、ある程度自分で時間の管理ができるようになるのが一般的です。就職直後は慣れない環境で一気にストレスを抱える場合があるため、注意してください。

外資系企業で多いのは突然職を失う問題です。福利厚生が手薄いだけではなく、日本企業よりも圧倒的に職を失う確率が高くなっています。実力がないと出世や継続雇用が難しく、上司の判断で簡単にクビを宣言されることも少なくありません。人生に大きく関わるので、問題に巻き込まれた場合は早急に労働相談情報センターなどの公的機関へ相談する必要があります。

港区で労働問題に悩んでいる場合は弁護士へ!モラハラ・パワハラ・セクハラの違い

職場のいじめに悩んでいるなら、弁護士へ相談する方法もあります。弁護士へ依頼して最初に行うのは「モラルハラスメント」「パワーハラスメント」「セクシャルハラスメント」の3種類から、自分が受けているいじめを分類することです。

モラルハラスメントは同僚や部下などから受けるいじめを指します。一般的に職場内のいじめはモラルハラスメントに分類されることが多いです。
パワーハラスメントは上司から受けるいじめや嫌がらせで、上司としての権利を行使されるケースが多く見られます。ミスをすると自分だけ必要以上に怒られる、殴る・蹴るといった体罰を受ける場合はパワーハラスメントが疑われます。自分よりも立場が上の人から受ける嫌がらせなので、個人だけで解決するのは難しいです。命の危険に関わるようなケースもあるため、早急に弁護士や周囲の人へ相談した方が良いかもしれません。

セクシャルハラスメントは関係性を問わず、性的な言動によって身体的・精神的苦痛を負った場合に該当します。女性被害者が圧倒的に多いものの、最近は男性がセクシャルハラスメントを受けることもあります。男性被害者に対する理解度が浸透していないので、1人で悩みを抱える人が多いです。弁護士に相談すれば、依頼者のプライバシーを守りながら手続きを行って貰えます。分類してから効果的な対策を行ってくれるので、職場のいじめに悩んでいるなら是非弁護士へ相談してください。