検索結果

検索結果:9件(1件〜9件)

検索条件:東京都新宿区 / 交通事故

表示順について>>

伊佐山 芳郎 弁護士

注力分野
交通事故
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 1当日相談可
交通事故は誰にでも起こり得ることですが、実際に事故に遭いその後の示談交渉をするということは多くの方にとって初めての経験になると思われます。そして事故に遭われたり、あるいは事故を起こしてしまった場合、保険会社に任せるケースがほとんどです。 しかし、保険会社から提示される賠償額は必ずしも正しいもの…

吉直 達法 弁護士

注力分野
交通事故
  • Icon 2初回相談無料
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
【弁護士直通/初回相談無料】高品質なリーガルサービスをリーズナブルかつ迅速に提供いたします。
<弁護士直通/初回相談無料/当日・休日・夜間相談可。不利な条件で泣き寝入りしなくて済むよう、全力でサポートいたします。まずは、お気軽にご相談ください。> ■注力案件 示談交渉 / 後遺障害等級認定 / 損害賠償請求 / 自賠責保険金の請求 / 交通事故裁判 など 交通事故事件では、…

井口 多喜男 弁護士

取扱分野
交通事故
  • Icon 2土曜日相談可
  • Icon 3日・祝相談可
  • Icon 1法テラス利用可
  • Icon 5電話相談可
  • Icon 1当日相談可
【TV・新聞出演経験多数】長年の弁護歴と経験豊富な弁護士がこれまでの多数の経験と実績を活かし、依頼者に寄り添い親切・丁寧をモットーに相談者様の問題解決のため、尽力致します。
≪明朗な料金体系で確実・スピーディに対応致します≫ 交通事故の賠償額は、弁護士へご依頼いただくことで大幅に増額するケースが多くあります。示談される前にまずはご相談ください。提示された賠償額が適切かどうかを診断致します。 また、交通事故問題はできる限り早い段階でご相談いただくことで、より…
中西孝暢法律事務所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-31-16 ワイム高田馬場ビル5階514 平日9:00-18:00
Resized avatar mini magick20210315 5672 15f6b4t

中西 孝暢 弁護士

取扱分野
交通事故
交通事故の被害は誰にでも起こりえます。ある日突然、法律的な問題に直面し、肉体的にも精神的にも大きなストレスを抱えている方も少なくありません。 ご相談者が一日も早く安心して前に歩んでいけるよう、法律の専門家である弁護士が全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
九段法律事務所 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-7 井門新宿御苑ビル 平日10:00-19:00
Resized avatar mini magick20190722 28614 12ol7hj

森下 範凰 弁護士

取扱分野
交通事故
弁護士法人プラム綜合法律事務所 〒160-0004 東京都新宿区四谷2-1 四谷ビル6階 平日8:00-23:30  |  土曜8:00-23:30  |  日・祝8:00-23:30
Resized avatar

梅澤 康二 弁護士

取扱分野
交通事故
法律事務所A.I.Links 〒160-0004 東京都新宿区四谷2-13-2 津乃國屋ビル3階 平日9:00-18:00
Resized avatar avatar lawyerprofile 42701 1481681862

加藤 丈晴 弁護士

取扱分野
交通事故
弁護士法人ウィズ 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-1 新宿セブンビル502 平日9:30-18:30  |  土曜9:30-18:30
Resized avatar mini magick20170110 21662 tjh51q

荒木 陽一 弁護士

取扱分野
交通事故
【神保町駅1分】【初回相談無料】【24時間メール予約受付】【当日・休日・夜間(20時)・電話相談可】一度示談に応じてしまうと、後日賠償額を争うことはほぼ不可能になります。事故にあった際は是非弁護士にご相談ください。
阿部法律事務所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-3-13 水間ビル7階 平日9:30-17:30
Avatar default

阿部 清彦 弁護士

取扱分野
交通事故

大都市新宿区の交通事故事情に迫る!

四谷署がまとめたデータでは、平成28年中に新宿区内で発生した交通事故は897件となっています。その内死者が2人で重軽傷者が10人、軽症者は1,010人です。

交通事故内容は圧倒的に自動車事故が多く、その割合は64%となっています。また、年代では40代が23%と最も多く、次いで30代が19%、50代で18%となり、日常的に運転する年代を中心に交通事故が起きていることが分かります。そして、自動車の業態別に見ていくと、タクシーによる交通事故が大変多いです。自交総運がまとめたデータによると、東京都で1989年に起きたタクシーによる交通事故は、3,672件となっています。その後も事故は増え続け、2001年には8,459件発生しています。

この年をピークに減少していくものの、2015年で3622件と、まだまだ少なくない数字です。地区別でのデータは出ていませんが、副都心の新宿ではタクシーの往来が多いために、交通事故発生率も高いだろうことが予想できます。タクシーにおける交通事故発生率の高さは、2002年に行われた規制緩和が背景にあるとされています。タクシー業界への参入が相次いだことで競争激化し、長時間運転や前方不注意などによる交通事故が増えたのです。

新宿区における交通事故訴訟件数

交通事故では、まず事故当事者同時での示談から始まりますが、そこで合意に至らなければ調停、さらに不調になれば訴訟を起こすことも考えます。訴訟を起こす場合は、弁護士に依頼するのが一般的です。

新宿区には、交通事故訴訟に強みを持つ弁護士達が結成した弁護士法人ALGがあります。ALGが設立以来約9年間で受けた相談実績は23,209件で、2016年に受けた相談件数は月平均500件ほどです。

それから、日本弁護士連合会が作成するデータ・弁護士白書によると、日本全体では2003年から2015年までに発生した交通事故は増加の一途を辿り、弁護士等を付けた割合も上昇しています。2015年の割合は93.6%と高く、これは当事者からの依頼も含まれているものの、その割合は6.2%となっているため、ほとんどが被害者からの依頼となっていることが分かります。この背景にあるのは、損保会社の過当競争状態です。保険料の支払い総額をカットする必要に迫られており、むち打ち症の治療期間を半年以内で打ち切ることは珍しくありません。

被害者側としては、十分な治療費が得られないケースがあり、経済的にも精神的にも苦痛を強いられることがあります。

新宿区でも人気?弁護士費用特約の加入率はどのくらいか

大手損保会社の多くが、オプションで弁護士費用特約を用意しています。弁護士費用特約は、被保険者が交通事故に遭った場合に、被害者に対して訴訟を起こすときの弁護士費用を損保会社が負担するものです。自動車保険だけでなく、傷害保険や火災保険でも利用できることがあり、一部の損保会社では標準付帯になっていることがあります。

加入状況は、セゾンによるおとなの自動車保険で7割以上(2016年3月時点)です。産経新聞が2012年6月1日に発行した記事によると、契約件数が1430万件と鰻登りで上昇しており、その後付帯する損保会社も増えたことから、益々増えただろうことが予想できます。しかし、保険利用率はまだまだ低く、争いごとが苦手な日本人の性格が透けて見えるデータと言えるでしょう。

弁護士費用特約の保険金限度額は、着手金や報酬金等で1名ごとに300万円まで、法律相談費用が1名ごとに10万円までとなっている場合が多いです。弁護士費用特約は、被害者に全く責任のない交通事故、いわゆる「もらい事故」で特に有効です。もらい事故では損保会社は示談交渉ができないため被害者が交渉しなければいけませんが、そのときに費用を持ち出すことなく弁護士を付けることができます。

新宿区の弁護士に交通事故問題を相談したいときは

交通事故に遭った被害者や遺族が抱く不満の多くは、損保会社から提示された保険金額です。弁護士費用や裁判費用がかからないのなら訴訟を起こしたい、と考える人も少なくありません。もし交通事故に遭い弁護士への相談を考えているのなら、まずは自動車保険など加入している保険を確認しましょう。付帯しているつもりはなくても始めからセットの可能性もあります。

被害者の事故後は、治療を受けて後遺症が残ってしまった場合は後遺障害等級認定を経てから賠償金の請求、という流れが一般的です。賠償金請求の段階で弁護士に依頼することが多いのですが、始めから頼んでいたほうが様々なアドバイスが貰えます。交通事故に強い弁護士に依頼するメリットとしては、賠償金増額の可能性や適正な後遺障害等級認定などが考えられます。また、損保会社側との交渉に心を削られることも避けられるでしょう。

新宿区には弁護士会が運営する日弁連交通事故相談センターがあり、無料での相談が可能です。始めから法律事務所に飛び込むのは不安という人は、自分のケースではどのような対応ができるのかなど、疑問をぶつけてみるといいのではないでしょうか。ただし、交通事故に特化した弁護士を紹介してくれるわけではないため、注意が必要です。