自動車で接触していないのに、自転車がコケた!これって私のせい?

Legalus編集部さん 2014年06月09日

 先日、細い道路を車で通行していた時のお話なのですが、自転車が道路の端を通行していて自転車が遅いので自転車を追い抜こうと思い自転車の横を走った時に自転車の人は危ないと思い接触していないのですが自ら倒れました! 幸いケガもなく「大丈夫です」と言って去って行きました!
 そこでふと思ったのですがこのような場合、接触していなくても私に責任があるのでしょうか?



(20代:男性)

関連Q&A

ペーパードライバーの事故も危険運転致死傷罪に含まれる?

人身事故・死亡事故 2015年07月16日

近頃、重大事故を起こした者に「危険運転致死傷罪」が適用されることがある、と話題になっています。 この罪にあたる行為のうち、「その進行を制御する技能を有しない」で、というのは、具体的にどのような場合をいうのでしょうか。極端にペーパードラ...

道交法を知らないから自転車で事故を起こしても休業補償はしないというのは許される?

人身事故・死亡事故 2015年06月22日

私は猛スピードで進んできた自転車に激突され、転倒しました。現在通院中です。自転車を運転していた人は「運転免許を持っていないから道路交通法は知らない。だから責任は無い。おたくが保険証をつかって支払った医療費の実額は支払うが、他の慰謝料や...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     自動車を運転中に過失により他人にケガを負わせた場合には、業務上過失致傷罪に問われます。業務上過失致傷罪が成立するためには、過失と致傷との間に因果関係が必要です。

     では、どのような場合にこの因果関係が認められるのでしょうか。判例では、「あれなければこれなし」という条件関係があれば因果関係が認められるという判断はしておらず、それに加えて「因果関係を認める事が社会通念上相当であるか」もしくは「当該過失行為の危険が実現したと言えるか」という判断をしています(最判昭和42年10月24日最判平成15年7月16日最判平成18年3月27日等参照)。

     この判断方法によると、細い路地で自動車を運転中、道路の端を通行していた自転車が遅いので追い抜こうと思いその横を走ったところ、接触はしていないのに自転車の人がビックリしてこけてケガをした場合、以下の事情が認められれば業務上過失致傷罪に問われる可能性があるでしょう。

     すなわち、



    1. 車一台がやっと通れる道幅であり、自転車を追い抜くにはかなり幅寄せしなければならなかった、

    2. クラクションを鳴らす等自転車に注意を促す行為を採らなかった、

    3. かなりのスピードで追い抜いた、

    4. 自転車に乗っていたのが子供や老人などで、何も無くてもふらふらしている様子であった


    等の事情があれば、当該追い抜き行為自体が危険な行為でありその危険が実現し自転車の人にケガをさせることになったといえ、過失と致傷に因果関係が認められるでしょう。

     ですので、狭い道で自転車を追い抜く時は上記の行為に気を付けて追い抜かれる方がよいでしょう。

2014年06月09日

人身事故・死亡事故に強い弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

お客様一人一人に会った解決方法をご提案します

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ