Resized avatar mini magick20180510 31062 11ddmjj
現在営業中
0:00〜24:00

林 奈緒子 弁護士

はやし なおこ

林奈緒子法律事務所 〒107-0052 東京都港区赤坂4丁目7-6 赤坂ビジネスコート4階
注力分野
離婚・男女 相続 不動産・建築 交通事故 親子・家庭
取扱分野
民事・その他

事例1:浮気相手から慰謝料を獲得できました 離婚・男女

依頼内容

離婚をするつもりはありませんが、せめて浮気相手に慰謝料を請求したいと思い、思い切って相談してみました。

解決方法・結果

交渉の結果数十万円の慰謝料を得ることができました。

<林 奈緒子弁護士からのコメント>
浮気をした配偶者からの協力は望めず、十分な証拠がないなかでもあきらめずに相談してくださって良かったと思います。

事例2:【離婚調停の成立の件】離婚できました! 離婚・男女

依頼内容

絶対に離婚しないと配偶者が言っていたので、あきらめかけていましたが、相談してみました。

解決方法・結果

事実をひとつひとつ拾ってくださり、無事、離婚調停が成立しました。養育費や慰謝料など、将来のために必要なお金も確保することができました。

<林 奈緒子弁護士からのコメント>
性格の不一致の場合には、日常生活の細かい出来事を一つずつ積み上げていくことが大切です。そのために、依頼者とじっくりお話を聞かせて頂くことから始めたのが良かったと思います。

事例3:借地権を無断譲渡されましたが、満足のいく解決金をもらうことができました。 不動産・建築

依頼内容

土地の借主が、自身の所有する借地上の建物ごと、会ったこともない人に借地権を譲渡してしまいました。土地の貸主である私には何の断りもなかったので、腹ただしくて仕方ありません。貸主が簡単に借地契約を解除できないことは分かっていますが、足元を見られているようで悔しいです。

解決方法・結果

当初は、「何も悪いことはしていない」と言っていた相手でしたが、解決金としてまとまった額を提示してくれました。

<林 奈緒子弁護士からのコメント>
貸主である依頼者の方は、自身が借地の隣に戸建てでお住まいでしたので、間近でみる借主の不誠実な振る舞いに非常に立腹されておられました。相手方も弁護士を付けて対応してきましたが、最終的にご納得のいく結論に至ることができ、非常に良かったと思います。

事例4:賃借人が行方不明…でも退去してもらえました! 不動産・建築

依頼内容

アパートの大家をしています。どうやら賃借人がどこかへ行ってしまったようで、賃料が滞納されて困っています。アパートから出ていってほしいのですが、どうしたらよいでしょうか。

解決方法・結果

無事、出て行ってもらうことができました。

<林 奈緒子弁護士からのコメント>
賃借人が逮捕されてしまったようで行方が分からない、外国人の賃借人が違法滞在で入管で収容されているようだ、夜逃げしてしまったなど、賃借人の行方が分からない場合にも、退去してもらうことができます。あきらめずに相談してもらって良かったと思います。

賃貸物件が一戸建て住宅や倉庫、店舗の場合、賃借人が賃料の滞納を繰り返す場合など、様々な建物明渡請求のケースに対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

事例5:漏水事故の賠償額を増額してもらえました 不動産・建築

依頼内容

マンションの天井から漏水が始まり、部屋が水浸しになってしまいました。多額の費用を支出しましたが、家電製品の買替費用などが損害として認められませんでした。

解決方法・結果

将来、家電製品が故障する可能性があることを理由に、賠償額を増額してもらえました。

<林 奈緒子弁護士からのコメント>
物の破損については製造元に弁護士会照会をするとこちらに有利な回答が得られる場合があります。また、漏水事故といえば、上階の賃借人の責任と思いがちですが、漏水箇所によっては、マンションの管理組合の責任を追及することもできます。何か疑問に思ったら、まずはご相談にいらっしゃることをお勧めいたします。

事例6:分譲マンションの未払い管理費を全て回収できました 不動産・建築

依頼内容

分譲マンションの管理組合からの相談です。管理費や修繕積立金など、毎月支払いが定められている費用の支払いを全くしない人がいて困っています。

解決方法・結果

交渉の結果、少なくとも4ヶ月以上に及ぶ滞納分をすべて回収できました。

<林 奈緒子弁護士からのコメント>
分譲マンションの管理費や修繕積立金、駐車場等の賃料を支払わない区分所有者に対する交渉をお任せ頂き、早期に解決した結果、所有者間の不公平感を解消することができました。管理費用等の滞納問題についても、弁護士にお任せ頂ければ、居住者間で無用な人間関係のトラブルを起こすことなくスムーズに回収することができます。資産価値の維持向上の観点からもマンション管理は適切にされることが大切です。その他、マンション管理に関する問題についても対応可能ですのでお気軽にご相談下さい。

事例7:立退き料の100万円増額に成功! 不動産・建築

依頼内容

アパートを借りて住んでいるのですが、大家さんから退去するように要求されて困っています。立退き料の提示はありますが、急な話の割には安いと感じます。大家さんのいうとおり、出て行かなくてはならないのでしょうか。

解決方法・結果

交渉の結果、立退き料を100万円増額してもらえました。予想外の増額にびっくりしています。

<林 奈緒子弁護士からのコメント>
周囲の居住者がどんどん出ていくなか、プレッシャーを感じていらっしゃる様子でしたが、賃借人としてアパートに居住する権利があることをご説明してご安心いただきました。そして、老朽化を理由とした立退き請求に対して、その理由が弱いことを丁寧に主張し、最終的に有利な条件で立退くことができました。

事例8:今までの顧問料が約半分になり、気軽に相談できる関係になりました 企業法務

依頼内容

会社経営者です。毎月約8万円の顧問料を支払って顧問弁護士をつけていましたが、顧問弁護士の使い方が分からないうえ、相談しにくい雰囲気の先生だったのでほとんど相談したことがありません。顧問弁護士の必要性に疑問を感じていたので、問い合わせをしてみようと思いました。

解決方法・結果

先生とじっくりお話をした結果、取引先との契約関係、会社が賃貸しているオフィスや小売店舗の賃貸借関係など、相談したい項目がいろいろと見つかりました。また、先生から我が社に見合った顧問システムをご提案頂き、結果的にも、毎月の顧問料を半額に抑えることができました。しかも、顧問料の範囲でできる範囲が広く、料金体系が明確にされているため、ちょっとしたことでも気軽に相談できています。

<林 奈緒子弁護士からのコメント>
まずは会社の業務内容をお聞きし、どのような場面で顧問弁護士を使うべきかをお話致しました。それから、相談の頻度やその内容により、会社のニーズに合ったシステムを設計致しましたので、顧問料の範囲でできることが広くなりました。
顧問契約後、直接会って相談や懇親会をしているため、会社の担当者の方ともお話しする機会を持てており、良い関係性が築けていると思います。ご相談頂けて非常に良い結果となりました。

事例9:安心して契約をすることができました 企業法務

依頼内容

これまで大きなトラブルはなかったため、契約書のチェックはおざなりですし、取引相手と条件交渉などはしたことがありません。ただ、今回は大きな契約になりそうですし、漠然とした不安がいつも拭えないので、相談したいと思いました。

解決方法・結果

契約書で問題となる条項を端的に指摘して頂き、その理由も分かりやすく教えてもらえました。また、取引相手との力関係を考えて契約条項の修正をして頂いたので、取引相手にも納得してもらえました。

<林 奈緒子弁護士からのコメント>
契約書のチェックをするときには、単なる文言修正ではなく、取引相手との関係性や会社の被るリスクの程度などを考えて、現実的な選択肢をお示しするようにしています。顧問契約をしている場合には、顧問料の範囲内で対応することができます。

事例10:労働関係の制度設計をしてもらえました 企業法務

依頼内容

代休、振替休日の取得制度、休日手当の支給方法など、会社にメリットが多い方法にしたいと思っていますが、労働関係の法律に抵触しないか心配です。

解決方法・結果

問題のある点を指摘して頂き、どのような制度にすれば良いか代替案を出して頂けました。

<林 奈緒子弁護士からのコメント>
労働関係の制度設計は慎重にしないと、後から思わぬ紛争を呼ぶリスクがあります。代休取得の制度設計や、派遣労働関係についての相談は、何か問題が発生する前に弁護士のリーガルチェックを経ることをおすすめします。

ページ
トップへ