事故を起こしたら示談の前にまず警察!

Legalus編集部さん 2014年01月28日

 先日、観光地で前の車に軽く追突してしまいました。
 私に落ち度があったので、すぐに謝りました。「保険会社に連絡します」と言うと、相手は「そんな面倒なことする必要はないんだよー。ま、1万円払えばそれでいいけどね。」。
 その場で金銭を請求してくるなんて変だと思い、なおも保険会社に連絡を取ろうとすると、「そんな時間はこっちには無いんだよー!」「修理に持っていく手間暇考えりゃーそれくらいでちょうどいいんだよー!」と過剰に反応。その怒り方が普通じゃなかったので、怖くなって、結局その場でお金を払ってしまいました。
 払った後で、「1万円以内ですみゃそれでいいし、足りなかったらまた請求するから」。そして「保険会社なんかに連絡する必要はないからな」と、また念を押されました。
 お互いの車のナンバーと電話番号を交換してありますが、本当に相手の言う通り、保険会社に連絡しない方がいいのでしょうか。今後もし、法外な修理代を請求されたらどうしたらいいのでしょう?

(30代:男性)

関連Q&A

交通事故で加害者の言い分が変わった場合

物損事故 2016年12月23日

私の妻が自動車で運転していた時のことです。 前方に路駐の車が3台ほどあり、脇を徐行して通過したところ、路駐していた先頭の車が急にドアを開け、妻の車にぶつかりました。 ぶつけられたのは車の助手席ドアの後ろ20センチほどのところから後部の...

自動車当て逃げ被害に対する車修理以外の損害請求について

物損事故 2016年10月31日

<事故の経緯> 行楽のため遠方へ日帰り遠出の際、有料駐車場内に駐車中の当方自動車にあて逃げされた。目撃者がいて当て逃げ車種、ナンバー、目撃者TELのメモ書きを置いておいてくれていた。当日車に戻った時に、キズとメモを発見して、目撃者にT...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     事故を起こした者の取るべき行動は、道路交通法に規定されています(同法72条)。
     事故を起こしたら、まず、負傷者がいないか確認し、いれば救急車を呼ぶなどの措置をとります。
     次に、交通事故の続発を防ぐため、事故車両を安全な場所に移動するなど、道路における危険防止の措置をとらなければなりません。
     安全確保の次は、警察への届出を行います。最寄りの警察署(交番、駐在所でもよい)の警察官(現場に警察官がいればその警察官)に、次の5つの事項を報告しなければなりません(同条1項後段)。


    1. 事故発生の日時と場所

    2. 死傷者の数と負傷者の負傷の程度

    3. 損壊した物と損壊の程度

    4. その交通事故にかかわる車両などの積載物

    5. その事故についてとった措置

     さて、このように警察への届出は運転者の義務です。では、届けないとどうなるのでしょうか。
     届出義務に違反すると、3月以下の懲役または5万円以下の罰金を課せられることがあります。もっとも、自己に不利益な供述は強要されませんから(憲法38条1項)、運転者に過失があることまで報告する義務はありません。
     また、警察に届出ないと、事故証明がおりません。事故証明がないと、保険金もおりません。

     保険会社に連絡するかどうか、事故処理に関して保険を利用するかどうかは、加入者であるあなたが決めることですが、常識的に考えても、相手の取った態度は普通ではありません。あとから言いがかりをつけてくることも考えられます。
     警察に連絡することを考えるべきです。現場近くの警察でなくても構いませんが、管轄のある警察署に届けることをお勧めします。

2014年01月28日

物損事故に強い弁護士

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ