弁護士コラム

FX取引を巡る法律問題(⑤顧客の締め出し)

[投稿日] 2021年01月28日 [最終更新日] 2021年01月28日
Resized avatar mini magick20201030 30347 d57o1q

山田 大護 弁護士 弁護士法人琴平綜合法律事務所

【虎ノ門駅徒歩1分】金融・証券の事業会社勤務経験がございます。特に金融法務に関して是非ご相談ください。

FX業者は、利益を出す顧客を締め出しているのではないかと疑われることがあります。

 

 不正取引をしたなどとして口座を強制解約したり、キャッシュバックキャンペーンで約束した金員(取引量に応じて支払を約したキャッシュバック金の支払を拒むという事例も多く生じているようです。

 

 東京地方裁判所平成26年6月19日判決・金融・商事判例1448号56頁は、取引高に応じたキャッシュバック金を支払うというキャンペーンを行っていたFX業者が、顧客の取引を「ツール取引」に当たるなどとして顧客の口座を強制解約し、キャッシュバック金の支払を拒絶したことが問題となったものです。

 同判決は、約款にいうツール等取引に当たることは口座を強制的に解約できるという強い効果を伴うものであることを考慮すると、他社の提供するチャートを用いた取引や手動で行っている取引はこれに当たらず、強制解約の要件を満たさないから、キャッシュバック金の支払を拒絶することは信義則に反して許されないとして、顧客の請求を認容しました。

 

以 上

山田 大護 弁護士

注力分野
企業法務 労働 裁判・法的手続 離婚・男女 相続
  • Icon 7チャット相談可能
  • Icon 8案件対応可能
【虎ノ門駅徒歩1分】金融・証券の事業会社勤務経験がございます。特に金融法務に関して是非ご相談ください。

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。