自動車で接触していないのに、自転車がコケた!これって私のせい?

User image 1 Legalus編集部さん 2014年06月09日

 先日、細い道路を車で通行していた時のお話なのですが、自転車が道路の端を通行していて自転車が遅いので自転車を追い抜こうと思い自転車の横を走った時に自転車の人は危ないと思い接触していないのですが自ら倒れました! 幸いケガもなく「大丈夫です」と言って去って行きました!
 そこでふと思ったのですがこのような場合、接触していなくても私に責任があるのでしょうか?



(20代:男性)

関連Q&A

右折停車中に対向車が 正面から激突

人身事故・死亡事故 2017年04月22日

午後2時頃主人運転の助手席に座っておりました 右折のため停車中対向車がウィンカーもなく右折?かと思いきや真っ正面に向かって激突してきました その際右手小指したに日々胸の打撲、そして顔に腫れが生じました 主人はムチウチと腹部打撲です 治...

検察からの呼び出し

人身事故・死亡事故 2017年04月15日

先日、検察からの呼び出し状が届きました。 半年前に信号無視の車と側面衝突の事故を起こしました。 相手方の助手席の方がムチウチで2週間の怪我、私はムチウチで1カ月の怪我でした。 過失割合は100:0で私が0との事でした。 警察で調書を作...

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する

Legalus編集部

     自動車を運転中に過失により他人にケガを負わせた場合には、業務上過失致傷罪に問われます。業務上過失致傷罪が成立するためには、過失と致傷との間に因果関係が必要です。

     では、どのような場合にこの因果関係が認められるのでしょうか。判例では、「あれなければこれなし」という条件関係があれば因果関係が認められるという判断はしておらず、それに加えて「因果関係を認める事が社会通念上相当であるか」もしくは「当該過失行為の危険が実現したと言えるか」という判断をしています(最判昭和42年10月24日最判平成15年7月16日最判平成18年3月27日等参照)。

     この判断方法によると、細い路地で自動車を運転中、道路の端を通行していた自転車が遅いので追い抜こうと思いその横を走ったところ、接触はしていないのに自転車の人がビックリしてこけてケガをした場合、以下の事情が認められれば業務上過失致傷罪に問われる可能性があるでしょう。

     すなわち、



    1. 車一台がやっと通れる道幅であり、自転車を追い抜くにはかなり幅寄せしなければならなかった、

    2. クラクションを鳴らす等自転車に注意を促す行為を採らなかった、

    3. かなりのスピードで追い抜いた、

    4. 自転車に乗っていたのが子供や老人などで、何も無くてもふらふらしている様子であった


    等の事情があれば、当該追い抜き行為自体が危険な行為でありその危険が実現し自転車の人にケガをさせることになったといえ、過失と致傷に因果関係が認められるでしょう。

     ですので、狭い道で自転車を追い抜く時は上記の行為に気を付けて追い抜かれる方がよいでしょう。

2014年06月09日

人身事故・死亡事故に強い弁護士

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【交通事故案件多数】【複数弁護士対応可】 栃木県北の頼れる弁護士

【堺市】南海本線堺駅すぐ

まずは、お気軽にお問い合わせください。事務所に駐車場もあります。

依頼者のために最善を尽くしていきます

解決してない質問があれば、新しく質問を登録しましょう!

新しく質問する
ページ
トップへ