道にはみ出た木で車に傷がついた!誰が弁償してくれるの?

Legalus編集部さん 2014年01月07日

 公道にはみ出た樹木の枝で車両に傷がついた時、その傷の修復費用を請求したい場合、誰(どこ)に請求すればいいですか?



(20代:男性)

関連Q&A

交通事故で加害者の言い分が変わった場合

物損事故 2016年12月23日

私の妻が自動車で運転していた時のことです。 前方に路駐の車が3台ほどあり、脇を徐行して通過したところ、路駐していた先頭の車が急にドアを開け、妻の車にぶつかりました。 ぶつけられたのは車の助手席ドアの後ろ20センチほどのところから後部の...

自動車当て逃げ被害に対する車修理以外の損害請求について

物損事故 2016年10月31日

<事故の経緯> 行楽のため遠方へ日帰り遠出の際、有料駐車場内に駐車中の当方自動車にあて逃げされた。目撃者がいて当て逃げ車種、ナンバー、目撃者TELのメモ書きを置いておいてくれていた。当日車に戻った時に、キズとメモを発見して、目撃者にT...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     車に傷が付いた経緯が相談文からはわかり兼ねますが、公道への樹木のはみ出し具合が少しであり道幅との関係で車両が無理なく通ることができる場合には、誰にも修理費用を請求することはできないでしょう。
    他方、樹木がかなり道にはみ出していて、車両が樹木にこすれることなく通過することが不可能である場合には、修理費用を請求することができます。なお、車両が樹木にこすれることなく通過することが不可能であることの証明は相談者がする必要があります。



     修理費用を請求することができる場合には、樹木の占有者に請求するのが良いでしょう。竹木の栽植または支持に瑕疵がある場合にはその竹木の占有者はそれによって生じた損害を賠償する必要があるからです(民法717条2項、1項)。

    ですので、相談者も今回の樹木の占有者(おそらくはその樹木が植えられている土地の所有者と同一であると考えられます)に損害賠償を請求されるとよいでしょう。



     また、樹木の占有者がわからない場合には、道路の管理者に請求することも検討します。なぜなら、道路管理者は、道路を常時良好な状態に保つように維持し、修繕し、もって一般交通に支障を及ぼさないように努める義務を負うとされているからです。道路管理者がどこまでの義務を負うかは、問題となっている道路の形状、過去に同様の物損事故があったかどうかや道路管理者がそれを認識し得たかどうかなどの事情によって判断されます。これらの事情は相談者が立証する必要があり、かなり難しいといえます。



     具体的な請求方法としては、まずは樹木の占有者に内容証明を送付されるとよいでしょう。その上で、支払督促手続を利用されるか少額訴訟を起こされるとよいでしょう。
    支払督促については、「知人がなかなかお金を返してくれない!(1)」を、少額訴訟については、「知人がなかなかお金を返してくれない!(2)」をご覧ください。



     道路管理者の責任については、「道路上に放置されたゴミで事故が発生。行政を訴えられる?」や「庭の木が公道をふさいでしまう・・・罪になる?」をご覧ください。

2014年01月07日

物損事故に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【堺市】南海本線堺駅すぐ

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ