Resized avatar mini magick20180531 12841 o5wuen
現在営業中
0:00〜24:00

山田 雄太 弁護士

やまだ ゆうた

山田法律事務所 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-6-5 シガラキビル5階
注力分野
離婚・男女
取扱分野
犯罪・刑事事件 相続 不動産・建築 労働
家族が逮捕された!早期釈放のためにどうするか?~刑事事件~
弁護士の山田雄太です。 ご家族が逮捕された場合、すぐに弁護士を探してください。 ご家族が逮捕された場合、その連絡は突然来ます。 特に、普段、何の問題もなくご家族が日常生活を送っているときは、なおさら突然に感じます。 見知らぬ電話番号から電話がかかってきて、電話に出たら「○○さんが逮捕されました。」と警察から連絡がくるのです。 (もちろん、知人の方が逮捕...
離婚原因が明確にないときの離婚協議の方法~離婚~
弁護士の山田雄太です。 今回は、離婚原因があるとは明確には言えないときの離婚協議の方法についてお伝えしたいと存じます。 離婚をしたい方にとって、配偶者に「離婚はしない」、あるいは、「離婚はしたくない」と言われるのは非常にやっかいなことです。 なぜか。 それは、離婚についての合意ができない限り、離婚を前提とした諸条件(親権、養育費、面会交流、財産分与)の...
内縁関係を証明するための大きな2つの要素
弁護士の山田雄太です。 今回は、内縁関係を証明する為に必要な大きな2つの要素についてご説明いたします。 これらの要素を複合的に判断して、総合的に内縁関係があるか否かについて、判断が下されることになります。 その意味で、内縁関係を判断する2つの要素について、ご説明いたします。 目次 1 当事者間の婚姻(と同様)の意思 2 夫婦共同生活の存在 内縁の成立に...
離婚に向けて別居をする前に準備しておきたい6つのこと~離婚~
弁護士の山田雄太です。 今回は、離婚に向けて別居する前に準備しておきたいことを、6つお伝え致します。 離婚に向けて、別居をするということは、相手方への明確な意思表示になるほか、別居期間を稼ぐという意味でも非常に重要な選択となります。 しかし、別居をするに当たっては、 相手が離婚原因を争う可能性がある場合、 養育費の額で争いになりそうな場合、 相手方が不...
面会交流を求める交渉時に気を付けたい6つのこと~離婚~
弁護士の山田雄太です。 今回は、非監護者(つまり、自ら子供の養育をできていない方)が、 監護者(子供の養育をしている相手方)に対して、面会交流を求める交渉をする際に気を付けて頂きたい6つのことをお伝えいたします。 面会交流というのは、お子様を養育できていない方にとっては、お子様とコミュニケーションを取る重要な手段であり、 また、お子様にとっても、普段会...
調停外で養育費を請求するときに意識したい3つのこと~離婚~
弁護士の山田雄太です。 今回のテーマは、「調停外で養育費を請求する交渉をする際に意識したいこと」です。 養育費というのは、お子様を育てていくにあたり、非常に重要な要素となります。 やはり、親として、絶対に継続的に支払ってもらいたいお金となります。 調停に入る前であれば、当事者間で養育費の取り決めをすることになる訳ですが、 養育費を月々いくらもらうかとい...
「子の氏の変更許可申立」の具体的方法~住所と本籍が異なる場合~
弁護士の山田雄太です。 さて、今回は、離婚が成立した後、 ご自身やお子様の姓を旧姓に戻したい時にどのような手続をするかについてご説明をしようと思います。 今回のメインテーマは、 戸籍のご説明と、「子の氏の変更許可申立」のご説明です 特に、ご自身(及びお子様)の住民票上の住所と本籍の市区町村が異なる場合(お子様を連れてご実家に帰られているケースが多いです...
離婚という目標のために「行動」すべきこと~離婚~
弁護士の山田雄太です。 今回は、離婚という目標のために、どのような「行動」を取るべきかということを考えたいと思います。 大前提として、個人的な考えを述べれば 「離婚はしないで済むのであればしないに越したことはない」と思います。 しかし、具体的に依頼者の方から色々な事情を伺っていると、 ・婚姻関係が修復の余地がない ・余りに過酷な状況に置かれている ・D...
面会交流について~離婚~
弁護士の山田雄太です。 今回は、「面会交流」について、述べようと思います。 面会交流は、離婚における話し合いにおいても、非常に悩ましいテーマになることが多いです。 面会交流が争われている場合、 「子供に会わせろ」という主張と、「子供はとてもじゃないが会わせられない」という主張が真っ向から対立することが多く、話し合いは容易ではありません。 しかし、どこか...
家裁調査官の調査の進み方(離婚調停を例に)~離婚~
弁護士の山田雄太です。 今回も、「離婚をすると決めたら~離婚~」 で述べた、離婚の際に考えるべき問題点について、個別に述べていきます。 今回は、家裁調査官の調査が手続き中でどのように進んでいくのかについて、離婚調停を例に検討していきます。 まず、離婚を求める調停が夫婦のどちらかから申し立てられた際、子供の親権が強く争われる可能性が高いケースの場合には、...
ページ
トップへ