弁護士コラム

会社は従業員に対してマスクの着用を指示できますか。

[投稿日] 2020年02月08日 [最終更新日] 2020年02月09日

会社は従業員に対してマスクの着用を指示できますか。

2020.2.8

弁護士中野雅也

【鉄道会社が駅員等にマスク着用を指示した旨の報道】

報道によると、新型肺炎の感染拡大を防ぐ目的により、首都圏の鉄道会社が駅員や運転士にマスクの着用を推奨又は指示しており、業界としては異例とも言える対応を取っているとのことです。

2020年2月3日付けNHK NEWS WEB(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200203/k10012270971000.html)

個人的には、乗客→駅員→乗客という感染経路が想定できる以上、当然の対応であるとの感想を持ちました。このような報道を受け、マスクの着用と業務指示についてのコラムを書いてみます。

 

【相談の一例】

当社は衣料品販売店を運営しております。当社は、10年前の創業時において定めた就業規則において、接客業においてはマスクを着用するのは好ましくなく、お客様に失礼に当たるとの理由により、マスクの着用を原則禁止とし、風邪の諸症状が出ているときだけ例外的に許可するという就業規則を定めました。

しかし、インフルエンザや肺炎等の流行が数年ごとに起こっており、従業員の感染被害を防ぐという目的で、事実上マスクの着用を推奨していました。

当社としては、新型肺炎(コロナウィルス)の報道もありますので、就業規則を変更した上で、使用者の判断により業務上マスクを着用させることができると定めておきたいと思います。

就業規則を変更後、従業員がマスク着用の業務命令に違反した場合は、懲戒処分をすることができますか。

 

【回答】

御社は、就業規則を変更した上で、使用者の判断により業務の遂行に当たってマスクを着用させるとの業務命令を出すことができます。

御社が、衣料品販売店で勤務する労働者に対し、インフルエンザ等が流行している場合、マスク着用の業務命令を出すことは、従業員間での感染を防ぎ健全な職場環境を維持するという目的があり、合理的かつ相当なものです。

この場合において、マスク着用の業務命令が、業務命令権の濫用であるとして無効になるケースはほとんど考えられません。

また、労働契約法5条は、「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。」として、使用者の安全配慮義務を定めています。インフルエンザ等の流行時において、使用者が労働者に対してマスクの着用等を求めることは、労働者間の感染を防ぎ労働者の身体の安全を確保するために必要な措置であると考えることもできます。

御社は、御社の業務命令に違反した従業員に対し、就業規則の定める懲戒事由に該当するとして懲戒することができます。ただし、懲戒処分に当たっては、当該労働者がマスクを着用できない特殊な事情がある場合がございます。個別具体的な事情を踏まえて慎重な対応をすべきです。

 

弁護士中野雅也のホームページ https://www.nakanobengoshi.com/

 

【参考になる裁判例】

上記の【相談の一例】とは事案が異なりますが、下記の東京高判は、バス会社がバスの運転手に対してマスクの着用を禁止した措置は、マスクの着用が接客業として良い印象を与えないという理由などから、当該事案においては、不合理ではないとしています。

 

【東京高判平成19年2月15日労働判例937号69頁】

(判示事項)

「自動車運転士作業基準等により定められたバス運転手のサングラス・マスク着用を原則禁止とする措置につき,不合理とはいえず,健康上やむを得ない理由で着用する場合に,診断書の提出を求めることも不合理な措置ではないとして,着用を認めないことをもって安全配慮義務に反するとまではいえないとし,慰謝料請求および乗務拒絶による減給分の請求を棄却した一審判決が維持された例」

 

(東京高裁の認定判断)

1 営業所に次の内容の文書が掲示された。「接客業として良い印象を与えないマスク・サングラスの着用については,お客様からの苦情も多く,原則として着用を禁止とする。ただし,乗務員が健康上の理由でやむを得ずマスク・サングラスの着用を必要とする揚合は,以下の手続を経て点呼執行者が許可した場合に限り,その着用を認める。① サングラス(略)② マスク着用の必要性を証明する診断書等をその都度提出する。単に『予防のため』という理由だけでは許可しない。」

2 マスクの着用を原則禁止して例外的に許可制とする合理性

「バスの運転手も接客を余儀なくされるのであり,そのためには乗客に良い印象を与えるべくマスクの着用を原則として禁止することは,不合理な措置とはいえず,そして,例外として,健康上の理由でやむを得ずマスクを着用する場合には,その着用の必要性を証明するための資料として診断書の提出を求めることも,診断書が一審被告において着用の必要性を判断するための最適の資料であり,そして着用の必要性について争いが生じないようにするためにも,不合理なものとはいえない。」

3 具体的な当てはめ

「診断書を提出しなかった一審原告●及び同▲に対してマスクを着用したままで運転業務に従事することを許可しなかった××営業所の点呼執行者等の行為は,不当に就労を拒否したことに当たるものでなければ,不法行為又は債務不履行を構成するものでもない。」

以上

 

大江忠・田中豊法律事務所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-20 虎ノ門実業会館4階 平日10:00-18:00
Resized avatar mini magick20190726 12167 13ujpfw

中野 雅也 弁護士

取扱分野
相続 労働 企業法務

コラムの内容は更新時のものであり、最新の情報と異なることがあります。