検索結果

検索結果:10件(1件〜10件)

検索条件:東京都新宿区 / 労働

表示順について>>

  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
【TV・新聞出演経験多数】長年の弁護歴と経験豊富な弁護士がこれまでの多数の経験と実績を活かし、依頼者に寄り添い親切・丁寧をモットーに相談者様の問題解決のため、尽力致します。
≪ご相談者様の立場に立って、弁護士が一緒に最良の問題解決を目指します≫ ■重点取扱案件 不当解雇 / 退職代行 / 不当出向・転籍命令 / 残業代請求 / その他不当労働行為 / セクハラ・パワハラ / 予防法務 など 労働問題については、解雇の問題のみならず、有期雇用における契約…

山田 雄太 弁護士

注力分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
【弁護士直通電話完備:090-8490-5089】【LINEのIDはyuta-law】【24時間面談予約可能です】依頼者の方とともに、その方の最善の解決に向かって進めるよう、尽力致します。
<ご相談者様の守秘義務を厳守し、会社とのやり取りは弁護士が全て行いますので安心してご相談ください> 会社に属している方は、会社に対して声を挙げることが難しい場合も多いです。こんな時にこそ弁護士にご相談ください。弁護士が介在することで会社側とのやり取りは弁護士が全て引き受けますので、ご相談者様が…

永田 充 弁護士

取扱分野
労働
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 1当日相談可
  • Icon 4夜間相談可(18時以降)
【土日祝日相談対応可能】元営業マン弁護士が、ご相談者様の様々な法律トラブルについて、しっかりと話を聞き、納得頂ける成果が出せるよう、尽力致します。
<企業における労働トラブルを得意としております> 企業における法律トラブルとして多いのが、労働問題です。社会的な関心が高いこともあり、想定外の問題が発生するケースも多いです。また、労働関係法は、社会情勢の変化に伴い、めまぐるしく法改正が行われています。企業は、法制度が変わるたびに、改正内容を就…

吉直 達法 弁護士

取扱分野
労働
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
【弁護士直通/初回相談無料】高品質なリーガルサービスをリーズナブルかつ迅速に提供いたします。
飯田橋法律事務所 〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-28 飯田橋ハイタウン317 平日10:30-21:00
Resized avatar mini magick20200823 1394 14y4ccy

中野 雅也 弁護士

取扱分野
労働
労務管理、労働審判、労働訴訟に対応しております。解雇及び退職に関する問題については、企業だけではなく労働者側のご相談も受け付けております。退職代行にも対応しております。悩む前にご相談ください。 書面で解雇通知書を受け取った方の初回法律相談(1時間程度)は無料でご対応します。 ■ 相続問題…
かえで法律事務所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-17 アルテール新宿803 平日10:00-18:00
Resized avatar mini magick20181019 4838 15qczad

楓 真紀子 弁護士

取扱分野
労働
当事務所は、労働問題のトラブルについてお悩みの従業員の方のご相談にも親身に取り組んでおります。 これまでの実務経験において、解雇、セクシャルハラスメントに関する法律相談、事件処理は比較的多い分野です。 会社において理不尽な目にあった場合、泣き寝入りする前に、一度、弁護士に相談ください。 そもそ…
弁護士法人プラム綜合法律事務所 〒160-0004 東京都新宿区四谷2-1 四谷ビル6階 平日8:00-23:30  |  土曜8:00-23:30  |  日・祝8:00-23:30
Resized avatar

梅澤 康二 弁護士

取扱分野
労働
弊事務所は企業向けの労働サービスの提供(M&Aにおける人事労務リスクのアセスメントを含みます。)に注力しています。 企業側での初回のご相談については特にフィーを頂いておりませんので、お気軽にご相談下さい。
法律事務所A.I.Links 〒160-0004 東京都新宿区四谷2-13-2 津乃國屋ビル3階 平日9:00-18:00
Resized avatar avatar lawyerprofile 42701 1481681862

加藤 丈晴 弁護士

取扱分野
労働
弁護士法人ステラ 〒160-0017 東京都新宿区左門町4 四谷アネックス5階 平日9:00-19:00  |  土曜9:00-19:00  |  日・祝9:00-19:00
Resized avatar mini magick20171010 14200 pggjx7

天野 仁 弁護士

取扱分野
労働
<お一人で悩まず、まずは弁護士にご相談ください> 不当解雇や不当な退職勧奨、残業代の不払い、社員間のパワハラ・セクハラなど、労働者をめぐる問題は様々です。解雇を迫られ自主的な退職の形でやめさせられようとしている、名目だけの管理職にされて残業代が正しく支払われていない、などということでお困りでは…
山田法律事務所 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-6-5 シガラキビル5階 [現在営業中] 平日0:00-24:00  |  土曜0:00-24:00  |  日・祝0:00-24:00
Resized avatar mini magick20201018 24127 5ae45u

永岡 孝裕 弁護士

取扱分野
労働
諦めずにご連絡ください。 これまで使用者側と労働者側、いずれの事案も多数対応して参りました。 これにより、どちら側のご依頼であっても、「私が相手の代理人だったら」と相手の出方に考えを巡らせ、適切な解決策を練ることが可能となります。 お気持ちに寄り添い、依頼者様お一人ずつに合った解決案をご提案さ…

眠らない街『新宿区』!統計から見る企業と労働者の特徴

新宿区は東京都23区の中でも特に発展しているエリアで、数多くの企業や商業施設があります。新宿駅周辺はオフィス街とショッピングエリアが混在し、ある程度の買い物であれば駅周辺で済ませることができます。東口には大型商業施設や家電良品店が数多く存在するため、新宿区は小売業の多い地域です。「平成28年度版新宿区の概況/商工業・事業所」によると平成26年7月1日の時点で事業所は33,602社(民営事業所は33,387社)、従業者数は約69.3万人(民営事業所従業者数は約65.5万人)となっています。港区・中央区・千代田区に次いで4番目に事業所が多いという結果です。新宿駅周辺は新たに商業施設の開発が進んでいるため、近年は事業所や従業者数が増加傾向にあります。

産業分類別に見ると卸売業・小売業が民営事業所だけで6,416社となり、非常に多いです。民営事業所全体の約19.2%を占めています。卸売業・小売業と並んで非常に多い産業は宿泊業・飲食サービス業です。新宿区は観光客にも人気の高いエリアで、特に外国人観光客が急激に増加しています。観光スポットを訪れるよりは、日本の商品を購入するショッピングの場所として活用されることが多いようです。新宿区を訪れる観光客をターゲットにした宿泊施設や、出張した時に便利なビジネスホテルが集まっています。サラリーマン向けの飲食店も非常に多く、卸売業や小売業と並んで多い結果になりました。新宿区は公務員が多いことも特徴の1つと言えるでしょう。東京都庁があるため地方公務員が多いだけではなく、大学や高等学校をはじめとする教育機関が豊富です。

新宿区で起きやすい労働問題について

オフィス街で働く一般社員に多い労働問題は、人間関係のトラブルです。現代社会は複雑な人間関係によってストレスを抱える人が非常に多く、一般社員も例外ではありません。上司・利用者・クライアントなど自分よりも立場が上の人と接する機会が多いことは、ストレスを抱える大きな原因です。職場内のいじめが相次いでいることは、人間関係が複雑になっている証拠と言えるでしょう。暴言や暴行といった上司からのいじめ問題が多発していますが、同期や部下から嫌がらせを受けて孤立するケースもあります。上司からの嫌がらせは「パワーハラスメント」、同期や部下の場合は「モラルハラスメント」に分類されます。パワーハラスメントは上司との関係が悪くても、相談相手になってくれる同期や部下の存在に助けられるケースが多いです。しかし、同期や部下からいじめを受けている場合は相談相手が少ない傾向にあるため症状が重症化しやすい特徴が存在します。職場内の問題は家族に相談しにくいと感じる人が多く、相談される前に本人の異変に気付いてあげることが重要です。最悪の場合は「過労死」に至ってしまうこともあるので注意してください。

新宿区に多い小売業や飲食サービス業は人間関係の他に、過酷な勤務によってストレスを抱える場合があります。数多くの企業や店舗が集中している分、慢性的な人材不足が問題視されています。サービス残業が当たり前となっている企業もあるため労働に見合った正しい賃金が支払われているか、業務内容に対して従業員の数は足りているかなど労働者が自分達の勤務状況をチェックすることが大切です。企業へ問題点を伝えるのが難しい場合は、店舗の責任者や直属の上司へ現場の声を届けて改善を促すと良いかもしれません。

公務員に関しては教育機関内でのいじめ問題が多発し、児童のいじめを改善しようとストレスを抱える人が多いです。最近は「モンスターペアレント」と呼ばれる対応が難しい保護者が多いため、保護者対応に困っている人も増加しています。一般社員とは少し違った人間関係なので、同じ職場で働いている職員同士で協力することが負担を軽減する効果的な対策です。

新宿区で職場内のいじめや人間関係など、労働問題に悩んでいる人は弁護士へ相談しましょう!

職場内のいじめや人間関係は自分で解決しなければならないケースが多いものの、人間関係の悪化によって刑事事件に発展することもあります。社員と口喧嘩をした、気に入らない社員がいる程度であれば自分で関係を修復して解決した方が良いでしょう。自分だけで解決するのが難しいなら周囲の人々に相談後、協力して貰うのが得策です。しかし、携帯電話や工具で殴られて全治2週間の怪我を負った、毎日複数の社員から殴る・蹴るといったリンチを受けているなどの場合は慰謝料を請求できる可能性があります。怪我の程度によっては暴行や傷害の刑事事件として扱われます。刑事事件まで発展した時は早急に弁護士へ相談するのが賢明です。社員に怪我を負わせるような人物が素直に示談交渉に応じてくれるケースは少なく、自分達だけで解決するのは難しい状態となります。弁護士を雇えばあなたに代わって示談交渉や裁判の手続きを行ってくれるので、正当な権利を主張できます。

逆に社内で暴行・傷害事件があった場合は責任者も弁護士に相談すると良いかもしれません。暴行や脅迫といった行為は懲戒解雇理由に成り得ますが、怪我の具合や本人の反省度によっては不当解雇に該当するケースがあります。解雇した従業員から訴えられることもあるため、事実を確認した上で正当な処分を下すことが大切です。自分よりも立場が高い責任者に意見を聞くのは勿論ですが、弁護士へ相談する方法もあります。弁護士は事件の内容によって解雇すべきか、別の処分を考えるべきかアドバイスしてくれます。従業員から訴えられた場合は弁護活動を行ってくれるので、問題をスピーディーに解決することが可能です。従業員も責任者も弁護士に依頼するメリットがあるため、手遅れになる前に相談してください。