ペーパードライバーの事故も危険運転致死傷罪に含まれる?

User image 1 匿名ユーザーさん 2015年07月16日 03時02分

 近頃、重大事故を起こした者に「危険運転致死傷罪」が適用されることがある、と話題になっています。

 この罪にあたる行為のうち、「その進行を制御する技能を有しない」で、というのは、具体的にどのような場合をいうのでしょうか。極端にペーパードライバー暦が長かった人が必要に迫られてやむなく運転し、人身事故に至った場合は適用されるのでしょうか。

(40代:男性)

匿名弁護士

 危険運転致死傷罪刑法208条の2)を主な内容とした刑法の一部を改正する法律が、平成13年12月5日に施行されました。

 本罪は、従来、業務上過失致死罪として処罰されてきた飲酒運転や著しい高速運転など基本的交通ルールを無視した運転により人を負傷死亡させた場合に、傷害刑法204条)、傷害致死205条)に準じた故意犯として処罰しようとするものです。

 刑も業務上過失致死傷より格段に重く、15年以下の懲役、死亡させた場合は1年以上の有期懲役となっています。

 具体的には、


  1. 飲酒や薬物を使用した状態での運転

  2. 進行を制御することが困難な高速度で、又はその進行を制御する技能を有しない状態での運転

  3. 幅寄せなどの妨害

  4. 信号無視

 以上の行為によって人を死傷させた場合が対象となります。ただし、本規定は四輪以上の自動車に適用され、大型であっても二輪車には適用されません。


 ところで、「その進行を制御する技能を有しない」行為の代表例として、無免許運転が挙げられることが多いようです。

 しかし、本罪が単なる過失犯ではなく、故意犯として規定されたことからも、形式的には無免許運転ではなくても、自動車を運転するという危険性の高い行為をする能力を持たないことを知りつつこれを行ったような場合も本条の対象になり得ると考えられます。

 そうだとすれば、ペーパードライバーが運転する行為も、それにより人を死傷させれば、本罪が適用される可能性が高いといえます。

 もちろん、罪刑法定主義の観点からは、刑罰の対象となる行為は一般人にも判断できるように規定されるべきです。

 しかし、想定される全ての行為を列挙することは、人の行為が複雑、多様化した現代においてはおよそ不可能であることから、このような表現になったものと思われます。


 ただ、警察庁によると、2005年に全国で摘発された人身事故約85万5千件のうち、同罪が適用されたのは0・03%でしかありません。

 その原因は、本罪が故意犯として規定されたことから、危険運転の故意(「故意に危険な運転をしたこと」を立証することに困難が伴うからであるといわれています。

 たとえば、飲酒運転の場合は、「酒を飲んで正常な運転ができないと認識したにもかかわらず、運転を継続した」ことが「危険運転の故意」であるとされています。

 しかし、被疑者が「酒は飲んだが運転には支障がないと思った」として故意を否認した場合、故意という内心の状態を立証するのは困難です。無免許運転でも、常日頃免許を持たないまま事故や違反を起こすこともなく運転していた場合は、危険運転の故意を否定する事情となりそうです。これらの場合には、別に危険な運転をした事実を証明する客観的証拠が必要となります。

2015年07月16日 03時02分

投稿時の情報です。適法性については自身で確認のうえ、ご活用ください。

関連Q&A

交通事故の不起訴処分に納得が出来ません。加害者側保険会社との折衝は不利になるのでしょうか?

人身事故・死亡事故 2018年04月11日

オートバイで走行中に車線変更中に、後方から来たバイクに接触され転倒。全治3か月の怪我を負いました。当方はほぼ制限速度の50㎞程度(車線変更を始めたので50kmは下回っていたと思います)。加害者側は無傷で、事故の原因は加害者が推定90㎞...

酒気帯び運転との接触事故です

人身事故・死亡事故 2018年01月17日

昨夜友人を助手席に乗せて一車線の市道を直進中、後方からの車が追い越しをしてきて車線に戻る際、自分の車の右バンパーと相手の左バンパーが接触し事故になりました。 相手は明らかに様子が変で一度も車から降りて来ず、助手席の友人は足をひねって痛...

人身事故を起こしてしまいました。今後どのように対応していけば良いでしょうか。

人身事故・死亡事故 2017年12月13日

先日、道に迷い焦って右折しようとして歩行者の方と接触事故をおこしてしまいました。 完全にこちらの不注意です。 相手の方がぶつかった瞬間に大変お怒りになり車を蹴られました。 車から降りて謝罪し頭が真っ白になり相手の方が警察を呼んでくださ...

自転車同士の接触事故。相手が警察に診断書をだせば私が加害者になると言われ、医療費などの交渉に踏み切れません。

人身事故・死亡事故 2017年11月16日

自転車同士の接触事故で私だけ病院にかかるような怪我をしました。 けがは経過観察中です。 警察には五分五分の責任といわれました。 通報が事後になったこと、相手が14歳以下であり、軽度の怪我をしたことで、 相手が警察に診断書をだせば私が加...

弁護士Q&Aを検索

問題は解決しましたか?

弁護士を検索して問い合わせる

弁護士Q&Aに質問を投稿する

人身事故・死亡事故に強い弁護士

【初回相談無料】【夜間・土日祝・出張の相談可】悩み事が少しでも晴れますよう丁寧かつ誠実に対応します。

法律問題のご相談をお受けします。まずはご連絡下さい。

【初回相談無料】【分割払いあり】【後払いあり】【電話相談可】【メール相談可】【土日祝相談可】【夜間相談可】

【初回相談60分無料】【夜間・休日対応可】【当日・電話相談可】じっくりとお話を伺います。まずはお気軽にお問い合...

【初回相談無料】【土日・夜間相談可】【出張相談可】あなたの不安や悩み、まずはお話だけでもお聞かせください。

【無料相談/電話相談実施中】【土曜/夜間対応可】【横浜駅直結】「力強く心優しい」現役レスラー弁護士が皆様の権利...

ページ
トップへ