路上駐車している車に追突!誰が悪いの?

Legalus編集部さん 2016年02月09日

 路上駐車の車に追突してしまいました。路上駐車していた相手方に責任は、無いのでしょうか?



(50代:男性)

関連Q&A

交通事故で加害者の言い分が変わった場合

物損事故 2016年12月23日

私の妻が自動車で運転していた時のことです。 前方に路駐の車が3台ほどあり、脇を徐行して通過したところ、路駐していた先頭の車が急にドアを開け、妻の車にぶつかりました。 ぶつけられたのは車の助手席ドアの後ろ20センチほどのところから後部の...

自動車当て逃げ被害に対する車修理以外の損害請求について

物損事故 2016年10月31日

<事故の経緯> 行楽のため遠方へ日帰り遠出の際、有料駐車場内に駐車中の当方自動車にあて逃げされた。目撃者がいて当て逃げ車種、ナンバー、目撃者TELのメモ書きを置いておいてくれていた。当日車に戻った時に、キズとメモを発見して、目撃者にT...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     路上駐車はほとんどの場合が違法駐車であり、その違法駐車車両に追突した場合、違法駐車していた人も少しくらい責任を負うべきだと考えられるかもしれません。

     しかし、駐車中の車への追突事故の場合、追突した車の前方注意義務責任違反がより重いとされ、追突した側の過失が100%となります。これは相手が違法駐車をしていても基本的には同じです。



     もっとも、個別具体的な事情においては路上駐車していた相手が過失責任を負う事もあります。たとえば、トンネルやカーブの途中など見通しが悪い場所で駐車していたり、非常点滅灯や三角反射板を使用せずに道路中央に駐車していたりした場合などです。この場合においても、追突した側の過失割合が路上駐車していた側の過失割合を超える事はほとんどないと言われています。

2016年02月09日

物損事故に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様の状況に応じた解決策をご提案致します。

「相談に行ってよかった」 お客様にそう思ってもらえるよう、お客様のお話を丁寧に聞き、的確なアドバイスが出来るよ...

丁寧な説明を心がけています。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ