過失割合当方0の物損事故。損害賠償額に納得できない。増額交渉の余地はあるのでしょうか。

User image 1 lu_b1ea34ddさん 2019年02月06日 21時15分

[状況]
・車対車の物損事故
・私は被害者側
[進捗]
・過失割合は100:0
・(経済的)全損扱い
[相手保険会社からの示談内容]
修理費52万円
時価額46万円
全損扱いの場合、通常は時価額を支払うが、今回は高額な方の修理費52万円を支払うとしたい。

[現在の問題点]
①修理費用見積もりが手に入らない
被害車両はディーラーに持ち込んだ。修理費用見積もりを依頼したが、「複雑化してしまう」との理由で見積もりはもらえなかった。町の自動車工場への移動も渋られており、実際の修理費用がわかりかねている。

②時価額が低い
初年度登録2007年と古いため、中古車市場を調査した結果、車検残なしで同程度車の価格は49万円だった。さらに、こちらの被害車両の車検残18ヶ月(税金分を引き均等割とすると7.5万円)を含め、適正な時価額は53.5万円と考えている。

③適正な時価額を提示した場合、経済的全損にあたらなくなってしまい、相手保険会社から提示された全損扱いと整合性がとれなくなってしまう。

④買い替えに要する諸費用を請求したい。

[お聞きしたいこと]
(1)相手保険会社へ「自動車損害調査報告書」を請求し提出していただくことは可能でしょうか。
(2)全損扱いを維持しつつ、車検残と買い替え諸費用を上乗せした金額を請求する方法はありますでしょうか。
(3)調査員の見聞後、被害車両が動かなくなってしまったとディーラーから報告がありました。この場合、物理的全損として扱われる可能性はあるのでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します。

(1)通常、保険会社は調査員から自動車損害調査報告書の提出を受けますので、報告書の写しの提出を求めることは可能ですが、おそらく上記説明内容と同様と思われます。

(2)①買替諸費用は、現実に買換えを行なった場合には請求可能とされます。
なお、買替期間中に代車使用の必要が生じる場合には、相当な範囲内で(通常は2週間分程度)代車使用料を請求できる可能性はあるでしょう。
②時価額の評価については、車種・年式により時価額をみなし計算する「レッドブック」という文献が出されており、保険会社はかかる文献を基に計算していると思われます。
時価額に納得できないという事であれば、訴訟提起を行う必要があると思われますが、裁判所も原則として「レッドブック」の基準を採用しており、一般的にはなかなか容易ではないと思われます(特例を認める裁判官がいるか否かは訴訟を行なってみないと分かりませんが)。

(3)調査員の行為との関連性は不明ですが、おそらく保険会社は、経済的全損である以上損害額を変更しない可能性が高いと思われます。

2019年02月06日 21時38分
補足質問
User image 1

lu_b1ea34dd - 2019年02月06日 22時23分

小川様
ご回答くださって本当にありがとうございます。

3点だけ補足質問をさせて下さい。
①修理費用見積もりがわからないことには、相手保険会社から金額を提示されても良いか悪いかを判断できないので、ディーラーから見積もりを出してもらいたいのですが、これは難しいことなのでしょうか。渋るのはどんな理由が考えられますか?
また、ディーラーにいただかなくても、自動車損害調査報告書には修理費用が載ってきますでしょうか。

②レッドブックには、販売されて約5年間以内の車両から7年経過の車両が掲載されており、8年を超えた車両の時価はレッドブックではわからない、とどこかで読んだ記憶があります。それが事実の場合、中古車市場の販売価格は有効な資料となりえますでしょうか。

③車検の残りは、時価もしくは諸費用に計上できる可能性はありますか?

どうぞよろしくお願い致します。
補足回答
Resized avatar mini magick20170419 15354 4y9nui

小川 智史 弁護士 - 2019年02月06日 22時51分

①具体的理由はデイーラーに詳しく聞いてみないとわかりません。「複雑化してしまう」との点から推測すると、破損自体が激しくて査定困難ですとか、古い車両の部品調達が困難等の可能性が考えられますが、あくまで推測にすぎません。
保険会社の調査報告書は開示を受けてみないとわかりませんが、レッドブックの時価のみ記載の可能性があります。
②③高級車の場合等で、10年程経過した車両につき例外的にレッドブック以上の損害額を認めたケースもあるようですが、あくまで例外です。
貴殿のご主張が認められる可能性がゼロとまでは言えませんが、非常に例外的であるとともに、訴訟提起が必要と見込まれる点にご留意頂く必要がありません。
お礼メッセージ

この度はありがとうございました。
1つ1つとても丁寧にお答えいただき、心から感謝しております。
いただいたお答えをよく読み、今後に活用させて頂きます。
本当にありがとうございました。

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

交通事故加害者の修理見積もりが遅い。意図的に引き伸ばされているのか?

物損事故 2019年05月25日

後ろから一方的に衝突されて交通事故に巻き込まれました。両者の保険会社担当者が話し合いの末、過失割合2:8で進めることになりました。 あとは支払いと修理だけですが、加害者側が修理の見積もりを提出しないため手続きが進めることができません。...

5年以上前の事故はまず警察に連絡するべきでしょうか?

物損事故 2019年05月23日

もう5、6年ほど前の話になりますが、車でブロック塀にぶつかってしまいました。その時はブロック塀に損傷がないように見えたので警察に連絡することなく通りすぎてしまいましたが、今となってはその場で対応しなかった後悔が残ります。今からでも所有...

ドライブレコーダー費用を加害者または保険会社に請求できますか?

物損事故 2019年05月12日

私の過失割合が0または1の交通事故(車の物損事故)において、加害者にドライブレコーダー費用を請求できますか? 今回の交通事故の時は私はドライブレコーダーを設置していませんでしたが、事故に巻き込まれることが怖くなり、万が一のためにドライ...

駐車場での物損事故

物損事故 2019年05月07日

先日、旅館の駐車場で駐車しようとした際、旅館の雨樋?に車をぶつけてしまいました。 こちらはキャンピングカーで車高は確かに高かったのですが、 車止めがあったため、普通にバックしてしまいました。 駐車に自信がなかったので、同乗者に降りて見...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

ページ
トップへ